※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Schedule Watcher

卓上カレンダーに書き込む感覚で使える軽快なスケジューラ




USB導入方法:

要設定:データパスを相対に

Helpより引用
Schedule Watcherの主な機能はつぎのとおりです。 
 
■カレンダー機能 
1ヶ月または1週間分のカレンダーにスケジュール、祝日、記念日、休日、六曜、ToDoの表示ができます。 
日曜・月曜のどちらでも週始まりに設定できます。 
祝日・休日・記念日は自由に設定できます。春分の日、秋分の日・振替休日は自動表示できます。 
半透明のミニカレンダーにすることができます。 
ドラッグ&ドロップでデータのコピーおよび移動ができます。 
お天気マーク(アイコン)を表示することができます。 
日にちの背景色を自由に変更したり、□○×△などのマークを表示できます。 
プレビュー画面で確認し、印刷することができます。 
タスクトレイに「今日の日にち」を表示します。 
■スケジュール管理 
カレンダーと連動し、月間・週間・タイムスケジュール(週間)の3種類のスケジュールを管理することができます。 
スケジュール開始時刻の~分前にアラームを鳴らすことができます。 
定期的なスケジュールは繰り返し入力で一括登録できます。 
検索で抽出し、CSV形式で保存することができます。 
CSV形式ファイルを取り込むことができます。 
■メモ・ノート機能 
日毎のメモを作成することができます。日記としても利用できます。 
ノートは自由なタイトルで分類し、情報を書き残すことができます。 
編集には外部エディタを設定することができます。 
■ToDo管理 
ToDoリストは期限日までに「やるべきこと」を優先度をつけて管理するリストです。
Schedule Watcherではタスクを未処理・処理済に分類して管理します。 
日数の経過とともに、進行中→警告→期限日→期限切れとアイコンと文字色が変わります。 
カレンダーにToDoの件名・アイコンを表示させることができます。 
CSV形式で保存することができます。 
■時報 
時報を設定した時刻に音声とポップアップメッセージを表示します。 
鳴らしたい音声ファイルを自由に設定できます。 

この他にも多彩な機能があります。 


公式サイトにてレジストリ未使用を確認