※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

もう12月ですね -- 高橋(79) 2010-12-13 11:47:07


79年度高橋です。
現役の活動を日ごろ支えていただいているOBOGの方々、本当にご苦労様です。思いはあっても、なかなかできないことです。

ついこのあいだ自分が現役だったような気がしますが、いつのまにか自分の子供たちが現役の皆さんと同じ世代になってきました。年月のたつのは早いものです(いつまでも気持ちはあの頃と同じなんですよ(^○^))。

同じ世代の子供たちを持つ身として、現役の保護者の方々のご心配はよくわかります。そして今思えば、自分の両親はよくぞ何も言わずに4年間活動を続けさせてくれたなと・・・(現在もしつこく登っていますが)。

今ほど情報網が発達していなかったせいか、一度山に行ってしまうと、2週間以上も音信不通。合宿が終わってからも電話も入れずにただそのまま帰宅。もう少し家のことを考えるべきでした。

先輩の皆さんは余裕のない下級生の面倒を見てあげることが安全への道ですね。

そして下級生の皆さんは体力を付けて自分の身は自分で守らないと。高尾山だって丹沢だって、がけで足を滑らせてしまったら充分?危ないです。どんなに気をつけても自然の中で人間のする行為に危険はつき物です。

私自身、反射神経の鈍くなってきた今日この頃。自然の中ではもちろん、日常生活でも心身ともに油断のできない日本社会の中で、がんばって生きていこうと思っています。

みなさま良いお年を。





名前:
コメント: