M63

説明


中心となる基本コーポネントを核にパーツの組み合わ
せを変えることで、突撃銃、カービンからベルト給弾式
軽機関銃までのバリエーションを同一の設計で実現
させる、システム・ウェポンとして考案された銃。
複数種の装備を同一のラインで製作できること、基本的
な操作が共通するため兵士の教育訓練コストを圧縮でき
ること等、特に国防予算の乏しい国の軍隊にとって利点
が大きい。
口径は5.56MM。装弾数100

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|