X-Men Vol.1_011~020


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


X-Men Vol.1 #011~020

#011 The Triumph of Magneto/マグニートーの凱旋

 Xメンは非常に強力な存在がいるのを検出したが、それが誰か何であるかわからなかった。

 都市では混雑した交差点に出くわしたストレンジャーが、空中浮揚して通り抜けて騒ぎを起こしていた。彼は自分を引きつける力があった建物の壁を通り抜けて中に入った。そこで彼は、マグニートーとブラザーフッド・オブ・エビル・ミュータンツによって迎えられた。その頃、Xメンは強力な存在をミュータントだと思って捜索を開始していた。
 マグニートーはブラザーフッドに加わるようにストレンジャーを誘った。ストレンジャーに感銘を与えようとして、マグニートーは彼をケーブルで縛り、マスターマインドは周囲を海底や溶岩に変えて見せた。ストレンジャーは感心せず、彼自身を自由にしてマスターマインドを像に変えるために彼の力を使った。その像が床を抜けて落ちたために騒ぎとなり、Xメンを呼び寄せた。

 クイックシルバーとスカーレット・ウィッチがXメンと戦っているうちに、ストレンジャーは出発すると決めてエネルギーの渦を作り出した。ストレンジャーをブラザーフッドに入れようとして、マグニートーは彼の後を追うことに決めて飛び込んだ。そして、忠実なトードも同様にあとに続いた。
 クイックシルバーとスカーレット・ウィッチが後に残されたが、彼らはマグニートーへの彼らの負債を清算したと感じていて、ブラザーフッドをやめてヨーロッパに戻りたい事をXメンに話した。

 ストレンジャーの渦は、3人を樹木が茂った地域に運んだ。
 マグニートーはストレンジャーがどんなミュータントか知りたがったが、彼は遠くにある惑星からの異星人であると答えた。体を大きくし始めたストレンジャーをあまりに強力であると思ってマグニートーは彼を止めようとしたが、その代わりに動けなくされた。

 Xメンは像になったマスターマインドをXマンションに持ち帰って教授に見せた。彼は生きていたが体の分子構造を変えられていて、教授はストレンジャーに比べればマグニートーは子供のようなものだとして捜索を命じた。
 Xメンは、樹木が茂った領域を見つけて、すぐ動けなくされたマグニートーとトードを発見した。
 ストレンジャーは彼らの突然変異を研究するために彼の故郷の惑星に連れ戻ることを彼らに知らせて飛び立った。
 爆発を聞きつけた警官が来たので、ビーストが彼らを引き付けている間に教授をヘリに乗せて出発した。

 Xマンションに戻ったXメンは、マグニートー達をセレブロの対象から外したが、近くでもう一つの非常に強力な存在を見つけて驚いた。


#012 The Origin of Professor X/エグゼビア教授のオリジン

 セレブロが信じられないほど強力な存在をXマンションの外に検出したので、Xメンは周囲に防御装置を作った。チャールズ=エグゼビア教授はXメンに彼らが戦う相手が教授の継兄弟であるケイン=マルコであることを知らせた。

悪者は防衛力の境界の後、線を突破することができるので、についてわかるように、悪者が誰であるかについて知らせます。
ザビエル教授がディフェンスの線によって悪人がだれであるかについて彼の学生に知らせるので、彼らが、何と戦うかを知った後のために悪人は線を突破できます。

 教授はXメンに彼らの2つの家族の事を話し始めた。
 ニュー・メキシコのアラモゴードで核爆発のあった年、チャールズの父がその爆発で死んだ後、カート=マルコ博士は彼の母シャロンに求婚し始めて、結局二人は結婚した。チャールズは父の死がマルコ博士に仕組まれたものと思い、彼を信用してなかった。
 結婚してからもマルコ博士は家庭を顧みず、連れ子のケインはチャールズをいじめていた。

 再度セレブロをチェックし直すとより大きく警報が鳴り、ついにXマンションが攻撃され始めた。侵入者がアイスマンの作った氷の壁を砕いている間に教授は話を続けた。

 彼女は結婚に失望して間もなく亡くなった。ある日、チャールズは実験室でケインとマルコ博士が家族の財産を相続することについて話しているのを立ち聞きした。ケインがマルコ博士にアラモゴードでのチャールズの父の死が事故ではなかったというと、マルコ博士はケインに強く口止めした。チャールズが部屋の中に入ると、ケインが薬品の入った試験管をひっくり返して火事になった。
 マルコ博士は子供達を救い出したが、自分は煙をすったために死んでしまった。死の間際に彼はチャールズに父の死は事故で助けられなかったことを詫び、ケインがチャールズの能力を見つけることに気をつけるよう警告した。

 侵入者は第二の障壁である電磁フォース・フィールドを突破しようとしていた。教授は話を続けた。

 彼の死の後に、チャールズは彼のパワーの存在を知った。自分がミュータントになったのは彼の生まれる前に両親が核研究センターで放射線にさらされていたからで、その力は他人の憎しみを招くことも理解した。
 そして彼が得た多くのトロフィーを見てケインは嫉妬深くなり、それらは喧嘩の元となった。ある日、ケインはチャールズを学校へ連れて行くと申し出て車に乗せ、山道に入り自分は飛び降りて崖から車ごとチャールズを落とした。

 Xメンがこれが彼の脚が使えなくなった原因か尋ねると、教授はルシファーの時だと答えた。
 侵入者がグレネードを使ったトラップにも耐えたので、アイスマンは窓を厚い氷で強化した。

 それから何年も後に、ケインとチャールズの二人は軍人になって一緒に朝鮮戦争に参加した。射撃戦の後に2人の継兄弟は、サイトラックの神殿を偶然見つけた。ケインは洞窟の中心で彼をジャガノートに変えるルビーを見つけた。チャールズの制止も聞かずにケインはそれを手に取り、ジャガーノートに変身し始めた。洞窟は爆弾で崩れたが、チャールズはなんとか出ることができた。

 そしてついにジャガーノートがXマンションのドアを破壊して侵入し、容易にXメンを破って教授の前に現れた。


#013 Where Walks the Juggernaut/ジャガーノートの歩くところ

 ジャガーノートは彼の継兄弟であるエグゼビア教授を攻撃する準備ができていて、彼の前に立っていた。Xメンは間へ入って、彼を止める計画を考案するのに十分長くこのスーパー・ヴィランを遅らせようとした。教授は彼のメンタル・パワーを使おうとしたが、それは効果がなかった。
 ジャガノートは、彼の神秘的なヘルメットが彼をどんな精神的な攻撃からでも保護することを明らかにした。

 Xメンは新しい戦略を思いつくためにより多くの時間を稼げるようにジャガーノートの足下の床に穴を開けて落とした。
 教授は、彼の秘密のプロジェクトのうちの1つを終えるために、彼の研究室に急行した。
 発明が完成した後、彼はそれを使って誰にでも受けることができるテレパシーを出した。

 ファンタスティック・フォーのヒューマン・トーチはメッセージを受けたが、Dr.ドゥームかウィザードの罠ではないかと思った。
 その間、穴から這い出たジャガーノートはXメンのメンバーの大部分をノックアウトした。
 教授はもう一度ヒューマン・トーチと連絡をとり、彼はXメンを援助するために素速く飛び出した。その間、マーベル・ガールがジャガーノートを食い止める最後の試みをしてヒューマン・トーチの到着を間に合わせた。

 教授はエンジェルに目を覚まさせて、ヒューマン・トーチがジャガーノートの目を眩ましている間に、彼のヘルメットを奪うように彼に命令した。作戦は成功し、精神的な攻撃に弱くなったジャガーノートを教授が破った。
 そして教授は、Xメンの秘密を守るためにXマンションであったヒューマン・トーチの記憶を消すためにメンタル・パワーを彼に使った。彼は白昼夢を見たような気持ちでファンタスティック・フォーの本部へ帰っていった。
 数日後、男性のXメンはまだ怪我でベッドにいて、ジーンによって注意されていた。


#014 Among Us Stalk... the Sentinels/我らに迫る…センチネルズ

 エグゼビア教授はジャガーノートや他の悪人に対する彼らの戦いがすばらしかったために、治療の終わったXメンに休暇を与えた。
 Xメンが去った直後に、教授は人類学者ボリヴァー=トラスク博士についてのニュースを新聞で読んだ。彼はミュータントが脅威であると信じて、彼らが通常の人間の中に隠れて人間を征服するのを準備していることを世界に知らせていた。
 教授はメディアヒステリーがXメンの最大の敵のひとつであることを知っているので、彼はテレビ局に電話をしてトラスク博士と共に公開討論を準備した。

 TV討論会に参加している教授の前でトラスク博士がミュータント狩り用のセンチネルのデモを見せようとしたが、彼の意に反してセンチネルが動いて騒ぎを起こした。
 センチネルズと戦うのを助けるために教授のテレパシーでXメンが呼ばれたが、センチネルはより多くのセンチネルズを作るためにトラスク博士を連れて彼らの本部に飛び去った。
 突然止まって残されていたセンチネルから出ていた精神放射を元にセンチネルズの本部を探しに来たXメンの目の前で、丘が持ち上がり彼らに攻撃を始めた。


#015 Prisoners of the Mysterious Master Mold!/神秘的なマスターモールドの虜

 Xメンはセンチネルズの本部を攻撃したが、ビーストとアイスマンが捕らわれてしまった。エグゼビア教授は彼の他の学生が侵入できるように兵器を操作するロボットを混乱させた。
 そのときビーストは調査のためにマスターモールドの所へにすでに運ばれていた。ビーストは精神探測装置の下に置かれて、Xメンの作戦目的を聞かれ、人類を悪のミュータントや他の危険から守ることだと答えた。
 止まった砲座の所からサイクロプスとエンジェル、マーベル・ガールが中に突入し、アイスマンを自由にすることができた。

 続いてビーストは自分のオリジンを明かすことを強制された。
 彼の父は原子力計画で働いているうちに被爆し、職を失って他所の町に移ったときに喧嘩して車道に突き飛ばされ、車をよけるために能力が発現した。能力を生かしたフットボールの選手としての活躍が新聞に載り、教授にスカウトされた。

 ハンクがあまりに多くを明らかにする前に教授がアストラル・フォームでのりこみ、テレパシーで介入してそれ以上調べられないようにできたが、マスターモールドを止めるために攻撃したために察知されて、マイクロ帯電粒子を部屋に放たれた。
 そのため教授のアストラル・フォームは彼の肉体と結び付くにはあまりに弱められて危険にさらされた。そして同時に、サイクロプス達は圧倒的数のセンチネルズによって要塞の中で破られた。

 トラスク博士はマスターモールドにセンチネルズの量産を迫られ、自分の行いを後悔した。


#016 The Supreme Sacrifice!/この上ない犠牲!

 何とか肉体に戻ったエグゼビア教授は通りすがりの車を捕まえて町に向かった。
 捕まったビースト以外のXメンは透明なカプセルに閉じ込められ、各々の能力を使って脱出を図ったが出られなかった。トラスク博士はマスターモールドの分解光線で脅され、センチネルズの量産を手伝うことに渋々従った。

 TV局に戻った教授は残されたセンチネルから、それが止まった原因が近くにあるビルの巨大なクリスタルだと突き止めた。
 ビーストをカプセルに一緒に入れようとした隙を突いてXメンは脱出を試みるが倒され、破壊光線を浴びせられる所を間一髪で教授の運んできた巨大なクリスタルで基地のセンチネルの動きが止まったので助かった。
 クリスタルを運んできたヘリコプターは気流を乱されてそれ以上近づけなかったが、センチネルの動きを止めるのには十分だった。

 新たなセンチネルズがまさに作られようとしたとき、人類を救うためにトラスク博士は機械を壊してマスターモールドと自爆し、燃える基地からXメンは脱出した。
 しかしXマンションでは新たな脅威の影が彼らを待っていた。


#017 ...And None Shall Survive!/...そして、誰も生き残らない!

 Xメンがセンチネルズの要塞を脱出したときに、ビーストとアイスマンは負傷した。彼らは診察のために病院へ連れて行かれた。
 そこでエンジェルは留守電を確認して彼の両親が学園を訪問する予定だと知った。それを聞いたエグゼビア教授は両親に電話して課外授業に出ていたと不在の理由を話し、彼らが自動車旅行で近くまで来たときに数分立ち寄りたいとの要望を聞いた。そしてエンジェルを先に学園に戻した。

 しかしXマンションに到着したエンジェルは姿の見えてないヴィランの罠によって捕まってしまった。
 彼から連絡が途絶えたのでサイクロプスと教授はXマンションに戻った。鳴り出したセレブロの警報を止めると教授にメンタル・ウェーブ・ディストーター(精神波歪曲装置)が巻きついてきた。教授を助けようとするサイクロプスはフォース・フィールドに阻まれ、明かりを消されて暗闇の中で何者かに殴り倒された。
 その後、重症のアイスマンの両親に連絡を取りたいと医者に言われたマーベル・ガールと回復したビーストはXマンションに戻り、すべる通路と催眠ガスの罠にかかって捕まった。

 アイスマンはまだある種の昏睡状態で病院にいて、同じうわ言を続けていた。医者は彼に非常に強力であるが、また、非常に危険な新型の薬をためすより別の選択がないと決めた。
 教授と4人の捕えられたXメンは、気絶している間に鋼鉄のゴンドラに閉じ込められて気球で空に上げられてしまった。
 そんなこととは知らずに学園を訪れたエンジェルの両親を出迎えたのはマグニートーだった。


#018 If Iceman Should Fail..!/もしアイスマンが失敗するならば…!

 ストレンジャーに別の星に連れ去られていたマグニートーは、そこの博物館にあった宇宙船で一人、地球に戻っていた。マグニートーがエンジェルの両親を二階に閉じ込めている間にアイスマンはレーザーによる治療を受けた。

 一方気球ではエグゼビア教授が頭につけられたメンタル・ウェーブ・ディストーターを外して、Xメンを目覚めさせた。マグニートーはエンジェルの両親の細胞を元に自分に従うミュータントを作っていたが、エグゼビア教授からテレパシーを受けたアイスマンに邪魔をされて彼を追いかけ始めた。サイクロプスがオプティック・ブラストで気球に穴を開けて降下してマーベル・ガールが軟着陸させ、戦いに加わった。ストレンジャーが再びマグニートーを捕らえに来たので彼は逃げ出した。

 アイスマンのおかげでミュータントの作成は防ぐことができ、翌朝何もなかったのかのようにエンジェルの両親をもてなした。


#019 Lo! Now Shall Appear -- The Mimic!/見よ! 今、現れるだろう-- ミミック!

 休暇で図書館に行った帰りにビーストとアイスマンは司書のヴェラに片思いしているミミックに襲われた。喧嘩の最中に2人のミュータント・パワーがミミックに現れ、加勢に来た男達に追われて彼は逃げ出した。

 しかし短時間で力を失ったため、ミミックは町で偶然会ったマーベル・ガールの後をつけ、Xマンションにやってきた。次々とXメンの能力をコピーして彼らに挑戦したが、不利になってマーベル・ガールを人質に廃坑へ逃げ込んだ。彼の父はそこで彼の能力を永久化する機械を作っていたのだが、全郡の電流を使うために怒った群衆から機械を隠そうとして死んでしまっていた。

 Xメンがマーベル・ガールを助けている間にミミックは機械を掘り起こした。防ごうとするXメンを制止して、エグゼビア教授はミミックと共に装置にかかった。教授が自らを精神的に短絡させたためにミミックは気絶して装置は火を噴き、全員が廃坑を脱出したところで爆発した。ミミックは全ての能力を失い去っていった。


#020 I, Lucifer.../我、ルシファー…

 Xメンの衣装を着てウーヌスとブロブが銀行を襲い、学園を去ったサイクロプスが彼らに会って止めようとするが一人では無理で周りの群集が騒ぎ始めたので逃げ出した。そこに他のXメンが駆けつけ、ビーストがウーヌスに以前使った光線を浴びせたが、裏で二人を操っていたルシファーによって無力化されていた。群集もXメンの敵となり、勢いづいたブロブ達の足元を戻ってきたサイクロプスのオプティック・ブラストが崩して、2人は地下鉄でどこかへ運ばれていった。

 一方、Xマンションではルシファーの居場所を探すエグゼビア教授が罠にかかって麻痺させられた。マーベル・ガールとテレパシーで会話し、ルシファーにより歩けなくなったときのことを話して彼が異星人であり、その脅威に対抗することがXメンを集めた理由の一つだと語った。

 戻ってきたビーストの作った装置により動けるようになった教授の指揮でXメンはジェットで南西の砂漠に向けて飛び立った。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。