Event I


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Inferno/インフェルノ (1988-1989)

ユニバース マーベル・ユニバース
 若いミュータント・ヒーローのマジックがリンボの次元の支配者になったとき、デーモンソーサラーの一人、ナスティアがリンボを制御するだけではなく、そのうえ地球の主になりたいという考えを切望し始めた。

 彼は、リンボの新しい支配者(シム)を無視して悪魔のエージェントを集め、ついに壮大な計画を始めた。ナスティアは、両方の次元の支配力を彼に与えるだろうインフェルノとして知られている儀式で望みの犠牲にするために、地球の13人の赤ん坊の誘拐を入念に準備した。また、以前ナスティアは、フェニックス(ジーン=グレイ)のクローンとして彼女のパワーを感じて、マデリーン=プライヤーとして知られている女性に連絡して、やがて彼女がゴブリン・クイーンになるためにパワーを解放するのを助けた。

 まず最初にナスティアは、13人の子供の精神をエネルギーとして星形五角形をしているネクサスに使用して、彼の悪魔の大群が旅行できる地球とリンボの間のゲートウェイを開いた。インフェルノは始まり、ニューヨークは効果を受け始めた。 天気はものすごく熱くなり、そして人々は彼らのより悪しき欲望に屈し始めた。無生物でさえ作用され始め、命を手に入れ敵意のある悪しきふるまいで動いた。

 ナスティアは結局、ニュー・ミュータンツとマジックによって破られて、マジックは彼女の暗い遺産を拒絶して6歳の無垢な自己に逆戻りした。また、彼らはミュータント・ティーンエイジャーのチーム、Xターミネーターズによって助けられた。

 この出来事の間に、マデリーン=プライヤーはゴブリン・クイーンとして、XメンとオリジナルのXファクターに直面する機会を得た。そして彼女は、しばらくの間なんとかナスティアを彼女のサーヴァントにすることさえできた。しかしながらチームが彼女に対して力を合わせたとき、彼女は最終的に破られた。

Infinity Gauntlet/インフィニティ・ガントレット (1991-1992)

ユニバース マーベル・ユニバース
 ミストレス・デスは、ユニバースの中にコズミック・インバランスが    死んだより多くの生命が    あると信じていた。その結果、デスは彼女の忠実なサーヴァントのサノスを復活させて、宇宙の人口の半分を死滅させる仕事を任命した。デスはサノスのパワーを増大させるだけではなく、インフィニティ・ウェルへの彼のアクセスを許して、そこで彼はインフィニティ・ジェムズのパワーを悟った。非常に構想を練って計画した後に、サノスはそれらの所有者から宝石を苦労して手に入れて、パワー、マインド、スペース、リアリティ、タイム、およびソウルを統御した。
 (訳者注:どちらかといえばこれはインフィニティ・ガントレットというより、その前にインフィニティ・ジェムズを手に入れるためのサノスの旅を描いたThanos Questの方のあらすじだと思われる。)

Infinity War/インフィニティ・ウォー (1992)

ユニバース マーベル・ユニバース
長いのでこちらを参照。

Initiative/イニシアティブ (2007-2008)

ユニバース マーベル・ユニバース
 ザ・イニシアティブ、また、フィフティステート・イニシアティブとして知られているのは、アメリカのスーパー・ヒーロー達を監視して、規制して、調整して、彼らの多くを全国的な軍隊に鍛造して、訓練するように設計された合衆国連邦政府プログラムである。

 イニシアティブは時々「スーパ・ヒーロー・レジストレーション・アクト」と呼ばれるスーパーヒューマン・レジストレーション・アクト(SHRA)に基づいて組み立てられる。それはこれまでの種類の最も全面的な法律で、SHRAはすべての確認されたか疑わしいスーパー・ヒューマン(彼らに特別なパワーか独特の技術があったかどうかにかかわらず、超人的なパワーを装うか、または近似する独自であるか外来の技術で武装したすべての人々、そして、すべてのマスクをつけたか、またはコスチュームを着たクライム・ファイター)の登録と規則を求めた。
 条例自体の文章は実際の「スーパー-ヒューマン」の登録だけについて言及するとは言え、そういうものとして、方法か能力が典型的なスーパー・パワーを持つヒーローのものをそっくりまねるだれでも登録しなければならない、包括が過ぎる執行の条件の中で、広い自由範囲を役人に許容した。

 SHRA法案は、コネチカット州のスタンフォード市でヒーローのニュー・ウォリアーズと数人のスーパー・ヴィランとのテレビ放送された衝突で、60人の小学生を含む612人の民間人が死んだ爆発が引き起こされたときのスタンフォード災害に対応して可決された。国民感情が一般のスーパー・ヒーロー達に背き始めたとき、スーパー・ヒーロー界はどうSHRAに応じるかに関して分割された。主義で法律を拒絶して、キャプテン・アメリカ(スティーブ=ロジャース)が新しい法に反逆する際に「シークレット・アヴェンジャーズ」の地下軍隊を率いた。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。