X-Men Vol.1_001~010


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


X-Men Vol.1 #001~010

#001 X-Men/Xメン

 ニューヨーク州のウェストチェスター・カウンティーにある恵まれし子らの学園では、チャールズ=エグゼビア教授がテレパシーで彼の学生を呼び出していた。
 ビースト、エンジェル、アイスマン、およびサイクロプスが到着した後、彼は、彼らのミュータントの才能を磨くために一連の運動を彼らに課した。
 次に、教授は新入生のマーベル・ガールに彼らを紹介し、彼の学校の目的について彼女に説明した。 彼の学生は教育を受けるが、また、彼らは悪のミュータントに対する防御線でもあった。

 一方、ケープ・シタデルでは、マグニートーがロケットが破壊した。翌日、彼は基地全体を占領して、ホモ・スペリオル(すなわち、ミュータント)の名にかけてそれを要求した。
 事件を聞いた教授はXメンを彼らの最初の任務に行かせた。

 サイクロプスは基地の司令官から15分の猶予をもらい、彼らは基地に突入した。マグニートーのフォース・フィールドに穴をあけるのにサイクロプスが彼の目のビームを使用した結果、彼らの存在に彼の注意を引き付けた。

 マグニートーは熱追跡ミサイルの一斉射撃を開始して、それはエンジェルをロックオンした。アイスマンがそれらの大部分を凍らせて、ビーストは最後のものを捕えてマーベル・ガールが海で爆発させた。
 マグニートーは金属の残骸でエンジェルを閉じ込めるとサイクロプスがそれを破壊した。続いてチームは燃えている燃料輸送用トラックを投げつけられ、アイスマンが氷シールドで彼らを覆って守った。そしてマグニートーの近くまでサイクロプスが炎の下でトンネルを掘って強行突入した。
 そのようなパワーと臨機応変さに対応できずに、マグニートーはもう一つのフォースフィールドを準備して空を飛んで逃げ出した。基地を取り戻したことを司令官に報告してXメンは帰途についた。


#002 No One Can Stop the Vanisher!/誰もバニッシャーを止められない!

 エグゼビア教授は、町にいるXメンに学校に戻るようテレパシーで命令した。
 彼らがいったんXマンションに戻ると、教授は、自分をバニッシャーと呼んでいるミュータント・パワーを持った新しいスーパー・ヴィランがいることを知らせた。

 その日のより早く、バニッシャーは国法銀行を襲って略奪し、銀行の警備員から彼の瞬間移動能力を使用することによって逃れた。教授はバニッシャーとの今度の戦いの準備をするために特別のトレーニング任務に彼の学生を送り出した。

 一方、バニッシャーはアメリカ国防総省の防衛力整備計画を盗む意図を発表し、新しく犯罪組織をつくった。
 教授は彼のFBIの情報提供者であるエージェントのフレッド=ダンカンから、バニッシャーが行動を起こす準備をしているという知らせを受け取った。Xメンがバニッシャーを止めるのを助けるように頼まれ、教授はワシントンD.C.に彼らを派遣した。
 バニッシャーはアメリカ国防総省から防衛力整備計画を盗むがXメンによってすぐに囲まれ、短い戦いの後に彼は計画とともに逃げ去った。この一大事にXメンが取り逃がした記事の号外が発行され、彼らの評判は大きく落ちた。

 その翌日、バニッシャーはもう一度現れて、1000万ドルを彼に払わなければ、彼は国の敵に防衛力整備計画を販売すると要求した。次の日、バニッシャーと彼の犯罪軍はその金を受け取りにホワイトハウスの正面に現れ、Xメンが彼らを待っているのを発見した。
 教授は彼の学生の後ろから現れて、彼の力を使ってバニッシャーがテレポートして離れるのを防ぎ、それから彼の記憶を失わせた。無害にされたバニッシャーと犯罪者達はXメンによって簡単に破られた。


#003 Beware of the Blob!/ブロブに注意せよ!

 エグゼビア教授は近くで彼が新しいミュータントを精神的に検出したことを知らせるために、Xメンの最新のトレーニングセッションを中断した。

 Xメンは、ミュータントがカーニバルで働くブロブとして知られているのを発見した。彼らは教授が彼のパワーを試すことができるように学園にブロブを招いた。
 その後、教授はXメンに加わるようブロブを誘ったが、彼は拒否した。Xメンの正体を秘密に維持するため、教授はブロブの記憶を消そうとしたが、彼は逃げてしまった。

 その後、ブロブは他のカーニバルの人々や獣とともに戻ってきて学園を攻撃し始めた。Xメンは次々と捕まって縄で縛られたが、マーベル・ガールがテレキネシスでナイフ投げ用のナイフを使って自由になり、教授がカーニバルの人々の記憶を消せるまで彼らを食い止めた。 記憶を消されたブロブ達はカーニバルに戻り、Xメンの秘密は守られた。


#004 The Brotherhood of Evil Mutants!/ブラザーフッド・オブ・エビル・ミュータンツ!

 Xメンはトレーニングをしていた。エグゼビア教授がマーベル・ガールにテレキネシスを使用して鍵のかかった箱を開ける課題を与え、開けると彼女は中にあったバースデーケーキを見つけた。その日は学校が始まって記念すべき一年目だと教授は説明して皆で祝って食べた。

 一方、他の場所で4人のミュータント(クイックシルバー、スカーレット・ウィッチ、トード、マスターマインド)は夕食をとっていた。マスターマインドは行儀の悪いトードを豚に変えて見せてスカーレット・ウィッチに印象づけようとしたが、彼女は興味がなかった。マスターマインドは彼女を脅かしたが、クイックシルバーは彼の姉を保護するために介入した。

 マグニートーはフリゲート艦を盗んで、大西洋にどこかほかにある彼の秘密の本部にそれに乗って帰った。マグニートーが戻ったとき、トードはクイックシルバーとマスターマインドが戦っていたことを彼に知らせた。クイックシルバーとスカーレット・ウィッチは、それ以上彼のグループのメンバーでいたくないとマグニートーに言ったが、彼はヨーロッパの町で、ミュータント・パワーで納屋を全焼させたスカーレット・ウィッチを殺したがっている荒れ狂う暴徒から、彼が救った恩があることを彼女に思い出させてとどまらせた。クイックシルバーも彼女と共に残った。
 マグニートーと彼のブラザーフッド・オブ・エビル・ミュータンツは、南アメリカの小国サン・マルコを攻撃するために、盗まれたフリゲート艦を使った。

 教授は新聞を読んで攻撃を知って、彼のテレパシーのパワーを使用することでマグニートーに連絡しようとした。教授とマグニートーは、ミュータントと人間の関係に関する彼らの異なる意見について議論した。マグニートーがホモ・スペリオルが世界を支配しなければならないと思っていて、教授は彼らがお互いと共存しなければならないと思っていたために議論は平行線に終わった。

 マスターマインドはブラザーフッド・オブ・エビル・ミュータンツが容易に国を乗っ取ることができるように、サン・マルコの大衆を怯えさせるために幻の軍隊を作って制圧した。

 教授とXメンは、普通のアメリカ人の教授と彼の学生としてサン・マルコに入国した。そして彼らはXメンのコスチュームに着替えて、城にいるブラザーフッドを攻撃した。
 マスターマインドは、Xメンの行く手で火の壁の幻を引き起こすことによって彼らを遠ざけようとした。教授は火が本物ではないと見破って、彼は何も恐れるものがないのを彼の学生に示すためにそれに入った。

 Xメンはブラザーフッドを追撃しようとしたが、宮殿への扉が爆弾のブービー・トラップを仕掛けられているとは知らなかった。ビーストがドアを開けるすぐ前に、教授は危険を感じて彼らを保護するために、Xメンの前に飛び出した。爆発をかわし、サイクロプスがドアを吹き飛ばすとブラザーフッドは宮殿から脱出した。しかしクイックシルバーはその前にXメンとともに国全体を破壊することを目的とした第2の爆弾を解除した。
 教授は意識を回復したが、彼のテレパシーのパワーが爆発の間に使えなくなったことを知った。ブラザーフッドはフリゲート艦でサン・マルコを後にした。


#005 Trapped: One X-Man/捕らわれたXマン

 Xメンとマグニートーとの前回の戦いで、彼のブラザーフッド・オブ・エビル・ミュータンツはエグゼビア教授を負傷させた。そして彼のテレパシー能力を使えなくした。
 Xメンは、教授がいくらかの休息を得て彼の力を回復することができるように希望をいだいてXマンションに連れ帰った。

 Xメンはマーベル・ガールの両親が訪れたのを聞いて、彼らが教授の援助なしで何をするか考え始めた。彼らが訪問者に挨拶できるように、急いで彼らの普通の服に着替えた。
 彼らは教授は不在と断って、ジーン=グレーの両親に大邸宅の案内をした。ハンク=マッコイが空のデンジャー・ルームをそこが体育館であり、彼らが翌週新しい設備を受けとると説明した。
 一同が食堂に入っている間、スコット=サマーズはデンジャー・ルームで偶然残された。そしてビーストのために設計されたプログラムが自動的に始動したので、彼は障害を破壊することによってそこから逃げることができた。デンジャー・ルームの外では、ジーンの両親は何も気づかずにXマンションを去った。
 しかしその近くでマグニートーの手先のマスターマインドがXメンの本部を捜しているのに誰も気がつかなかった。数分後、彼はXメンを見つけられなかったので迎えを呼んで、クイックシルバーと共にアステロイドMに戻った。
 アステロイドMでは、クイックシルバーとスカーレット・ウィッチがXメンを見つけることがなぜそれほど重要かについて、マグニートーに尋ねたので、彼はXメンがいる限りミュータントが世界を支配するという彼の計画に彼らが介入すると説明した。そして、彼はXメンをおびき出すために新しい計画を考案したと説明した。

 Xマンションでは、スコット=サマーズがブラザーフッドを止める計画を考えていた。ボビー=ドレークが彼に一緒にテレビで陸上競技会を見るかどうかについて尋ねると、彼は教授を気にかけないためにボビーをどなりつけた。
 ジーン=グレイが毛布を教授にかけ、ハンク=マッコイとウォーレン=ワーシントン3世は彼女達と共にボビーが見ていたテレビを見た。
 信じられないジャンプを使って陸上競技会に勝つことができた選手がいたので、群衆は彼がペテン師であると思って怒りだした。Xメンは選手がミュータントだと理解したので、彼らは彼を助けるために向かった。腹を立てた群衆からミュータントをいったん救うと、彼らは大邸宅にバスで行った。
 彼らがXマンションの近くのバス停に到着して、ビーストはミュータントについて同じ能力がある者を思い出した。ビーストはそれが実はトード(マグニートーの手先の別のもの)であることを明らかにするために、急いでマスクを脱がせた。
 続いて全部のブラザーフッドがXメンを攻撃するために到着した。そしてマグニートーはエンジェルを捕らえることができた。ブラザーフッドはエンジェルと共に逃れたが、彼らはやむを得ずXメンによって捕らえられたトードを残した。

 アステロイドMに戻って、マグニートーは他のXメンの本部に関してエンジェルを査問したが、彼は言うのを拒否した。そしてマグニートーはエンジェルを洗脳しようと試みた。

 トードが突然トランス状態に陥り、X-メンは彼と共に何をしたらよいかを決めようとした。トードの唯一の考えは、マグニートーのところに戻らなければならないということだった。
 トードはコミュニケータを引き抜いて、空へ向かうカプセルを呼び出した。Xメンはエンジェルを見つけるためにトードと共にどこでも彼が向かっているところに行くと決めた。

 Xメンはブラザーフッドの思いもかけないことにアステロイドMに現れた。マグニートーはXメンを殺すためにエアロックのスイッチを動かすコンソールに向かった。しかし、殺人を大目に見ることができないスカーレット・ウィッチが回路を破壊した。
 マグニートーと2人の姉弟は彼らの忠誠について議論し、Xメンにエンジェルを解放して攻撃をするのに十分な時間を与えた。戦いは宇宙ステーションへ多大な損害を引き起こし、バラバラに壊れ始めた。サイクロプスはすぐ分解する小惑星のセクションで捕らえられた。アイスマンは、エンジェルがサイクロプスを救いに行くことができるように、氷のトンネルを作成しなければならなかった。小惑星が完全に破壊される前に、Xメンは地球に戻るためにカプセルを使った。

 XメンがXマンションに戻ったとき、彼らは何が起こったかを教授に言おうとした。彼はテレパシーを失わなかったので、教授は彼がすべてに知っていたことを彼らに知らせた。Xメンが完全にこの単独の任務を果たしたので、彼らは期末テストに合格した。そして教授は彼らのトレーニングが終了したこと告げた。


#006 Sub-Mariner Joins the Evil Mutants!/サブマリナーがエビル・ミュータンツに参加!

 エグゼビア教授はネイモア・ザ・サブマリナーに関する新聞記事を読み、彼がミュータントかどうかと思い始めた。一方、マグニートーと彼のブラザーフッド・オブ・エビル・ミュータンツも、海洋の中のどこかの島の彼らの新しい本部で同じ事を考えていた。マスターマインドはサイクロプスの幻をマグニートーに見せ、彼の攻撃がスカーレット・ウィッチに当たりそうになったのをクイックシルバーが救い、マグニートーはマスターマインドを叱責した。

 マグニートーは、海洋の下でアストラル・フォームを映し出すことによってサブマリナーを探して募集してみると決めた。教授はXマンションから同じことをしたが、彼の近くでマグニートーのアストラル・フォームを感じたとき、彼のアストラル・フォームを隠すことした。
 マグニートーはネイモアの水中の王国を捜し出したが、荒ぶるネイモアの姿を目撃して彼に近づかないことにした。代わりにマグニートーは他のアトランティス人の一人に接近して、彼と取引をした。マグニートーは彼から伝言をもたらすことと引き換えに、サブマリナーがブラザーフッド・オブ・エビル・ミュータンツに加わるなら彼がアトランティスの新しい支配者になることができると唆した。

 Xマンションに戻った教授は、マグニートーがネイモアを募集するのを試みている事、そして彼がマグニートーの新しい基地がどこにあるかに知っていることを彼の学生に知らせた。Xメンはマグニートーを止めるために船で向かい、ネイモアはマグニートーの秘密の島で会う気になって王国を後にした。
 ネイモアはマグニートーの島にたどり着き、すぐに彼はマグニートーの力と島の中央にある巨大な磁石を使用することで島が動く方法に感心した。

 やがてXメンが到着し、2つのグループの間で戦いが始まった。マグニートーはXメンの船を破壊したが、アイスマンの作った氷の道で彼らは岸にたどり着いた。
 島の中央にある巨大な磁石がすべてを動かしている事をサイクロプスが理解し、彼がそれを破壊しようとするとその前にクイックシルバーが攻撃した。マーベル・ガールがクイックシルバーを鎮圧して捕らえたので、マグニートーは彼ごとXメンを攻撃しようとしたかスカーレット・ウィッチが邪魔したので怒った。このマグニートーの行いに反発したネイモアが機械を壊し、彼らは決裂した。
 Xメンが侵入したのでマスターマインドが作った霧の幻にまぎれて彼とマグニートー、トードは逃げ出した。クイックシルバーを心配するスカーレット・ウィッチはネイモアと残った。
 教授のメンタル・コントロールで動けなくされたクイックシルバーの解放を命じるネイモアと戦いになったが、教授がそれを制止して彼を解放した。
 ネイモアが戦うのにうんざりして彼の王国に帰り始めたとき、マグニートーは彼の巨大な磁石によって攻撃した。ネイモアは、両手で大地をたたいた衝撃波で磁石を破壊して海に帰った。そしてXメンはマグニートーと全てのブラザーフッドがジェット機で退くのを見た。


#007 The Return of the Blob/ブロブの帰還

 エグゼビア教授は彼らの卒業式で彼の学生の写真を撮った。
 その後、彼は若干のやり残しの面倒を見る間、彼らが教授なしで凶悪なミュータントとの彼らの戦いを続けなければならないことを彼らに知らせた。彼はすぐに彼らの中で新しいリーダーを選ぶと彼の学生に話した。

 町の向こう側にある別の大邸宅では、ブラザーフッド・オブ・エビル・ミュータンツが再び集まろうとしていた。
 まずマスターマインドとスカーレット・ウィッチが最初に到着した。マスターマインドはぜいたくな生活と引き換えにスカーレット・ウィッチに手を組むことを申し出たが、彼に耐えることができないので彼女は拒否した。続いてマグニートーと残りのメンバーが到着した。

 学園に戻って、教授はサイクロプスを連れて以前は学園で学生の立ち入りを制限されていた区画に行った。そこで、彼はサイクロプスにミュータントの脳波活動を見つけるのに用いられる彼の発明(セレブロ)を見せた。
 サイクロプスが教授のようなテレパシー能力者がなぜそのような装置を必要とするのかと問うと、それはXメンの新任のリーダーであるサイクロプスによって使われることを目的にしたと教授は答えた。
 エンジェルのアグレッシヴさとビーストの知性が秀でている点を指摘したサイクロプスに、教授は彼の統率力が選んだ理由であることを知らせた。
 翌朝、目を覚ましたXメンは教授がすでに出発したということを知った。彼らは、スコットに彼らの新しいリーダーになることについてお祝いのことばを述べ、お祝いをするために一緒に出かけようと誘ったが、彼は学園でセレブロをモニターしなければならないので断った。

 一方、カーニバルに紛れていたマグニートーは、象や砲弾で動かされることがないブロブの姿を見て彼がミュータントだと思った。マグニートーはブロブの心を探ろうとしたが、教授によってかけられた彼の精神的なブロック止められた。そこに突然、ブロブのマネージャが現れてマグニートーの邪魔をした。パワーを見せつけるマグニートーを集まったカーニバルの労働者が攻撃しようとしたので、ブラザーフッドが彼らを襲った。彼らは皆、ブロブとマグニートー達をおいて逃げた。

 マグニートーは、ブロブにブラザーフッド・オブ・エビル・ミュータンツに加わるよう命令した。最初はブロブはマグニートーを拒否して攻撃したが、マグニートーに跳ね飛ばされた際に彼の心の精神的なブロックが外れた。Xメンに対して報復したくて、ブロブはブラザーフッド・オブ・エビル・ミュータンツに加わるのに同意した。

 Xマンションではブロブの最近の活動をサイクロプスに警戒を促すために、セレブロの警報が突然鳴り出した。サイクロプスは残りのXメンに連絡しようとして、うまくウォーレンと連絡をとり、ジーン達を集めた。

 マグニートーは人気のない工場でXメンに戦いを挑んだ。Xメンの乗ってきたヘリコプターはマグニートーのパワーで分解され、彼らはブロブとブラザーフッドに加えたミサイル攻撃を受けた。
 Xメンの側にブロブがいるにも拘らず、マグニートーはミサイルの第二波を発射した。Xメンはブロブを盾にしてミサイルの爆発を避けた。マグニートーは計画が失敗したので、残りのブラザーフッド・オブ・エビル・ミュータンツに退くよう命令した。Xメンは、彼のチームメートが彼を捨てたので、ブロブを助けると申し出た。しかし彼は他人の戦いにうんざりして断り、去っていった。


#008 The Uncanny Threat of...Unus, the Untouchable!/超人的脅威…ウーヌス・ザ・アンタッチャブル!

 サイクロプスはXメンの最新のトレーニングセッションを見ていた。彼はアイスマンが彼の体をより冷たくすることを含む彼の力を高めるのを助けた。そして彼は雪だるまよりはむしろ、氷のように透明に見えるようになった。厳しいトレーニングの後で、サイクロプスはグループに午後を休みとして与えた。
 ジーンは彼らと一緒に午後の残りを費やすようにサイクロプスを説得しようとしたが、彼は仕事があり過ぎると言いながら拒んだ。この時の彼女の考えから、ジーンがスコットと恋に落ちたことが読者に明らかになった。

 ハンクとボビーがゼルダに会った喫茶店に向かっていると、彼らは屋根から落ちそうになっている子供に出くわした。コスチュームに着替える時間が無かったため、ハンクはそのまま建物の側を登って子供を救い出した。再び地面に戻ってきたとき、それを見ていた群集が彼らの中にミュータントが隠れていたために怒って暴徒と化して彼とボビーを攻撃した。彼らは逃げて、Xマンションに帰ることができた。
 このことに激怒したハンクは、Xメンをやめているとスコットに言った。スコットはどうすべきかわからないので、彼はエグゼビア教授と連絡をとった。彼がそれに関して何もできないと教授は彼に言って、ヨーロッパのハート・オブ・ザ・バルカンの洞窟でルシファーを見つけるための彼の探索を続けた。

 Xマンションを出て1週後に、ハンクは「ビースト」という悪役プロレスラーとして名を成していた。彼の最新の相手は、ウーヌス・ザ・アンタッチャブルという名前の男性だった。
 ハンクはウーヌスを攻撃しようとしたが、彼がウーヌスを叩こうとする度に、彼は見えないフォース・フィールドによって止められた。場外に落ちたハンクは観客の中にマスターマインドがいるのを見て、彼らの視線からウーヌスがミュータントでありお互いを知っていると悟った。
 戦いの後、マスターマインドはウーヌスのロッカールームに向かった。ウーヌスは、彼がまだブラザーフッド・オブ・エビル・ミュータンツに加わることができないのかどうか尋ねた。
 マスターマインドは、最近のネイモアとブロブの失敗のために、ウーヌスがメンバーに加えられる前に彼の誠実さを証明しなければならないことを彼に知らせた。彼の条件は、彼らのためにXメンを見つけるか、またはその内の一人を破るということだった。

 ウーヌスはXメンを見つける方法が分からないので、彼は偶然出くわした銀行強盗から金を奪うことにした。ミュータントの反応を見つけて近くに来ていた4人のXメンはウーヌスに立ち向かったが、彼らが触れることができない敵とどう戦えばいいのかわからなかった。
 ウーヌスは飛び去ろうとするエンジェルにつかみかかった。Xメンが殺人者でないことを知っていたので彼は振り落とされなかったが、結局、近くの屋根に置き去りにされた。

 Xメンはどのようにウーヌスを破るべきか検討するためにXマンションに戻り、Xメンのコスチュームを着たビーストが研究室で奇妙な装置に取り組んでいるのを見つけた。その装置がウーヌスのパワーを増加させるように設計されていることをビーストが彼らに知らせたので、彼が裏切ったと思って攻撃した。
 ビーストが彼の戦略を説明しようとしたが他の人が聞かないので、彼は装置をつかんで窓の外へジャンプした。

 ジムでビーストはウーヌスに装置を使い、彼の力を増加させた。Xメンはジムに到着したとき、すでにウーヌスのパワーが増加した事を知った。最初は、ウーヌスは彼のより強い力に非常に満足していたが、すぐに彼がそれらをもはやコントロールすることができないと理解した。
 彼はマスターマインドを呼ぶ間に一服しようとしたタバコが逃げ、町に出ても食物を含む何にもさわることができないということを知った。ビーストは、彼がブラザーフッド・オブ・エビル・ミュータンツに加わらない限り、装置の効果を逆にするとウーヌスと取引した。ウーヌスは同意してその後彼のレスリング・キャリアに戻りった。そしてビーストもXメンのメンバーに復帰した。


#009 Enter, the Avengers/アヴェンジャーズ、出場

 北大西洋で船が氷山と衝突しそうになっていた。突然、光の2本の赤いビームが船の前部から出て氷山を破壊した。誰かが奇妙なビームがどこから来たかを見ることができる前に、スコット=サマーズと他のXメンは彼らのキャビンに向かって戻った。Xメンはとても厳しく彼の能力を使わなければならなかった後に疲れきったスコットの世話をした。そしてスコットは、エグゼビア教授がヨーロッパに来るように彼に言ったと他のXメンに説明した。
 突然、教授からのテレパシーがあり、ハート・オブ・ザ・バルカンの洞穴で彼の両足を歩けなくした敵であるルシファーの所在を突き止めた事がわかった。教授はもし自分がルシファーを止めることができないなら、彼らが代わりに彼を止めてくれるように彼らに洞窟に来て欲しいとXメンに言った。
 連絡を終えた教授は洞穴へと進み始めたが、サイクロンによってのみ込まれてルシファーの前に彼は運ばれた。教授はルシファーに銃を向けて撃ったが、彼は自分が傷つけられると世界が破滅すると教授に警告した。

 Xメンはバイエルンの村に到着した。同じ頃、アヴェンジャーズもソーのハンマーで検出された地面における奇妙な振動を調査するためそこに到着していた。アヴェンジャーズに会って驚いた観光客から彼らのことを聞いたスコットは、ウォーレンに付近を偵察させた。

 一方、洞窟ではルシファーが彼の心臓の鼓動が止まったら世界的な損害をもたらしながら爆発する巨大な熱爆弾を造った事を教授に明かしていた。ルシファーはXメンがヨーロッパに到着したのを知ったので、彼らに向かってイオン光線を発射した。しかし彼らがそれを避けることができるように、教授はアストラル・フォームで彼の学生に光線の発射について事前に警告することができた。
 教授からのテレパシーでXメンは爆弾のことを教えられ、ルシファーに会っても傷つけられない事を知った。

 Xメンとアヴェンジャーズが出会い、話も聞かずに邪悪の根源を絶つというソーを止めるためにサイクロプスがオプティック・ブラストでムジョルニアを弾き飛ばし、2つのグループの間で戦いが始まった。
 ルシファーがそれを見て教授に助けが来ない事を知って勝ち誇った。教授は能力を使ってルシファーの心拍を変えることなく彼を気絶させ、起こっていたことに関してテレパシーでソーに説明した。ソーが他のアヴェンジャーズの戦いを止め、後をXメンに任せて彼らは出発した。

 Xメンが爆弾の信管を外すことができるように、教授は彼らを自分のいる場所に導いた。
 教授は爆弾の弱点を見つけるために彼の力を使って、サイクロプスにフルパワーの極細のオプティック・ブラストでヒューズを切らせた。ルシファーが目覚める直前に、爆弾は解除された。ルシファーは爆弾を製造するために10年かかったと彼らに話した。
 教授は自分は彼との戦いで脚を永久に使用できなくなったが、ルシファーは小さな障害を受けただけだと言い、Xメン達は彼の洞窟の中にルシファーを残して去った。


#010 The Coming of... Ka-Zar!/ケイザーの…来訪!

 デンジャー・ルームの訓練にエンジェルが姿を見せなかったので、他のXメンは彼の部屋に探しに行った。彼はそこで南極大陸の近くで科学者を救った野蛮人に関するニュース放送を見ていた。彼が変異体であると思って、Xメンは野蛮人を見つけるために南極大陸に向かった。

 南極大陸に達した後に、サイクロプスのオプティック・ブラストでトンネルを掘り、隠れた洞窟からXメンはサヴェッジ・ランドについた。そこでは恐竜と前史時代の動物が共存していた。エンジェルは空から偵察に向かった。
 地上に残ったメンバーは、モアのような巨鳥に乗って現れた原住民のスワンプ・メンに攻撃を受け、火山性ガスを入れたガス玉を使った攻撃に倒れている隙にマーベル・ガールが誘拐された。叫び声をあげながら剣歯虎を連れて現れた野蛮人が彼らを追いかけたが、沼地に逃げられてしまった。
 その男性はケイザーと名乗り、体に触れられるのを嫌がってXメンと少し争ったが彼の敵である類人猿のマアゴルが乱入した。マアゴルを退けたあと、Xメンと和解したケイザーは共通の敵であるスワンプ・メンからマーベル・ガールを救うのを援助することに同意した。

 一方、エンジェルは網の罠にかかり、スワンプ・メンに捕らえられてマーベル・ガールと再会した。彼女は彼らが共に生贄にされることを彼に知らせた。奇妙なピラミッドの上でティラノサウルス・レックスが解き放たれ、2人の無力なXメンを追いかけた。
 Xメンとケイザーは、彼らの友人を救うためにちょうど間に合うように到着した。ケイザー達は剣歯虎のザブーを先頭に正面から砦に向かった。
 マーベル・ガールはティラノサウルスをテレキネシスで転ばせ、その間にエンジェルのロープを解いて逃げようとしたが、彼の足にスワンプ・メンが追いすがった。ビーストは単独で壁を登り、上から攻撃してくるスワンプ・メンを片付け、サイクロプスのオプティック・ブラストで壁を破った。ケイザーはマストドンの群れを呼び、砦を蹂躙してエンジェル達を助け出した。

 その後、サイクロプスはケイザーの助けに対して感謝しようとした。しかし、ケイザーはサヴェッジ・ランドから去って、決して戻って来ないように彼らに言うだけだった。
 Xメンがサヴェッジ・ランドを去った後、ケイザーはマストドンに命令して外部に通じるトンネルを埋めた。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。