Armor Wars


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アーマー・ウォーズ


 フォースのアーマーを調べている間、トニー=スタークは、ある構成部分が彼自身の技術であると発見した。
 この技術がいったいどのように他のものの手に入ったかを見つけると決心して、スタークは、ジャスティン=ハンマーのトンネル会社に潜入するようにアントマン(スコット=ラング)の援助を得た。スタークと親友のジム=「ローディ」ローデスはハマーがスパイマスターからスタークの技術を得て、それから彼はそれをいろいろな武装したヴィランに売ったということを知った。

 スタークは、彼が盗まれた技術を取り返す―または破壊する―ためにどんな手でもとらなければならない と決めた。このようにして、完全にスタークの技術を無効にするように設計された「ネゲーター・パック」を用意して、彼は選定したアーマーを使う敵に立ち向かうアイアンマンとして出発した。問題は、超法規的手段を含めて彼の技術と共に彼らを止めるのには何をしても構わないと思っていた事だった。アイアンマンが政府職員のスティングレイを追いかけて、スティングレイのアーマーにネゲーター・パックが影響をしないということを不幸にも発見したとき、これは最も明白だった(スティングレイは、決してハマーの陰謀の受益者ではなかった)。
 そのうえ、コントローラーに対するアイアンマンの襲撃は、ヴィランの精神的な奴隷のひとりの意図しない死につながり、言うまでもなく後で「信仰の自由の侵害」のためにコントローラーの追随者に集団訴訟された。

 政府(そして、アヴェンジャーズ)がアイアンマンの行動のためにスタークに圧力をかけ始めたとき、スタークはアイアンマンが首にされたと発表して、彼は彼の危険な従業員を保護するのを助けた(市民は、トニー=スタークとアイアンマンが全く同一であるということをこの時に知らなかった)。スタークの偽りの支援はS.H.I.E.L.D.とニック=フューリーをだまし、アイアンマンはスタークの盗まれた技術者の受益者であるS.H.I.E.L.D.のマンドロイドのアーマーを損傷できた。
 恐らく最も意義深いことに、アイアンマンはヴォルト(スーパー・ヴィラン用刑務所)に攻撃を開始した。ガーズメンはヴォルトを保護したが、彼らはスタークの技術をそれらのアーマーに組み入れていた。ガーズメンを破る途中でキャプテンが現れて、アイアンマンを止めようとした。彼は失敗して、戦いはスティーブ=ロジャース(キャップ)とトニー=スタークの間に亀裂を残した。

 アイアンマンの行動を大目に見ていた米国政府はひどく怒った。残念なことに、アイアンマンは次に、クリムゾン・ダイナモとタイタニウムマンのアーマーを彼が解体する試みにおいて、国際的な法律違反に訴えてソビエト連邦へ旅立った。彼はダイナモには勝った。しかしながら、タイタニウムマンは壊しにくいグリップでアイアンマンをつかんで、アヴェンジャーを叩きのめしたようにみえた。しかし、アイアンマンは彼のブーツジェットを最大推力まで開け、そして過熱された排気がタイタニウムマンのアーマーに点火して、彼を殺した。この出来事はアイアンマンの辞職を要求するアヴェンジャーズ、およびアイアンマンを破るための武装工作員を開発する際に、スタークの商売敵のエドウィン=コードの協力を得る米国政府に通じた。

 また、ファイヤーパワーとして知られているこの工作員は盗まれたスタークの技術をそれに組み入れさせた。これは政府が武装化巨人と戦うためにアイアンマンを連れて来るために必要とした餌だった。その過程でトニー・スタークに重傷を負わせて、ファイヤーパワーは徹底的にアイアンマンを破った。スタークは、まるで彼が逃れる予定であるかのように見えるように遠隔操作で飛ばすためのアイアンマン・アーマーを装備していた。それが本当にアイアンマンであると思って、火力はアーマーにミニ核弾頭ミサイルを発射した。核兵器はアイアンマンのアーマーを破壊して、世界は凶暴なアヴェンジャーが殺されたと信じた。

 その時スタークの会社がアイアンマンの死により無防備だったと思って、エドウィン=コードは、スタークの事業家たちを脅迫するためにファイヤーパワーを使い始めた。最初はアイアンマンを復活させるのをしぶっていたトニー=スタークは、結局アーマーの新しいセットを造ってファイヤーパワーを追い、徹底的に彼を破った。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。