Volstagg


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヴォルスタッグ

所属ユニバース マーベル・ユニバース 学識 未判明
本名 ヴォルスタッグ 身長/体重 未判明/未判明
別名 ヴォルスタッグ・ザ・イノーマス
ヴォルスタッグ・ザ・ヴァルーミナス
ザ・ライオン・オブ・アスガード
目の色/髪の色 青/赤
正体 特になし 能力 ヴォルスタッグには、彼の年令、身長と体格のアスガーディアン男性の標準の力と属性がある
職業 アスガードの戦士 才能 彼は白兵戦に優れている
市民権 アスガード 使用武器 ヴォルスタッグはすばらしい専門的技術で剣を振るうことができて、同様にクォーター・スタッフに熟練している。彼が戦いでもシールドを振り回すのが知られている
出生の場所 未判明 初出誌 Journey into Mystery #119(1966年)
知られている親類 グドルン(妻)
アラリック、ロルフェ(息子)
フロシ、ヒルデガンド、ガンヒルド(娘)
ケヴィン、ミック(養子)
オリジン掲載誌 未判明
提携グループ ウォリアーズ・スリー
元ロスト・ゴッズ
重大な話 初登場(Journey into Mystery #119, 1966)
ヴォルスタッグはアスガードを出たアスガーディアンの中で行方不明のオーディンを探した(Thor #255-263,1977)
ラグナロク後にソーにより魂を見つけられて生還(Thor #4, 2007)

【解説】

 ヴォルスタッグは3人のアスガーディアンズ、彼とホーガン、およびファンドラルから成るウォリアーズ・スリーの大きくて騒々しいメンバーである。彼はアスガードの多くのチャンピオンの中のひとりだった。彼らの英雄的な手柄は悪名を彼らにもたらした。
 これらの3人の冒険家は、彼らの愛しているアスガードを保護しようとする多くの戦いを行った。
 彼の騒々しい性格がしばしば彼自身と他にトラブルをもたらしたけれども、ヴォルスタッグはグループの心であった。
 彼らはしばしばオーデンの息子(雷神ソー)の側で一緒に戦った。
 彼らは何回も偽りの支配者ロキの計画を一緒に妨害した。

 ヴォルスタッグと彼の陽気な男の仲間は行方不明の神オーディンを見つける任務の間、スポール、ストーン・メン・オブ・サターン、グレイ・ガーゴイル、ソウルサヴァイヴァー、およびソウル・イーターとして知られている大きいエンティティと戦った。

 巨人の息子を誤って殺した時に裁きとしてウォリアーズ・スリーとソーが世界各地を巡って様々な魔法の品を集めた時にクーフーリンによってスローターで首を刎ねられたが、ユグドラシルからとったオーディーンの魔法のりんごを食べさせられて甦った。

 最近のラグナロクの出来事に続いて、ヴォルスタッグは死んでいると推定された。ラグナロクで死んだすべての他の者のように、本当は彼の精神は人間の中でどうにか捕らわれていた。
 ソーが死から戻って他のアスガーディアンズを蘇らせ始めたとき、ヴォルスタッグは彼の2人の友人ホーガンとファンドラルと共に最初に見つけられて解放された。
 彼は現在、オクラホマの旧ルート66の近くにソーが再建した新しいアスガードに住んでいる。

 公式ではヒルデガンドが妻となっているが娘の名前と間違っている(Thor Vol.1 #367で確認)。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。