Mikaboshi


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミカボシ

所属ユニバース マーベル・ユニバース 学識 未判明
本名 天津甕星(アマツ・ミカボシ) 身長/体重 未判明/未判明
別名 天香香背男(アマ・ノ・カガセオ) 目の色/髪の色 黒/黒
正体 地球の一般大衆はミカボシの存在に気づかない 能力 下記参照
職業 悪の神 才能 下記参照
市民権 天津神 初出誌 Thor: Blood Oath #6 (2005年)
出生の場所 天(アマ) オリジン掲載誌 未判明
知られている親類 未判明 重大な話 初登場(Thor: Blood Oath #6 2005年)
オリンポス襲撃(Ares: God of War, Part 2-5 2006年)
ゴッド・スクワッド参加(Incredible Hercules #117-120 2008年)
提携グループ ゴッド・スクワッド、元天津神

【能力】


 ミカボシには、不死、最高の強さ、および耐久性を含む神の標準のパワーがある。
 彼は、年をとらないで、他の存在にとって致命的である傷を生き残ることができて、イモータルに致命的であるように見える傷から回復さえできる。
 彼はヘラクレスやゼウスと同じくらい強力な神をひどく傷つけて、殺すことさえできる強力な魔法をふるう。
 飛行、テレポートもでき、宇宙空間でサポート無しに生きられる。

 彼の最も際立った能力は姿を変える他の神よりレベルの高い変身能力である。彼は、しばしば覆面をした男女両性、または女性のキャラクターの形を取る。
 彼は、大規模な高さまで成長するか、彼の敵を攻撃するために彼の身体から巻き髭を延長するか、または他の存在の外観を完全にコピーすることさえできる。
 彼の本当の姿は知られていないが、黒い影の大量の固まりであるように見える。
 ミカボシはそれ自体の部分を折って、独立して本体に戻せる彼自身の見分けのつかない影分身を作ることができる。

【才能】


 彼は「神(Kami)」の中で内戦を引き起こし、アレックスを彼の父親に反抗させてオリンポスをほとんど屈従させて、ヘラクレスに彼が死んでいると信じているようにだました後にスクラルの奴隷の神となる陰謀家である。


【解説】


 日本の悪の神。
 ミカボシは、「神(Kami)」と彼の戦いにおいて彼を支援するために、長い間伝説的な草薙の剣を捜した。
 近代において彼はその消息を得て、神道神殿を通して内戦に勝者として現れた。(訳者注:草薙の剣はファンドラルの手に預けられていたが、その後ラグナロクがあったために彼の手を離れてミカボシが見つけたと思われる)
 彼は後に、アレスの息子アレックスを誘拐して、長い間彼を洗脳して彼の父に対抗する新しい戦争の神を作って、オリンポスを攻撃した。
 彼の目標はゼウスを滅ぼして、他のパンテオンを脅して服従をさせることになっていた。
 彼はアキレスを不具にして、アレキサンダーに化けて致命的にゼウスを傷つけ、ヘラクレス、アポロ、アレスとアテナを殺したが、ゼウスが彼の力の最後の残りで彼らを助けた。
 ゼウスがアレキサンダーの洗脳を取り除いたとき、アレキサンダーはすぐに(皮肉にもミカボシによって彼に与えらた)草薙の剣を使い、悪意ある神を破った。
 殺されたと推定されたが、ミカボシは生き残り、「神(Kami)」によって捕らえられて、黄泉として知られるアンダーワールドに閉じ込められた。
 後ほど、アテナがスクラル人に対して攻撃部隊を造るために会議を開いたとき、ミカボシはその変身能力のために天津神の代表として選ばれた。
 イベントの間に、ミカボシは悪魔ナイトメアからスクラル神の領域への地図を得るために彼の力を使った。
 彼はスクラル神スルガートと姿を変えるのを競い戦った。ハーキュリーズ達が帰途に着いたとき、彼は死んだと考えられた。しかし後に死んだのはスルガートだと明らかにされ、スクラル神と入れ替って彼らの奴隷軍隊のリーダーの後任となった。
 そして、アテナは注意深い目の下ですべてこれらのイベントを承認した。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。