Enemy of the State


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エネミー・オブ・ザ・ステート


 ハイドラとハンドとドーン・オブ・ザ・ホワイト・ライトとして知られているミュータントのグループは、彼らの計画を実行するために同盟した。計画は、彼らのコントロールの下でスーパー・ヒーローを殺して、復活させることだった。
 ウルヴァリンの友人の子供を誘拐したとき、彼を罠に誘い出した。彼は殺されて、数週間雲隠れした。ウルヴァリンは、彼を受け入れて重傷を癒やそうとしたS.H.I.E.L.D.によって見つかった。ウルヴァリンはハイドラに操られて脱出して、S.H.I.E.L.D.の防御計画を盗んで、彼を止めるように命じられたエレクトラを死の直前に追いやった。

 ゴーゴンと働くバロン・ストラッカーは、潜在的に大量破壊兵器として使えるリード=リチャーズによってされた発明を盗む計画のために、ウルヴァリンを利用した。ウルヴァリンは銀行と公共区域に対する他の様々な攻撃に使用された。
 彼がデアデビルを殺そうとしたとき、ウルヴァリンはエレクトラとS.H.I.E.L.D.によって仕掛けられる罠に陥り、彼がパートナーを得るつもりだったと知らせた。エレクトラはゴーゴンに捕らわれ、別のハイドラ工作員として使用された。
 デアデビルは、ウルヴァリンのハンドの忍者を皆殺しにして、偶然彼を刀に突き刺した。正気になった瞬間、ウルヴァリンは、彼らが合衆国大統領を殺すつもりだったのを明らかにした。ウルヴァリンはすばやくハイドラ基地へ瞬間移動して戻った。

 エグゼビア高等教育院に潜入して、ウルヴァリンは大統領を殺すのにセレブロを使用するのにレイチェル=サマーズを操った。彼女が使用しなかったなら、彼は爆弾としてテラフォーマーを爆発させると脅かした。レイチェルはリード=リチャーズから爆弾を解体する方法を学ぶのにセレブロを使用して、ウルヴァリンの存在をXメンに警告した。
 ウルヴァリンは逃げようとして、彼が捕らえられる前に数人のS.H.I.E.L.D.のエージェントとノーススターを殺した。それらの原因のために数人の悪人を殺して復活させ、ハイドラは掛け金を引き上げた。バロン・ストラッカーがウルヴァリンと彼の失敗のために死に、そしてゴーゴンが彼の座に付いた。ハイドラはヘリキャリアーを攻撃して、自由にウルヴァリンをはねさせて、S.H.I.E.L.D.を破壊しようとした。ウルヴァリンは、S.H.I.E.L.D.の科学者によってすぐに脱プログラム化されて、攻撃者がニック=フューリーを殺すのを防いだ。

 ハイドラを止めることを彼の目標として、ウルヴァリンはハイドラに制御されたノーススターと彼のミュータント仲間と戦った。彼はS.H.I.E.L.D.から借りたセンチネルズの助けを借りて勝った。次に、ウルヴァリンはハンド基地を攻撃した。彼は、ハイドラの秘密基地のすべての所在を知るために悪い活動をしていたエレクトラの助けを借りて、ほぼ彼ら全員を殺した。S.H.I.E.L.D.は同時に、それらを皆、破壊した。ウルヴァリンとエレクトラはゴーゴンと戦い、彼は簡単に二人を破った。ゴーゴンは、ニック=フューリーを殺すために彼が回復していた病院に行き、ウルヴァリンによって止められた。最終的な戦いにおいて、ウルヴァリンはゴルゴンを殺すことができた。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。