Doctor Strange (Stephen Strange)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Dr.ストレンジ(スティーブン=ストレンジ)

所属ユニバース マーベル・ユニバース 学識 医学の博士号。 大規模な魔法トレーニング
本名 スティーブン=ヴィンセント=ストレンジ 身長/体重 186cm/81.6kg
別名 ソーサラー・スプリーム
マスター・オブ・ザ・ミスティック・アーツ
スティーブン=サンダース
キャプテン・ユニバース
ヴィンセント=スティーヴンス
ストレンジ
目の色/髪の色 灰/黒、こめかみは白
正体 一般人は、彼を普通のオカルトの学者、またはやぶ医者と見なす 能力 下記項目を参照
職業 地球規模の最強魔術師
オカルトのコンサルタント
元医師(神経外科医)
才能 Dr.ストレンジは、かなりの医学と魔法の知識をもっている熟練した運動選手とマーシャル・アーティストである。
専門の外科医だが、神経が破損しているストレンジの手は、魔法で補われる時を除いて、彼が外科を実行するのを妨げる。
市民権 アメリカ 初出誌 Strange Tales #110 (1963)
出生の場所 ペンシルバニア州(フィラデルフィア) オリジン掲載誌 Strange Tales #115 (1963)
Doctor Strange #169 (1968)
Doctor Strange #45 (1992)
知られている親類 ユージン=ストレンジ(父親、故人)
ビヴァリー=ストレンジ(母親、故人)
ビクター=ストレンジ(キーロン、兄弟、明らかに故人)
ドナ=ストレンジ(姉妹、故人)
クレア(妻、別居中)
ウマール(義母)
オリニ(義父)
ドーマムゥ(姻戚のおじ)
重大な話 アヴェンジャーズ脱退(New Avengers Annual #2, 2008)
提携グループ 元アヴェンジャーズ
ジ・オーダー
ディフェンダーズ
ミッドナイト・サンズ
元デサイプル・オブ・ザ・エンシェント・ワン
特殊装備 Dr.ストレンジは、光を放射する、幻を貫く、心を調べる、外次元への入り口を開く、他の功績をなし遂げることができるお守りのアイ・オブ・アガモットー(アガモットーの目)を着用する。
彼は彼が個人的な不思議なエネルギーを費やさないで飛ぶのを可能にするクローク・オブ・レヴィテーション(空中浮揚のマント)を持っている。
彼は多元的宇宙の中でどの出来事でも観測するのに使用できる、オーブ・オブ・アガモットー(アガモットーの宝珠)を含む他に数個のミスティック・アーティファクトを所有している。
彼には、神秘主義の大冊のライブラリがある。ダークホルドとブック・オブ・ヴィシャンティなどのように、そのあるものはパワー・ソースか兵器そのものとして機能できる。


【解説】

生い立ち

 1930年にスティーブン=ストレンジはユージンとビヴァリー=ストレンジのフィラデルフィアで休暇中に長男として生まれて、2年後にスティーブンの姉妹ドナが家族のネブラスカ農場で生まれた。
 8歳のときに、ストレンジは見習い魔術師カール=モルドによって操られた悪霊によって悩まされたが、千年紀にわたりソーサラー・スプリームとしてアース・ディメンションを保護した魔術師であり、エンシェント・ワンであるモルドの師によって救われて、ストレンジは役割を世襲するために運命づけられた。
 彼の兄弟ビクターの出生の1年か2年後の11歳のときに、ストレンジは負傷しているドナを手当てして、この経験が医学のキャリアを追求するために彼を奮い立たせた。

 高校の後にストレンジはニューヨーク大学に医学部予科に入学した。その後、家で休暇中の彼の19回目の誕生日に、ストレンジはドナと共に泳ぎに行って、彼女はけいれんを起こして苦しみ溺れた。必死の捜索の後に彼女の身体を見つけて、ストレンジは彼の医学の理想を失わせた個人的失敗の感覚を感じた。
 記録的な時間で彼が医学の学位を得た後に、彼はニューヨーク病院で5年間の研修期間に入った。そこで彼の急速な成功が彼を横柄にした。彼の母親ビヴァリーが彼の研修期間の終わり頃に死んだとき、仕事によってストレンジは死に目に会えなかった。彼の才能は影響を受けず、30になる前に彼は裕福で、名高い神経外科医になった。自己中心さで彼は高い料金だけに興味を持ち、冷たく無神経になった。
彼は負傷している国連の翻訳者、マドレーヌ・レベルの命を救い、恋愛関係になってプロポーズしたが、彼の唯物論者の本質のため彼女は去った。
 ビヴァリーの死の2年後に、彼女の夫ユージンは病気になった。別の家族の死に直面できないで、スティーブンは彼の末期を訪問するのを拒否した。数日後に激怒していたビクターは、スティーブンの薄情さに彼を激しく非難して、次にストレンジのアパートから対向車の経路に突進した。我が身を責め、将来のブレークスルーが彼を蘇らせるかもしれないことを半分望んでストレンジは冷蔵保管庫にビクタの身体を置いた。

 1963年頃に、ひどく彼の手の神経を傷つけた車の事故があり、彼の外科のキャリアは終わった。顧問医師か助手として職を引き受けることができないくらいうぬぼれの強いストレンジは、療法を求めて、正統か疑わしい医療かを問わずあらゆる利用可能な処理を追求した。すぐ財産を使い果たして何カ月かのうちに彼は、かろうじてバーの勘定の支払いにいかがわしい医療をする落ちぶれた浮浪者に変わった。神秘的なエンシェント・ワンの噂を聞いた後に、破れかぶれのストレンジは東洋へのチケットのために彼の最後の所有物を質入れして、エンシェント・ワンのチベットの宮殿を見つけた。

エンシェント・ワンへ弟子入り

 エンシェント・ワンが初めに彼を治療するのを拒否したとき怒ったストレンジは、後で魔術師が不思議な力によって攻撃されるのを見て驚いた。エンシェント・ワンが地球の不思議な保護者であり、彼に対する攻撃が彼の生徒モルドから起こったことを知ると、ストレンジは彼に警告しようとしたが、モルドはDr.ストレンジがそうするのを魔法で防いだ。エンシェント・ワンと世界のために、彼がモルドと同類を打ち返すことができたように自分で魔法を学ぶと誓って、ストレンジは数年ぶりに利他的に行動した。彼は弟子としてエンシェント・ワンに自薦し、ずっとモルドの裏切りを知っていたエンシェント・ワンは受け入れた。

 エンシェント・ワンは魔法の技術を何年も費やして、どのように自分と彼の周りの世界の両方の先天的なミスティック・パワーを利用するか、そしてどのようにすさまじい実体、または権天使(それら自身の領域に属する最も著しくヴィシャンティとして知られている3つの優しい存在)のパワーを呼び出すかをストレンジに教えた。
 ストレンジの到着の数年後に、モルドはより大きいパワーを求めるために出発して、将来しばしばストレンジと衝突する事になる。
 ストレンジの若い頃の記憶のすべてを信じることができるというわけではなくても、以前の誤りに関する彼の罪は数年間大いに彼を圧迫した。

ヒーロー活動を始める

 Dr.ストレンジは彼の数年の研究と活動初期の間、英国のロード・ジュリアン=フィフィーとクライヴ=ベントリー卿、イタリアのアルフェロ=スピノザ枢機卿とカウント・カレッツィ、中東のオマー=カリンドゥ、ラマ=カリフ、およびターハン=バリム、アジアのウェイ=チー=イーとセン=ユー、アメリカのアレイスター=ケーン、ケネス=ウォード、およびフランク=ブルクナーを含む世界中の多くの魔術師の友となった。他のイモータリズやテラー・インクなどのイモータルの冒険家は彼の昇進を懐疑を伴って注目した。
 また、少なくとも2つの冒険で冒険家ブラック・フォックスを支援して、Dr.ストレンジはより地球のヒーロー達の中で味方を見つけた。

 1970年代までにはDr.ストレンジはアメリカに戻り、ニューヨークのグリニッチ・ビレッジで神秘主義のコンサルタントになった。何世紀もの間エンシェント・ワンに仕えた血族の子孫で、彼のサーヴァントで友人になったウォンと仲間になった。
 Dr.ストレンジの最も初期の敵は悪魔のボトル・インプを含み、悪夢のように出現するエンティティKhLΘg、そして人類の夢をえじきにしてDr.ストレンジの最も厳しい敵のひとりになった悪魔ナイトメアである。
 彼の前のエンシェント・ワンのような神秘的な名声を持つようになり、Dr.ストレンジは地方の、そして連邦の当局でも臨時の相談相手になった。

 ファンタスティック・フォーのデビューがの超人的な活動の盛り上がりの先ぶれとなった近くの年、最初Dr.ストレンジはニューヨークの多くのスーパー・ヒーローから離れたままでいた。
 強力なアスガードの神ロキは後に、Dr.ストレンジがロキの英雄的義兄弟のソーをひそかに攻撃するようにだました。 しかしながらDr.ストレンジはすぐ陰謀を見抜いて、ロキを追い払うためにソーと協力した。

 その後すぐのモルドとの衝突は、Dr.ストレンジが若いスパイダーマンに遭遇するように導いた。スパイダーマンは、Dr.ストレンジがミスティック・ディメンションから数人を救うのを助けて、彼らのトラウマ経験を取り除くように彼を説得した。そのおかげで助けられた人達はまた、スパイダーマンの武勇を忘れてしまったが。
 スパイダーマンの勇気と利他主義に感動して、Dr.ストレンジは彼を友人と見なすようになり、そして2人の意外な盟友は数年越しに幾度も組んだ。

ドーマムゥとの決闘

 Dr.ストレンジはすぐ、ダーク・ディメンションの支配者でエンシェント・ワンの最も古い敵の一人の非常に恐ろしいドーマムゥに直面した。エンシェント・ワンの減退しているパワーを感じて、ドーマムゥはアース・ディメンションに侵入するのを新たに企み、ダーク・ディメンションでの神秘的な決闘をDr.ストレンジに挑んだ。
 そこにいる間、駆け出しのミスティックでドーマムゥの姉妹ウマールの娘クレアからDr.ストレンジに接触があった。当時はわずかしか彼女の生まれを知らなかったが。クレアは支配者が倒されて彼女のホーム・ディメンションがマインドレス・ワンズによって荒らされるのを恐れて、決闘を防ごうとした。しかしDr.ストレンジは降服しないだろう。
 しかしドーマムゥは、膨大にDr.ストレンジを動かして、彼らの決闘はマインドレス・ワンズを囲むバリアを弱めることができるくらい彼のエネルギーを消耗させた。Dr.ストレンジはダーク・ディメンションの住人を危険にさらすのは不本意なので、ドーマムゥがバリアを修復するために十分なパワーを貸した。
 彼自身の弱点で激怒したドーマムゥは、Dr.ストレンジが非常に魅力的であることがわかったクレアとアース・ディメンションの両方を助けてやるよう交渉をするDr.ストレンジに危害を加えないでおく義務があるように感じた。しかしながら、ドーマムゥは復讐を誓って、Dr.ストレンジの最も執念深い敵のひとりになった。

ヒーロー達との協力

 この後まもなく、Dr.ストレンジはオープンに数人のスーパー・ヒーローと強力なミューテートのサンダウンとの戦いに加った。彼はファンタスティック・フォー、Xメン、およびアヴェンジャーズのような際立ったスーパー・チームへの特別な相談相手になった。リードとスー=リチャーズの結婚式に出席した何カ月も後に、Dr.ストレンジはクレアと復縁して、彼女は愛に報いてニューヨークで彼と同居するようになった。

 後に外次元の厳しい試練に続き、彼は地球のために障害を越えるようにとの命令で外観を変える事を強いられた。彼は、彼のスーパー・ヒーローの同盟者を真似て彼の伝統的な服装を変更して、全顔用マスクをするようにした。 Dr.ストレンジは彼の匿名を保持するためにこの外観をしていたが、後でナイトメアと戦っている間に不注意で彼の本名が群衆に明らかになった。
 エターニティ(Dr.ストレンジが当時、支援していた宇宙の化身)はもう一度個人的な外的人格をDr.ストレンジに許すために、「スティーブン=ストレンジ」の名前を「スティーブン=サンダース」に変えてすべての地球の記録と記憶を変更した。

ディフェンダーズの結成

 次にDr.ストレンジは、一度地球を支配したことがあったネームレス・ワンに導かれた非常に強力な悪魔種族のアンダイング・ワンズに面していた。これらの戦いの間、Dr.ストレンジはネイモア・ザ・サブマリナーと怪物のようなハルクを彼を支援するのに巧みに扱った。
 アンダイング・ワンズを破り、Dr.ストレンジが見た目はアース・ディメンションがミスティックの侵入から封印されたと信じ、ネイモアとハルクの彼の尊大な利己的利用で困っていて、彼は、彼の神秘主義の義務を捨てて、無私無欲な義務を実行して顧問医師になるのを彼は一度考えたことがあった。

 何週間も後にバロン・モルドが彼を殺そうとしたとき、Dr.ストレンジは戦闘に戻った。エンシェント・ワンによって支援されて、Dr.ストレンジは彼の魔術師の役割を取り戻してモルドを破り、エンシェント・ワンは都合によりエターニティのスペルを逆にして、世界の記録と記憶に「スティーブン=ストレンジ」の名前を回復した。

 ネームレス・ワンがその後まもなく戻ったとき、Dr.ストレンジは彼と並んで戦うために再びネイモアとハルクを募り、彼の仮面をつけない服装を再び始めた。3人のヒーローが他の脅威と戦った後で、すぐ地球外のシルバー・サーファーが加った。彼らの違いにもかかわらず友人になって、この四人は英雄的なディフェンダーズ・チームの核を形成した。

エンシェント・ワンの死

 Dr.ストレンジはすぐに、強大な外次元のエンティティで何千年も前に地球をおびやかし、今やエンシェント・ワン自身の心を経て戻ろうとしたシュマゴラスの強力なサーヴァントの悪魔と衝突した。シュマゴラスの通路を防ぐため、彼の師にうながされてDr.ストレンジはエンシェント・ワンを殺した。
 エンシェント・ワンの肉体の死はエターニティと彼を一体化し、そしてDr.ストレンジはソーサラー・スプリーム、宇宙全体の保護者になった。
 Dr.ストレンジは、彼の新しい責任を重荷に感じて家族の慰めを求めて、ヴァンパイリック・ヴースズ(吸血鬼化の節)を読んでいたと理解せず、ブック・オブ・ヴィシャンティからの呪文を費やすことで彼の兄弟ビクターを蘇らせるのを試みて、吸血鬼として復活の可能性をビクターに吹き込んで失敗した。

ディフェンダーズとの活動

 アスガーディアンのヴァルキリー、翼がある大金持ちのナイトホーク、陽気なヘルキャット、および他のものを非公式のチームの仲間に含んで膨張するディフェンダーズとの冒険に数カ月以上の間、Dr.ストレンジは続けて参加していた。
 Dr.ストレンジの時間は、チームがある事によってやむを得ず、ミュータントのマグニートーや、異星人のネビュロン・ザ・セレスティアルマンや、破壊分子のサンズ・オブ・ザ・サーペントやヘッドメンと呼ばれる奇妙な悪事の首謀者達などのように、より非ミスティックな敵を相手にするのを強いられていた。
 Dr.ストレンジの聖域はディフェンダーズ本部としてしばしば機能した。そして、彼らの友情、およびクレアの愛は彼の孤独から喜ばしい変化をDr.ストレンジに与えた。

剥奪された資格

 クリエーターズと呼ばれる時間を超越した魔術師によって操られて、エンシェント・ワンの精神が宇宙で1つになる機会をDr.ストレンジに提供したが、Dr.ストレンジは拒否してソーサラー・スプリームの資格とパワーを奪い取られた。その後まもなく、彼らの同盟者、宇宙のインビトウィナーを破ることによって彼らの現実を造り直す計画を阻んで、Dr.ストレンジはクリエーターズと戦った。
 彼らの企みが明らかにされている状態で、エンシェント・ワンはDr.ストレンジの前の状態を回復した。Dr.ストレンジの冒険は彼にとってほんの数日だったが、地球では明らかに何週間も経っていた。これらの間、誰がソーサラー・スプリームの職に何週間も就いたかは明らかにされていない。

ディフェンダーズとの別れ

 何カ月も後に、神秘的な異星人のトリビュナルズによる悪ふざけで、Dr.ストレンジとネイモア、ハルクとシルバー・サーファーといった四人のディフェンダーズが、彼らの同盟が宇宙的悲劇を引き起こすために運命づけられたと彼らに納得させるようにかつがれた後、道を分かった。

 次に、ドラキュラに対する吸血鬼ハンターの一団と共に同盟し、Dr.ストレンジは古代の魔法の大きな本ダークホルドから取ったモンテージ・フォーミュラの呪文を唱えた。
 この呪文はアース・ディメンションの中でほとんどすべての吸血鬼を滅ぼした。しかしながら、Dr.ストレンジは知らなかったが、スペルのエネルギーは忘れられたビクター=ストレンジに打ち寄せ、パワーが予想外にDr.ストレンジの以前の呪文に結合した。

クレアとの別れ

 その間、クレアは現在の支配者が彼女の母親のウマールと知ってすぐ、ダーク・ディメンションに戻って、彼女に対する叛乱を導いた。Dr.ストレンジはクレアが彼女の故郷の宇宙の王座に昇るのを助けたが、彼らのそれぞれの責任によって縛られて、二人は残念ながら別れた。

 Dr.ストレンジは次にソーサラー・スプリームの役割を切望する悪の地球外存在のアーソナによって挑戦され、その責任に気づいた。窮余のDr.ストレンジは彼らのパワーをアーソナに対して否定するために彼自身の魔法のアーティファクトと大きな本のコレクションを破壊した。Dr.ストレンジは知らなかったが、事実上、彼のコレクションはヴィシャンティを形成する3つの権天使の1つのアガモットーによって救われた。

黒魔術に手を染める

 Dr.ストレンジのアーティファクトの除去で、Dr.ストレンジが減少したパワーで抑えているものを残して千年紀の間のそれらのパワーによって退けられた様々なオカルトの脅威は自由になった。
 外次元の駆け出しのミスティックのリントラーによって伴われて、Dr.ストレンジはエンシェント・ワンのかつてのライバルのカルウに遭遇した。カルウは戻ってくる軍勢に対する防御として生命を消耗させる黒魔術を彼に教えると申し出て、Dr.ストレンジはいやいやながら受け入れた。
 Dr.ストレンジの黒魔術を使った冒険は、ついにシュマゴラスとの再戦になり、悪魔が滅ぼされたように見えて終わった。結局、Dr.ストレンジは回復して故郷に帰った。

 その後まもなく、彼はダーク・ディメンションを訪問してクレアと結婚し、クレアは地球で彼と同居するようになり、遠くから彼女の王国を統治した。
 Dr.ストレンジはリントラーを彼の新しい弟子としてみなした、そしてアガモットーとの超現実的な遭遇は、彼の失われたかに見えた魔法のアーティファクトと大きな本を返した。

ビクターの復活

 Dr.ストレンジは彼の兄弟ビクターが吸血鬼の新人類の1番目として蘇った彼の過去のはるかに予期していなかった部分に直面していた。
 ビクターはモンテージ・フォーミュラの呪文の効果を無効にしてDr.ストレンジを恐喝してヴァンパイリック・ヴースズを暗唱させようとしている魔女マリー=ラブーの支配下にあった。
 Dr.ストレンジは代わりにアース・ディメンションからのヴァンパイリック・ヴースズのページを追放したが、長い間破壊されていた吸血鬼が再現するのを可能にするために、マリー=ラブーは呪文をコピーする雛形としてビクターを使用した。
 Dr.ストレンジとクレアは次に、ダーク・ディメンションを征服するためのドーマムゥとウマールとの間の戦争に巻き込まれた状態で、この脅威を元に戻すことができなかった。結局、クレアを残してDr.ストレンジを追放し、ウマールは王座を取り戻した。

インフィニティ・ガントレット事件

 次のDr.ストレンジは数人の最高のヒーロー達と共に気が狂ったタイタンのサノスに対して同盟した。サノスは、全能に近いインフィニティ・ガントレットを使用して地球のヒーロー達が彼を破って、効果を取り消す前に宇宙の半分の人口を根絶した。

ミッドナイト・サンズに参加

 クレアがダーク・ディメンションを取り戻すために同盟者を探したとき、Dr.ストレンジはミッドナイト・サンズ(古代の悪に立ち向かうために運命づけられた、彼がモンテージ・フォーミュラを発動するのを助けた人を含んだ超自然のヒーロー達のゆるい繋がりのグループ)の構成を操ることによって、彼自身の同盟を形成した。

 クレアの不在の間、彼は一時的に若い魔術師オーギュスティン=フィフィーの家庭教師をした(オーギュスティン=フィフィーは結局、魔法を捨てるのを選んだ)。
 インフィニティ・ウォーの間、メイガスに対して地球のヒーロー達のリーダーシップを分担した後に、Dr.ストレンジはネイモア、ハルク、およびシルバー・サーファーと組になり、共に侵入した別次元のソーサラー・スプリームであるシャンザーと戦った(今ではDr.ストレンジは、長い間にトリビュナルズの悪ふざけを発見していて、初期のディフェンダーズが復縁するのが、安全であることを知っていた)。

ヴィシャンティとの決別

 その間、様々なミスティック・レルムの権天使はウォー・オブ・セブン・スフィアズ(七つの天球の戦争)(5,000年が続くと予想された対立するエンティティーズとの激動の衝突)に直面していた。ヴィシャンティを含む彼らのいくつかが、Dr.ストレンジなどの同盟者の協力を得るのを試みたが、Dr.ストレンジは神のような権天使の相手とならずに彼らのミスティック・パワーの使用を放棄し、彼の地球での義務を捨てるのを拒否した。

 このようにして、彼のパワーの多くを剥取られたDr.ストレンジは、強大に高められたドーマムゥに直面するためにほとんど準備できていなかった(ドーマムゥは彼が再びダーク・ディメンションを統治できるように、ウマールについてのクレアの証言を操った)。
 Dr.ストレンジはドーマムゥを退ける際に彼を支援するために、ハルク、シルヴァー・サーファー、およびゴースト・ライダー(ダン=ケッチ)を募った、そして、クレアは新しいレジスタンスを導くためにそこに留まった。Dr.ストレンジの勝利にもかかわらず、ドーマムゥはダーク・ディメンションのコントロールを保有した。

 Dr.ストレンジは、ビクターを治療するという望みでイモータリズを捜し出したが、治療は拒否された。
 その後まもなく、リントラーは危険なアミュレットを破壊しながら、殺されたように見えた。そして、可能性のある復活までリントラーの身体を停滞させた後、Dr.ストレンジはキリアン=ケル(ケルト族の神によって権限を与えられた若者)を新しい弟子として取った。

シークレット・ディフェンダーズの結成

 またDr.ストレンジは、彼が単独で扱うことができなかった脅威に向き合うために「シークレット・ディフェンダーズ」として定期的にヒーローの非公式のチームを集め始めた。

 Dr.ストレンジはインフィニティ・クルセードを通して宇宙を作り変えようとしたゴッデスによって魅惑されたヒーローの中のひとりだった。
 Dr.ストレンジの物理的なフォームはゴッデスに仕えたが、彼のアストラル・フォームはビクター=ストレンジ、現在は衣装を着せられたヒーローのキーロンの行動を調査した。(キーロンはDr.ストレンジの趣味のため死神のような自警団員になった)。キーロンは彼自身の命を奪ったので彼がどれくらい乱暴になったかをはっきり理解するが、Dr.ストレンジには悲しむ時間がほとんどなかった。

 ゴッデスから脱出したすぐ後に、Dr.ストレンジは再びアーソナに直面していた。(アーソナはセブン・スフィアズの戦争に参加して、その結果、Dr.ストレンジが失ったのと同じくらい多くのパワーを獲得した)。
 この遭遇を乗り切って、Dr.ストレンジはミスティック・ディメンションからキリアンを救おうとしたが、古代の妖女リリスに対してミッドナイト・サンズに加わるために呼ばれると、彼を置き去りにした。
 何週間も後に、Dr.ストレンジとミッドナイト・サンズの両方と戦った後で、キリアンはワイルドプライドの姿になって戻った。

 ミステックのアンアースのテクノ・マジカルな脅威に対抗することにおける、ヒーロー達の国際的な連合に参加して、Dr.ストレンジは結果として起こる解決された現実を安定させた6人の1人だった。

もう一人のソーサラー・スプリーム

 Dr.ストレンジの人生はサロメによってさらに複雑にされた(伝えられるところでは、2万年以上前の最初の地球生まれのソーサラー・スプリームで神秘的なブラッド族の翼がある一員)。
 Dr.ストレンジのパワーが弱いせいで、サロメは容易に彼女のタイトルを取り戻した。しかしながら彼女は、少ししか人類を保護しないで、彼女が地球を統治するのを助けるために追随者を集め始めた。

 より多くのパワーがほしくてたまらなくて、Dr.ストレンジはポケット・ディメンションに引きこもって、彼はそこからから自分に基づいた2個の魔法の構造物(いわゆるテクノマジックを開発して財産を築き上げたヴィンセント=スティーブンスと、ミッドナイト・サンズと並んで戦って、世界中のミスティック・パワーの物を集めたストレンジと呼ばれた存在)を派遣した。
 シークレット・ディフェンダーズを導くためにエネルギーを割くことができないので、Dr.ストレンジは突然にエンシェント・ワンの別の弟子、Dr.ドルイドにこの負担を押しつけた。できるだけよく勤めたDr.ドルイドは結局、運営を維持できなかった。

 スティーブンスとストレンジが彼に反逆したとき、ほとんどDr.ストレンジは彼の魔法を強化し終えなかった。結果として衝突し、スティーブンスは明らかに滅ぼされ、そしてストレンジはダーク・ディメンションに行き、反逆のノーベルと合体しパラドックスとしてクレアの横で働いている。
 サロメを破るのに四大元素の魔法を使用し、Dr.ストレンジは短命なより若い姿を装って、スティーブンスによってたくらまれた違法な活動を止めるために一時的により乱暴な人格を採用した。

ヴィシャンティとの和解

 しかしながら、ヴィシャンティがウォー・オブ・セブン・スフィアズで彼の奉仕をもう一度要求したとき、Dr.ストレンジの計画は中断された。さらに別のパワーの損失の危険を冒したがらないDr.ストレンジは応じた。
 Dr.ストレンジは神秘的なトリニティ・オブ・アッシィズに対してヴィシャンティを守るために争うのに5,000年を費やしたが、彼の戦争の記憶の大部分は抑圧され、彼が出発したほんの数カ月後にほとんど彼は老化せずに現実の世界に戻った。Dr.ストレンジの不在中に彼の義務を誰がまた行ったかは知られていない。

 特有なパワーを使い尽くしたDr.ストレンジは、いわゆるカオス・マジックを彼が後で補った予測できないカタストロフ・マジックを使い、新しいものを求めた。しかしながら、Dr.ストレンジは後にカオス・マジックなんてものがなかったと主張した。

 とにかく、Dr.ストレンジは結局、権天使の後援を取り戻し、彼のパワーをそれらの高さに回復した。ドーマムゥは魔法使いに対してミュータントのジョナソン=ホワイトとDr.ストレンジの同盟者トパーズを使用した。しかしDr.ストレンジは、ドーマムゥの攻撃からトパーズを救うために別の外科医を魔法にかかったように誘導して彼の敵を追い払った。

ヤンドロスとの戦い

 Dr.ストレンジとディフェンダーズの両方の宿敵である外次元のテクノ・メイジ 、ヤンドロスが戻ってきて地球に破壊的な軍勢を浴びせた時、Dr.ストレンジ、ネイモア、ハルク、およびシルバー・サーファーはヤンドロスに対して組んだ。しかし時の経過で、彼らはより一致しないようになった。
 ヤンドロスが滅びようにみえたとき、彼らの他の関心にかかわらず、地球へのすべての将来的な脅威に対して彼らを一緒に強制する意地悪な呪いでけんかっ早いカルテットを縛るのに、彼は地球のマジカル・エネルギーを使用した。、Dr.ストレンジは彼のヒーロー仲間の新たな友情にはふれないヤンドロスの呪いにいらだたせられたが、他のディフェンダーズだった者達がこの状況に対処する際に力を貸した。
 しかしながら、呪いは4人のディフェンダーズの怒りと自我を、彼らが精神的に不安定になるまでつのらせて、オーダーと同様にそれを制御することで地球へのすべての脅威を終わらせようとした。クレアを含む数人の他のヒーローが彼らと戦い、そして戦いで解き放たれたエネルギーは、強力な新しい姿でヤンドロスを復活させるのに利用された。
 この進展で、彼らの感覚はショックを受けて戻り4人のディフェンダーズは戦いをやめ、人間の姿にヤンドロスを戻した。ヤンドロスは破られて投獄された。

仲間との別れ

 Dr.ストレンジは彼のパワーと地位の悪用で動揺され、彼の長年の友人スパイダーマンからよそよそしくなりさえして、彼のスーパーヒーローの同盟者と関係を絶った。理想主義的なミスティックのトパーズがDr.ストレンジの5番目に知られている弟子になったとき、彼は感情的な距離に彼女をおいた、そして、彼女がミスティックの脅威の余波で彼に背いたとき、彼は彼女を破門した。

 Dr.ストレンジはアース・ディメンションを防御して、必要に応じてヒーロー仲間を補助し続けているが、彼の古い傲慢は再び浮き上がり、そして超人的な共同体の中の最近の大変動における彼の究極の役割はまだ不明である。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。