※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小さな夢、自宅→富士山頂踏破の実現

2009年 6月17日
川井 宏作

1.この企画の意図

計画には二つの意図がある。
  一つは、7,8年前から行きつけの床屋さんの角にある、石灯籠(角の常夜灯)に刻まれた「大山講」(享和二年)にヒントを得、「昔の人に習って、その先にある富士山まで歩いて見よう」という、学生気分に戻ったワンゲル的発想によるもの。
 二つ目は、この二月まで44年間、自分を制御してきた「経済合理性」。もっと言えば、経済原理主義のために全てを使ってきた、自分に対する卒業記念である。
私たちの生活も、政治・教育・医療すら、コンビニエンスを良とする風潮が、大手を振ってまかり通る今日。人々は知らず知らずの内に、困難なことや、手間隙のかかる面倒なことを避けて通る生活習慣を定着させ、やがて物事を深く考えようとしなくなってきている。
この対極にある行為が「歩くこと」だと思った。

2.会社退職後3ヶ月で実現

心に期したこの日のために、極力節制もしてきた。しかし、夜の付き合いも大切な日々は続く。10時前に就寝できるときは翌朝3時45分には起きて速歩。3月からの3ヶ月は自己流筋力トレーニングを加えて、30km、40kmと歩いてマメも作った。
 しかし、16,17kgのザックを背負った現実はこんなものでは済まなかった・・・。
 同期健脚の渡部卓夫、そのマラソン仲間の小林正勝さんというメンバを得て、思いがけず早く、夢の実現を見た。

3.実働行程

毎日7時間30分、一日の休養日をはさんで8日間、歩きに歩いた。
 6月9日午前8時47分我々3人しかいない本当に静かな富士山頂到着、13時58分小御岳バス停で全行程を終了した。
 この時の感想は、達成充実感より「もう歩かなくてよい」という終了感だけ。
 毎日が一杯一杯で、3人まともな会話もない。
 「ずいぶん長いな」「急に登らせるなあ」「あそこかな」・・・程度。
 バスにて下山。富士山が眺められるようになって始めて、全行程踏破の手ごたえと現実感が沸きあがってきた。
 15,6kgのザックを背負ったロード(車道)では足の裏9ヶ所にマメができ、最初の3日間は、3人とも行動後マメの水抜きに専念。これが固まってきた4日目以降は、足の甲から上の関節痛と筋肉痛が始まった。「アイタッタ」「イッテッ」・・・。
 休憩後の歩き出しの痛さで、一年生時の合宿を思い出した。
  計画・準備で意思を固め、実行の中に日常出くわさない肉体上の苦難と雑念・予想外の出来事・また来てみたいと思わせる人との出会い・道を尋ねた人の親切や、その人が持つ温かみ・「歩かなければ着かない」「歩くしかない」という諦め・歩く意欲の増減・安堵・達成の喜び・・・などがある。
「歩く」という、人間にとって一番単純な行為の中に感動があり、そんな小さなものが人生である。

4.メンバと好天に後押しされて

MGWV同期の渡部卓夫君、その近所に住まれる小林正勝さん、お二人の穏やかな人柄と、終始トップを引っ張った卓さんのパワーとが、今回の成功の裏づけにある。
  水場のない西丹沢では折り良く雨に恵まれ天水を得、恐れていた富士山8合目から始まる雪の急斜面での強風もなく、むしろ下界より暖かい位の好天。
この二重、三重のラッキーさに後押しされた。

5.まだまだ、これから

今回の意図の一つである「歩くこと」で「卒業記念=普通の人」に戻ることは、その入り口に立てたような気がする。
 自分が立てた計画であるから「なぜ歩かなければならないのか」という基本的な問題で苦しむことはなく、むしろ気力は充実していた。
が、しかし「重い荷を背負って歩き続けることから生ずる肉体的な辛さ」「上り下りが激しく繰り返されることから来る、嫌気」「ある種の諦めへ到達するまでの、自分との闘い」を経て、「一切無、ただ歩く=目先の現実に心を集中せよ。集中度が高ければ高いほど、楽に頂に至る」心境を得た。
最終日にはお礼参りに富士吉田の冨士浅間神社へ詣でる。
 延享元年(1744年 徳川吉宗政権最終の年)と刻された石灯籠が並ぶ、長い参道。境内から滾々と湧き出る清らかな水にすがすがしさが増す。
 明治22年50回、33回登山記念の何基もの碑。東京府から山越えではないとは言うものの、何たる意志の力、強い信仰心か・・・。
 私は、今回の程度のことで、満足してはいられない。

6.自作詩文6点

歩きながら、感じたこと。「歩くしかない」と自分に言い聞かせ「自分を歩かせる」道、道で、綴ったもの。

鬼アザミ 喘ぐ夏山ズボンの スネを刺す  檜洞丸へ登り道で

一切無 ただ歩く             富士山六合目から本六合目の途中で

霧の中 雪の急斜面 富士山いずこ     富士山七合目からの登りで

標高3200m 広がる青空 富士の頂き遥か上    富士本七合目からの登りで

かすかな大砲の轟き 脚下に聞く
富士の裾野は 国守る訓練の場 心強く歩が進む  富士山八合目の上で

三名様貸切り 穏やかな富士山頂
こんな贅沢も 陰にマメと汗あり         富士山山頂で
(6月9日 午前9時00分)

補足(行動記録)*行程の(  )内数字は所要時間を示す。

期間;2009年6月1日~10日(実働8日間、一日休養日を含む)
行程;6月1日(月)自宅7:00出発(1:20)所沢トイザラス前(1:05)東村山駅前(1:25)恋ヶ窪郵便局
    (:20)国立駅(1:10)府中四谷橋(多摩センタ ウエルサンピア多摩)(1:20)17:45着 
    ウエルサンピア多摩泊
   6月2日(火)ウエルサンピア多摩8:00出発 (1:20)小山田桜台交番前(1:10)相模原市富士見
    町内公園(0:55)上溝駅(1:10)高田橋坂上(0:50)田代半僧坊(1:30)経ヶ岳(1:10)
    リッチランド18:00着 リッチランド泊
   6月3日(水)リッチランド6:50出発 (1:20)ます釣り場(3:40)大山山頂(1:15)ヤビツ峠
    (0:30)青山荘15:24着  青山荘泊
   6月4日(木)青山荘7:45出発(1:30)三ノ塔(1:40)塔ノ岳(1:10)丹沢山(1:50)蛭ヶ岳
    15:40着 蛭ヶ岳小屋泊
   6月5日(金)蛭ヶ岳6:00出発(1:50)檜洞丸(1:55)ゴーラ沢出合(0:45)西丹沢自然教室(
    1:50)善六のタワ(0:50)畦ヶ丸避難小屋16:10着 畦ヶ丸避難小屋泊
   6月6日(土)畦ヶ丸避難小屋6:35出発(1:00)大界木山(1:10)中ノ丸(1:50)菰釣山(1:30)
    西沢ノ頭(3:30)平野旅館16:05着
          平野旅館泊
   6月7日(日)停滞休養日
   6月8日(月)平野屋旅館4:50出発(1:10)籠坂峠(1:10)須走浅間神社(3:05 11.8km)新五
    合目(1:00)六合目(0:40)本六合目(1:20)七合目太陽館15:30着 太陽館泊
   6月9日(火)太陽館6:00出発(2:40)富士山頂8:47着(0:30)本八合目(4:10)小御岳バス停
    13:58着 新屋人材開発センタ(富士カーム)泊
   6月10日(水)帰宅

  • 東京北区~小御岳バス停 157km 総歩行時間 62:30
  • 埼玉ふじみ野市~小御岳バス停 147km  総歩行時間 60:30
  • 一日平均歩行時間 7時間30分
  • 足裏のマメ総数 9ヶ所
以上


名前:
コメント: