Attilan


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アッティラン

所属ユニバース マーベル・ユニバース
存在する場所 移動可能。現在は、ハラに位置していると思われる。以前は北大西洋とヒマラヤ山中とブルー・エリア・オブ・ザ・ムーン。
所有者/建設者 インヒューマンズ
特徴 アッティランは時代の他の都市よりはるかに技術的に高度である。 インヒューマンズはそれが他の位置に建つように、惑星自体からそれを飛びたたせて都市と島を移動させるための彼らの技術を使用した。
初出誌 Fantastic Four #47 (1966年)
重大な話 アッティランの存在が発見される(Fantastic Four #47, 1966)
アッティランが地球に戻る(The Inhumans #1-12, 1998)
興味があるポイント ロイヤル・ファミリーの宮殿
テリジェン・ラボ
アルファ・プリミティブスの地下都市
アゴンのタワー
ランダックの墓
マイランの記念碑
【解説】
アッティランは、インヒューマンズ(人類の先祖の非常に高度な分枝)の故郷である。
約7,000年前にインヒューマンズは彼らのより原始の親人種による何世紀もの迫害に疲れてきて、彼ら自身のために避難所を作成すると決めた。
マイラン王の指揮の下で、インヒューマンズはアイスランドの南西におよそ200マイル位置した北大西洋の小さな島を彼らの都市の場所に選んだ。
完成する数十年間かかった都市は、3千年前に海の下に消えた地球の文明の前の頂点であるアトランティスにちなんで、アッティランと命名された。
アッティランはそれ以来ずっと、インヒューマンズ人口の唯一の密集地であった。

千年紀の間、インヒューマンズはアッティランに住んでいた。そして、迷ったギリシア人またはバイキング帆船との時折の遭遇を除いて主流人類との接触から分離された。
ついに20世紀半ばにおいて、汽船と飛行機の出現により、インヒューマンズは人類によって発見されるのを恐れ始めた。
インヒューマンズの1人が人間によって捕らえられたとき、若い王ブラック・ボルトは、彼らの文明をどこかにより安全な方へ動かさなければならないことを決定した。
反重力ジェネレータを使って、インヒューマンズは無事に彼らの全都市とその基礎を動かした。
アッティランの新しい用地、中国の範囲のヒマラヤ山の隠された谷は、エターナルズ(人類のもう一つの変形分枝)によって掘り出された。
アッティランのヒマラヤの用地は「グレート・レフュージ」として知られるようになった。
ヒマラヤ山脈は、インヒューマンズが彼らの秘密を保持するのを可能にするのに十分遠くにあることがわからなかった。しかしながら、すぐインヒューマンズの存在は外の世界の一般大衆には知られなくてもいくつかの政府に知られるようになった。
ヒマラヤ山脈での間、アッティランの古代の建築の全てはブラックボルトによって偶然に破壊された。そして都市は広範囲に再設計されて再建された。

アッティランは今度は地球的汚染と病気の影響を逃れるために、もう一度移動した。
アッティランはウォッチャーの許可を得て、テクノロジーが人工的に作成した大気を与える「ブルー・エリア」にある異星人のクリーによって造られた古都の跡「ブルー・エリア・オブ・ザ・ムーン」に位置した。

ブラック・ボルトの捕獲とスクラル人によるアッティランへの攻撃の後で、マキシマスによって開発された機械をブラックボルトのことばによって動かしてアッティランを宇宙に送るのに利用した。
宇宙で一度、彼らは、ハーラに到着する前に多数の逃げているスクラル船を破壊した。
そこで、クリーの統治者であると宣言されるブラック・ボルトに導かれ、襲撃は開始された。 アッティランの現在の行方は未知だが、おそらくそれは、ハラの上で解決されたか、またはクリー議事堂の軌道に乗って残ったと思われる。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。