※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 署名TV
PC版 http://www.shomei.tv/
携帯版 http://www.shomei.tv/m/
署名には「名前、年齢、性別、職業、都道府県、住所」が必要。
会員登録の必要なし。
署名の際に記入した内容(名前、年齢、性別、職業、都道府県、住所のうち市区町村で、コメントなど)
がウェブサイトに表示される。
ただし名前は、署名の際に「匿名」にチェックを入れた場合、表示を匿名にすることができる。


  • 署名用文書
現在、以下の文書で署名活動中です。

タイトル:メダロット再放送に関する署名

カテゴリー:エンターテイメント

提出先:テレビ東京


終了日:7月23日

目標署名数:5000

イメージ画像:なし

プロジェクトの概要:ゲーム「メダロット」シリーズの復活は版権が海外企業にあることや、
製作元の会社の事業撤退等の事情で、
企画参加者だけの力では現状では実現が困難である。
そこで、まずはインターネットでアニメの再放送を求める署名を集め、
再放送によって認知度・関心を高め、「ゲームメダロットの続編を実現に繋げることを目的とする。


プロジェクトの詳細:「メダロット」とは、ほるまりん原作・ナツメ開発イマジニア発売のゲームソフトおよび
そこから派生した漫画・アニメ作品です。
ロボットのパーツを自由に組みかえられるシステムや、ターン制とは異なる独自のゲーム性に加え、
人間とメダロットの友情・成長と、
自我を持ち、武器を備え、数を増やしていくメダロットの起こす社会的問題が描かれた高いストーリー性で人気を博し、
ゲームソフトは累計250万本の売り上げを記録しました。
ゲームソフトの発売と同時期に「コミックボンボン」誌上でほるまりんによる漫画の連載が始まりました。
漫画はゲーム同様、多くのファンを獲得し、1997年6月から2003年7月まで連載され、単行本は全15巻が刊行されました。
また漫画メダロットの派生作品にあたる「メダロッターりんたろう」シリーズは1998年から2000年まで同誌上で連載され、
単行本は全5巻が刊行されました。  
アニメ作品も安定した人気を誇りシリーズ全91話が放送されました。 
その人気は海外にも及んでいます。 
しかし、このように人気があるにも関わらず、版権が海外企業にあることや、 
製作元会社の事業撤退等の著作権の都合上、今後のメディア展開は絶望的です。 
そこで「メダロット復活プロジェクト」を立ち上げ、今回の署名に至りました。 
まずはアニメ「メダロット」の再放送を求む声を署名TVで集め、テレビ局に提出する予定です。 
アニメの再放送によって少しでもメダロットの知名度を上げることを目的としています。 
それをゲーム復活の足掛かりとしたいと考えています。 
ゲーム復活については未定ですが、少しでもメダロットが好きな方、
共感して頂けた方は是非とも署名をよろしくお願い致します。 
目標は、署名TVにおける平均的な署名数と、集められうる現実的な署名数を考慮し、5000票としました。 
メダロット復活は権利上難しいですが、地道に活動を続けていきたいと思います。 
よろしくお願いします。


 
関連リンク:http://www19.atwiki.jp/medarot-revival/pages/1.html


7月21日でアニメ再放送の署名〆切となります。
目標数に届いていなくても提出する予定です。