House of M


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハウス・オブ・エム


 アヴェンジャーズを分解したイベントの後で、ワンダ=マキシモフ(スカーレット・ウィッチ)はマグニートーとチャールズ=エグゼビア教授の保護で脱退した。そして、その両者ともその時にジェノーシャのミュータント国を再建しようとしていた。Dr.ストレンジの援助を得て、エグゼビア教授はワンダの狂気を治そうとした。残念ながら、いろいろなことは手に負えなくなっているように見え、そしてDr.ストレンジとエグゼビア教授の協力は、彼女を助けるために十分ではなかった。

 アヴェンジャーズ、Xメン、エグゼビア、およびDr.ストレンジが集まって、ワンダ=マキシモフの運命を決定するグループ会議を開いた。盗み聞いていたクイックシルバーは、必然の選択が彼女を殺すことであると恐れた。彼の姉妹を気づかって、彼はワンダを保護するのを父親に嘆願しにジェノーシャに急いだ。マグニートーは引き裂かれた-彼は正しい選択が何であるかが不確かだった。彼の決定は、なされたようだった。

 アヴェンジャーズとXメンがワンダの様子を見るためにジェノーシャへ飛んで行ったとき、エグゼビア教授は姿を消し、そして突然、世界は白く燃やされた。そして、人間がハウス・オブ・エムの下で支配される少数派になったミュータント・ユートピアと取り替えられた。それがあったとき、かつての世界を思い出することがあったS.H.I.E.L.D.のエージェント、ウルヴァリンと人々の潜在意識をアンロックする能力を示したライラ=ミラーという少女を除いて、だれも前の世界を覚えていなかった。

 世界のために出来事を変更する責任をマグニートーが果たせると信じている、世界のリーダーのすべてを結びつける特別の催しの間、主としてXメンとアヴェンジャーズから成る思い出したヒーローのグループを結合させてマグヌス家を強襲した。
 そこでDr.ストレンジは、ワンダを操って現実を変えたのがマグニートーでなくクイックシルバーであるということを発見した。ライラは、ふとしたことからマグニートーにハウス・オブ・エムの前の世界を明らかにした。クイックシルバーがマグニートーの名前でそのような非道をしたために、彼は激怒して息子を殺した。
 彼女の兄弟の死を見たワンダは傷つけられた。彼女は、死から彼をすぐに蘇らせて、彼女の父に彼が悪い男性であり、ミュータントがフリークスであり、彼が嫌いだったと大声で叫んだ。
 落ち着くように見えたワンダは「ミュータントなんていらない」と言った。突然、世界は再び白く燃やされた… …そしてほんの何人かが覚えていられる状態で、世界はハウス・オブ・エムの出来事から戻った。世界は正常に回復したが、マグニートーとクイックシルバーを含む世界のミュータントの大部分がパワーを失ったのが明らかになった。
 ハウス・オブ・エムの世界を知らない世界の人口の大半で、突然彼らの遺伝子の贈り物を失った何百万もの変異体のショックは広範囲にわたるパニックと、ウェストチェスターのXマンションの敷地に多くのミュータントの最終的な隔離を引き起こした。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。