Event G


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Giant-Size X-Men/ジャイアント・サイズ・Xメン (1975)

ユニバース マーベル・ユニバース
「生きている島」クラコアは、オリジナルのチームの大部分を捕らえて、彼らのミュータント生命力を食べた。
サイクロプスはかろうじて脱出して、エグゼビア教授はXメンの新しいチームを形成するために世界を旅行して回った。
この新しいチームはサイクロプスにナイトクロウラー、ストーム、バンシー、サンファイア、コロッサス、サンダーバード、およびウルヴァリンから成った。
ナイトクロウラーは荒れ狂う暴徒から教授に救い出され、ウルヴァリンはカナダ軍のエージェントをやめてきた。ストームはセレンゲティの草原で女神として崇拝されていたが参加した。コロッサスはロシア人の農場で働いていたが、彼の両親と妹を置いてきた。
サイクロプスは彼ら新しいチームを島に連れて戻り、オリジナルのXメンを解放してクラコアを破った。

この回のサブタイトルは「Deadly Genesis!」だが、同名の後日談へ続くことになる。
紛らわしいのでこっちのイベント名は掲載誌の「Giant-Size X-Men」とした。



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。