※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 再放送のしくみ
放送局は、アニメ化する際に製作契約をする。
再放送の権利についてはだいたい2~4年くらいは無償で権利期間とされ、
それ以降継続更新しなければ後は制作会社に移管するのが通例。 
そうなると、放送するために番組を購入しなければならないのでお金が掛かる。 
一方、権利の残っている番組ならお金が掛からない。
よって、再放送するもっともな理由さえなければ権利期間の終了した番組は放送されることはなくなる。


  • 再放送について‐Wikipediaより抜粋

・再放送の理由
再放送は、「経費削減」「過去の作品のリメイクを行う場合の宣伝」「新番組の前作を放送」「昼間の空白枠の穴埋め」
といった理由が主なものであるが、
視聴者からの希望により再放送される番組もある。
ちなみにドラマなどの場合は、系列局で放送する際、再放送についても契約の中に含まれる。
テレビ局の営業戦略や、生ワイド番組を制作したり全国ニュースをネットする予算がない、
スポンサーの要望によって行われているといった面が強く、
再放送に力を入れることは、ごく一部の例外を除いて稀である。

・再放送される作品
再放送はキー局(日テレ・TBS・フジ・テレ朝・テレ東)製作の全国ネット番組・ローカル番組のいずれも対象になっている。
権利上の関係(洋楽が使われている等)でソフト化が困難な作品も再放送されることがある。

・アニメの再放送
テレビ局がアニメの製作として加わった場合、
局側の権利として2年間で2回の放映権がある。
その後はテレビ局が製作会社と改めて放送契約を結んで再放送することになり、
2年間で何回も放送できる。
そのため、旧作のアニメを、本放送とは異なる局で放送される場合もある。

・現在の傾向
アニメの再放送は、90年代以降では大幅に減少しているが、
独立U局(ネットワークに属していないもので構成される)では
現在でも放送している。
地方局各局では、ほとんどの局でテレ東の新作アニメ放送枠となっている。
アニメに代わってドラマの再放送やワイド番組が増えている。
現在テレビ東京のみがこの傾向を守り通しているが、
近年視聴率は凋落の一途を辿っている。 


アニメ制作会社に300万円を支払えば再放送の権利を貰える。

再放送が少ないのは新規で作った方が売れるため。

つまり現在本放送中のアニメと同等の視聴率が取れる見込みがないと再放送はされない。

さらに、再放送しない理由はもう一つあってその番組にあったCMがない
言い換えればスポンサーがほとんどないからだとか