※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

吉村朋美(96年度) ガラパゴス諸島

2004.4月約20日間南米はエクアドルに旅行に行ってきました。ヒューストンで乗り換え日本から約24時間、時差14時間遅れ、とにかく遠い…。
世界遺産に登録されているガラパゴス諸島やクエンカを始め色々な街でのんびり楽しんで来ました。


ガラパゴス諸島編ダーウィンの進化論のきっかけとして有名なこの島々はまさに動植物の楽園!!
ひたすら感動、大興奮の毎日でした。

■■■ ガラパゴス諸島 ■■■

南米大陸エクアドルの沖約1000キロの太平洋上に浮かぶ大小の島々。
ガラパゴスでしか見られない数多くの生物がいます。


ユネスコ指定の世界遺産・自然の部第一号に指定されて以来、ガラパゴスの自然は手厚く保護・管理されていて観光ルールが定められています。
ナチュラリスト・ガイドと呼ばれる公認ガイドの案内のもとクルーズ・ツアー(船に宿泊)で回るのが一般的です。

今回は3泊4日の中型船での旅。
飛行機を降りるなりムッとした空気とサボテンにびっくり。そして後はただただ青い海や空、沢山の動植物に感激するばかりでした。

■■■ ガラパゴスで出会った動物たち ■■■

ガラパゴスアシカ
砂浜やボートの上などあちこちでゴロゴロしています。人が近づいても知らん顔。スノーケリングをしていたら私の周りでグルグル泳いで遊んでくれました。とにかくものすごく可愛い!!

ガラパゴスウミイグアナ
アシカと同じくあちこちにいて踏みそうでした。見た目は怖いけれど群れでジッとしている感じです。餌は海草なので泳いでいる姿も見かけました。

ゾウガメ
保護されているもの。大きくてゆーっくり動きます。思わず動きに見入ってしまいました。

ペリカン
空を優雅に飛んでいたかと思ったら、魚を見つけて海へ垂直にダイブ。かと思ったら何事もなかったように再び優雅に浮いている。そんなギャップがたまらなく好きでした。

その他
カニやトカゲなどから様々な鳥まで色々な生き物がいました。中でも鳥は変わったものが多く面白かったです。



名前:
コメント: