※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SSD採用

SSD採用PCはまだまだ少ない。
HDDに比べれば容量不足はいなめないが、32Gbyte SSDなどに交換可能。
また、SDHCカードリーダ搭載なのでそちらである程度おぎなえる。
PCIeは一般的な規格なのでSSD交換で困ることもあまり無いだろう。
交換のしやすさはWind,AspireOneなど>mini9>EeePCといったところ。

ファンレス・SSDの完全ゼロスピンドルによる完全無音仕様。

Netbook唯一のゼロスピンドル。mini9最大の特徴。
用途にもよるが、静穏と無音の差はかなり大きい。
mini9以外のゼロスピンドルノートPCは VAIO type Pくらい。
スペックや値段などがかなり異なるのでお好みで選んでください。

BTOで仕様変更できる。

Bluetooth,Webカメラなどの選択可能。
  • いらない場合は省いて軽量化、省電力化。
英語キーボードが選べる。
  • キーピッチが広くなるので英語KB選択がおすすめ。
  • EeePCなど他のPCでは海外から輸入するしかない。

天板等、筐体のデザインに高級感がある。

あくまで他のNetbookと比較した場合。DELLロゴもそんなに目立たない。
カラーリングも豊富。

携帯性

約1kgと、Netbookの中では軽量級。
さらにACアダブタも185gと軽量。(ただし形が特殊なのでかさばるかも)
バッテリも、公称値に近い3時間前後はもつ。

キーボード

かなりの変体配列。おそらくmini9最大の弱点。
慣れればそれほど苦にならないという話も。
英語キーボードにすればある程度使いやすくなる。