Death of Gwen Stacy


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

デス・オブ・グエン=ステーシー

 前回ハリー=オズボーンはLSDを飲み、それで精神病患者になった。グウェン=ステーシーとM=J=ワトソンがハリーの枕元にいて、スパイダーマンとしてのピーターが彼らのアパートの窓を通して見ているところからこの話は始まる。

 オズボーンの主治医レイは、ハリーが再びドラッグを飲んでいるとグウェンとMJに言った。彼はLSDの効果を相殺するために精神安定剤、トラジンの注射をハリーに与えた。
 スパイダーマンは屋根で素早く着替えて、次に彼がノーマン=オズボーンのところに向き合うために入ると決めた。ノーマンはハリーに起こったことをピーターのせいにした。
 デイリー・ビューグルのビルへ行く途中のピーターは、モントリオールとニューヨークの間で気候の変化から風邪をひいたと感じた。彼のモントリオールで割り当てられた仕事からハルクの若干の写真を届けているビューグル社でロビー=ロバートソンと話している間、J=ジョナ=ジェームソンが中に入ってきて、「この病気に支配された脅威を私の建物から追い出す」ようにピーターについてロバートソンに言った。ピーターが去る前に、ロビーがジェームソンに写真のためにおよそ200ドルのボーナス小切手を彼に送らなければならないと指摘した。

 ノーマンが彼の息子の枕元を出るとき、彼は父親としてどのように彼に失敗したかを考え始めた。次に彼は幻覚を起こし始めて、彼の敵のスパイダーマンが来るのを見て、まもなくアパートから通りの外にマンハッタンの下側のイーストサイドに着くまで逃げた。そこは彼がもう少しで忘れるところだった彼のグリーン・ゴブリンの身の回り品がある場所だった。そしてゴブリンの人格に戻った後に、彼はグウェンを誘拐すると決めた。

 グウェンはグリーン・ゴブリンが飛んで来るの見えたとき、ピーターとハリーのアパートの窓に立ってハリーを助けようとした。
 スパイダーマンがアパートについたとき、彼はグリーン・ゴブリンによって取り残されたカボチャ型ランタンと肩掛け鞄を見つけた。彼はグウェンが誘拐されて、彼がゴブリンがいるところを見つけるために彼のスパイダー・センスに頼らなければならないとすぐに理解した。
 彼のスパイダー・センスはオリジナルのパイダーマンのコミックスでは彼をノーマン・オズボーンのお気に入りの大統領である、ジョージ・ワシントン・ブリッジと呼ばれるニューヨーク市の橋に導いた。しかしそこで彼はグリーン・ゴブリンが動かないグウェン=ステーシーの隣に立つのを見つけた。(この場面はブルックリン・ブリッジのように描かれている。これは後で将来の改作された話ではブルックリン・ブリッジに変わったが、オリジナルの話ではジョージ・ワシントン・ブリッジとして書かれていた)
 橋でスパイダーマンはグウェンの所に行こうとするが、彼が持つすべてでゴブリンと戦わなければならなかった。ゴブリンがグウェンを橋から落として急襲するまで、彼らは戦った。スパイダーマンは彼女を救いに行き、そして彼のクモ糸が彼女を捕えて彼女の首は折れ、そして彼女は即死した。
 グウェンが死んでいると理解するまで彼女の生命のない身体を抱きかかえて、スパイダーマンは彼自身をほめた。
 ゴブリンは「お前のクモ糸が彼女に届く前に彼女は死んでいた! 地面をたたく前にその高さからの落下では誰でも死ぬ」と言って、彼をなじった。
 片腕でスパイダーマンはグウェンの死体を保持すると、彼の拳を上げてゴブリンを破壊して彼が愛していた女性の死に償わせると誓った。

 最後のページで、「The Night Gwen Stacy Died/グウェン・ステーシーの死んだ夜」という話のタイトルが明かされる。

 余談だが、この回が発行された時にグウェンの死因が既にグリーン・ゴブリンに殺されていたのか、スパイダーマンのクモ糸が彼女を捕えた時に彼女の首が折れたのかでファンの間で問題になった。その回答はAmazing Spider-Man #125の投書欄でロイ・トーマスに後者だと説明された。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。