Kree-Skrull War


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クリー・スクラル・ウォー

The Only Good Alien...Is A Dead Alien!/良い異星人は……死んだ異星人だけだ!

 キャプテン・マーベルはアヴェンジャーズのクイックシルバー、スカーレット・ウィッチとヴィジョンによって跡をつけられていた。そして彼らはマーベルの援助に来ていると信じさせようとした。短い戦いの後、キャプテン・マーベルはリック=ジョーンズによって撃たれた弾丸で気絶させられた。ヒーロー達は、それからマーベルを彼のために準備された汚染除去椅子がある近くのケープケネディ病院に急送した。マーベルがそれに接続されてスイッチが入れられ、リックはベストを期待した。そうでなければ、彼は長年の友人を破滅させることになるからだ。

 時は戻ってそれ以前の夕方。音楽の公演をしていたリック=ジョーンズはキャプテン・マーベルによって精神的に連絡をとられた。ギグから離れたリックはマーベルによって、彼が地球にいるときにマーベルが住んでいるネガティヴ・ゾーンの牢獄から出る方法を発見したことを知らされた。
 彼はネガティヴ・ゾーンでごく最近のMr.ファンタスティックの冒険を見て、ファンタスティック・フォーにはゾーンに出入して旅行するための手段があると知り、そして、それは彼らの共有された存在から彼とリックを解放する方法であるかもしれないと説明した。(訳者注:当時キャプテン・マーベルはゾーンに捕らえられ、存在を共有したリックと入れ替わることで地球に現れていた)
 バクスター・ビルに旅行して、リックはキャプテンがファンタスティック・フォーの本部に侵入して、リックを解放するのにそこでネガティヴ・ゾーンの入り口を使用できるように、マーベルと入れ替わった。FFの本部でのマーベルの侵入は、アラームに答えるよう唯一の手があいているヒーロー達(クイックシルバー、スカーレット・ウィッチとヴィジョン)に警告した(FFは任務で離れていて、大部分のその他のアヴェンジャーズも彼らの最後の任務から戻ってなかった)。
 アヴェンジャーズはキャプテン・マーベルがリックを自由にすることに成功するのを見るためにちょうど間に合うようにバクスタービルに到着した。しかし、彼も不注意にアニヒラスをネガティヴ・ゾーンから同様に自由にした。ネガティヴ・ゾーンのポータルにアニヒラスを押し戻そうとする戦いの間、キャプテン・マーベルが受けるアヴェンジャーズの注意がそれている間に彼らのクインジェットのうちの1機を盗んだ。彼らはリード=リチャーズの放射線発見装置のうちの1台から、ネガティヴ・ゾーンでのすべての時間がマーベルを放射線の変なコンディションにさらし、そして彼らが彼を探し出さなければならないとすぐに理解した。

 そして現在に戻り、医者はネガ放射があまりに強いと説明し、ヴィジョンが彼の体からの太陽エネルギーが多分放射線と戦うことができるだろうということを示唆した。そのエネルギーをマーベルに向けるために装置を組み立てて、ヴィジョンはマーベルの命を救うのを助けた。しかし、彼らは意識不明になった。

一方クリー銀河では、ロナン・ザ・アキューザーがスプリーム・インテリジェンスにクーデターを起こして部屋を壊し、そこで彼の嫌いな敵のキャプテン・マーベルが弱っていることを知らされた。ロナンは彼の力を使って、なんとかケープケネディに保存されているクリー・セントリーを復活させることができた。セントリーはマーベルがいる病室へ向けて動き始めた。

Judgment Day/審判の日

 ロナン・ザ・アキューザーは、弱められたキャプテン・マーベルを殺すために地球のクリー・セントリーを復活させた。マーベルをケープケネディ病院まで追って、セントリーはスカーレット・ウィッチ、クイックシルバーとヴィジョンとの戦いを切り上げた。戦いの間にセントリーの任務は、マーベルを捕らえてアタヴァス計画を開始するために変化した。マーベルは囚人となりセントリーはテレポートして消えた。
 キャロル=ダンヴァースに事件を報告して、アヴェンジャーズはマーベルを捜し求めるために出発した。その途中で、リック=ジョーンズは、彼らがちょうど戦ったクリー・セントリーの歴史を説明した。

 3人のアヴェンジャーズとリックがアヴェンジャーズ・マンションに戻ってすぐ、ゴライアスから彼らが彼と共にワスプとイエロージャケットによってされた救難連絡に答えるように頼む呼び出しを受けた。
アヴェンジャーズはアラスカに旅行して、ワスプだけを見つけた。そして彼女とイエロージャケットが北極圏を探検していた間、彼らが見知らぬ熱帯島に出くわしたと説明された。その島の有史以前の昆虫の1つを呼び出して、彼らが奇妙であると感じ始めるまでより近くで乗るのを試みた。イエロージャケットはそれからワスプをノックアウトして、それにさがれと命じた。彼女が戻って来たとき、彼女はイエロージャケットが彼女を追い払ったとわかった。
 アヴェンジャーズは奇妙な森林を捜して、多くの奇妙な有史以前の生物を見つけ、彼らはロナンとセントリーに攻撃された。戦いの間、セントリーはゴライアスをそれの奴隷に変えて、彼の仲間に向かわせた。戦いの間、ワスプはノックアウトされて、すぐイエロージャケットによって見つけられた。彼は原始人に退化されていた。

Take One Giant Step -- Backward!/大きな一歩を--過去に!

 アヴェンジャーズがセントリーとゴライアスと戦うとき、ロナンはクリーが地球を占領できるように人類を退化させると企みを説明した。戦いが激しくなり、ゴライアスは破られてスカーレット・ウィッチとヴィジョンは人質に取られた。囚人として、彼らはお互いに対する自分達の気持ちを述べた。一方の場所では原始人になったイエロージャケットが他の原始人からワスプを保護していた。
 クイックシルバーとリック=ジョーンズはロナンの基地に侵入して、何とかキャプテン・マーベルと他の者を解放して反撃を開始した。ロナンは宇宙にいる自分の軍によってスクラルズがクリー宇宙に侵入したことを知らされ、やむを得ず撤退した。その出発のときにセントリーは自爆し、そして、熱帯を維持して人間を退化させる装置は逆にされて、原始人に変えられた者は元に戻された。

All Things Must End!/万物は終わらねばならぬ!

 クイックシルバー、スカーレット・ウィッチとヴィジョンが前回の任務の後に1日をリラックスして過ごしていた時、突然ジャービスがやってきて、新聞で彼らが北極で救った男性が言ったというメディアへの狂乱を引き起こした話の報告をした。
 ゴライアスも加って、アヴェンジャーズはTVでインタビューされているH=ウォーレン=クラドックが惑星のあらゆる異星人を捜し出して見つけると誓う、エイリアン・アクティヴィティーズ・コミッションの長に任命されて、彼らが153人の疑われた個人のレポートを持っていると述べ、誰が異星人種族であるかが探って彼らがアヴェンジャーズ・マンションを含むすべてのソースをチェックするというテレビのレポートを見た。
 アヴェンジャーズはキャプテン・マーベルとリック=ジョーンズをすぐに加えて、現在の状況について何をするべきか討論し始めた。そのとき、彼らはキャロル=ダンヴァースの到着について警告され、彼女のヘリコプターがほとんど墜落するときにキャプテン・マーベルとアヴェンジャーズは彼女を救い入れた。
 彼らは、物事がまっすぐにされるまで彼女と一緒に行って隠れて、S.H.I.E.L.D.のジェット大隊を逃れなければならないと、マーベルに納得させた。
 それから、アヴェンジャーズはクリー種族との彼らの最近の関係について官僚の委員会とファンタスティック・フォーに答えるために、ワシントンに行った。委員会の間、リック=ジョーンズは、マーベルが困っていて部屋から飛び出す心像を受けた。ジョーンズを必要とするクラドックによって午後にあるミーティングは休会された。
 アヴェンジャーズは家に帰って、デモ参加者がマンションに侵入して、それを破壊したのを知った。ジャーヴィスが立つのを援助するとき、彼らの所にキャプテン・アメリカとアイアンマン、ソーが訪ねてきて、彼らにアヴェンジャーズが解散したので、すぐに大邸宅を出るように命令した。

This Beachhead Earth / A Journey To The Center Of The Android! / War Of The Weirds!
/橋頭堡は地球 / アンドロイドの中への旅! / 異様な戦争!

 キャプテン・アメリカとアイアンマン、ソーが人気のないアヴェンジャーズ・マンションに到着した。突然、ヴィジョンが勢いよく部屋に飛び込んで意識不明になり、彼らはヴィジョンを修理するのを助けるために、ヘンリー・ピムを(彼のアントマンのスーツを着た状態で)呼び出した。小さいアヴェンジャーはアンドロイドの「免疫システム」と戦い、シンセゾイドを何とか蘇らせた。
 ヴィジョンはこの瞬間までの出来事、北極での戦い、エイリアン・ヒステリーにおける暴動、H=ウォーレン=クラドックの政府傍聴、そして、最終的にキャプテン・アメリカとアイアンマン、ソーがアヴェンジャーズを解散させた事実について彼らに説明した。彼らはそれらの出来事に覚えがないのでショックをうけた。
 ヴィジョンは、彼らが解散するよう命令した後の事について説明を続けた。彼らはキャプテン・マーベルに会いに行ってすぐ、彼らがMr.ファンタスティックとシングとヒューマン・トーチと戦い、3頭の牛に形を変えられたスクラルズだったことがわかった。クイックシルバーとスカーレット・ウィッチは破れて捕らえられたが、ヴィジョンは彼の密度を変えるパワーのおかげで何とか逃げられた。ヴィジョンが彼の話について説明した後、アヴェンジャーズは彼らの友人とマーベルを救うと誓った。

 一方農場ではキャプテン・マーベルとキャロル=ダンヴァースがスクラルズに捕まっていた。彼らはモニターでファンタスティック・フォーのメンバーに変装するスクラルズが残りの捕まっていないアヴェンジャーズのゴライアスに忍び寄るのを見た。ゴライアスとリック=ジョーンズがスクラルズによってすぐに見つかって同様に捕えられた。スクラルズは彼らが地球へ最初に訪問した者達の一部で、当時結成されたファンタスティック・フォーによって破られて、彼らが牛であったと思う催眠術をかけられていたと説明した。
 キャプテン・アメリカ、ソー、アイアンマン、およびヴィジョンは、彼らの友人を救うために農場に到着した。農場の中ではキャプテン・マーベルが何とか自分とキャロル=ダンバースを解放した。アヴェンジャーズは「ファンタスティック・フォー」と戦ったが、マーベルはオムニ・ウェーブ・デバイス(クリーの通信機で有名な兵器)を創造し始めた。しかしながらマーベルは真実を理解し、「キャロル」がスーパー・スクラルの変装だと気付き、スーパー・スクラルが彼からそれを取ることができる前に彼はそれを破壊した。
 しかし、スーパー・スクラルはなんとかマーベルを破り、農場で宇宙船を発射する準備をした。アヴェンジャーズは彼らの敵のスクラルを破って、船が逃げるのを止めようとしたが最終的に失敗した。

More Than Inhuman! / 1971: A Space Odyssey / Behold The Mandroids!
/インヒューマン以上 / 1971年:宇宙の旅 / マンドロイドズを見よ!

 (訳者注:いずれのタイトルも小説「人間以上」「2001年宇宙の旅」「この人を見よ」のパロディとなっている)
 アヴェンジャーズは今彼らの捕虜としてアヴェンジャーズ・マンションに3人のスクラルズを捕まえていた。そして、Mr.ファンタスティックに事件を報告している間、彼らはヴィジョンがいくなっていたとわかった。ヴィジョンはアヴェンジャーズから逃げたスクラル船のあとについて行って、船に密航していた。
 船の中では、スーパー・スクラルがクイックシルバー、スカーレット・ウィッチ、およびキャプテン・マーベルを人質として抑留していて、彼らをスクラル皇帝に渡すのを計画していた。しかしその前に彼らの支配の道における破壊すべきもう一つの障害、インヒューマンズの隠された都市があった。
 ヴィジョンはこの試みを妨げたが、隠された都市にはスーパー・スクラルの攻撃からそれを保護するディフェンスがあった。ヴィジョンは、彼のパワーがスーパー・スクラルにはかなわないとわかって、彼が救うのを計画している者の命を危険に晒さないようにいなくなった。

 舞台はスクラル本星に移って、スーパー・スクラルが到着して皇帝に彼の囚人を渡す王座のある公式謁見室まで進んだ。
 そこで、彼らがクイックシルバーとスカーレット・ウィッチを破壊すると脅迫して、マーベルにオムニ・ウェーブ・デバイスを造ることを強制し、マーベルはやむを得ず同意した。そして、2人のミュータントは助かった。

 一方地球に戻って、アヴェンジャーズが差し迫っている攻撃をニック=フューリーによってこっそり教えられて、彼らは次の動作の方針を理解したとき、H=ウォーレン=クラドックが彼らを捕らえるためにマンドロイドズの軍隊と共に到着した。
 アヴェンジャーズがハイテクアーマーのスーツを着たこれらの人間と戦うとき、インヒューマンのトリトンは、どうやら何らかの大任で到着してマンホールから這い出た。

Something Inhuman This Way Comes..!/インヒューマンが道をやってくる!

 (訳者注:タイトルは小説「何かが道をやってくる」のパロディとなっている)
 アヴェンジャーズはマンドロイドズによって破られるかに見えた、しかしながらアイアンマンが彼自身のパワー・ポッドからエネルギーを別ルートでマンドロイドズに送って、対立するバトル・スーツを強制停止させた。
 すぐにアヴェンジャーズは、異星人だと思って怒った人間のモッズ(1960年代に現われた英国の若いビート族。特に大胆な衣装を気取って着た10代の若者)によって攻撃され負傷したトリトンを助けにいった。
 トリトンは彼のリーダー、ブラック・ボルトがサンフランシスコに追放されている間に、彼の兄弟である狂気のマキシマスがインヒューマンズの隠された都市を乗っ取ったのでアヴェンジャーズを捜しにきた、と説明した。
 ヴィジョンが彼らにスクラルズの囚人である友人がいるという事実を連絡したとき、アヴェンジャーズは2つのチームに分かれた。キャプテン・アメリカ、ゴライアスとリック=ジョーンズは、トリトンとサンフランシスコへ旅立ち、ソーとアイアンマンはクイックシルバーとスカーレット・ウィッチ、およびキャプテン・マーベルを見つけるために宇宙でヴィジョンと合流しにむかった。

 サンフランシスコでは、ブラック・ボルトと彼の友人ジョーイが、ボルトの能力を利用することを望んでいるストリートギャングによって動けなくされていたが、彼らはアヴェンジャーズのタイムリーな干渉によって救われた。ブラック・ボルトはインヒューマンズの隠された都市への彼らの旅行に合流した。

 ニューヨークに戻っている間、ヴィジョンは彼の僚友がインヒューマンズを守るのを援助することが、おそらく最高であると判断して、ブラック・ボルトがマキシマスによって立てられたバリアを破壊するために彼の力強い声を使うちょうどその時、彼とソーとアイアンマンはインヒューマンズの隠された都市に旅していた。
 アヴェンジャーズは、バリアの向こう側でインヒューマンズの部隊が彼らを待っているのを発見した。速い戦いの後、マキシマスは退位してブラック・ボルトがインヒューマンズの然るべきリーダーとして戻った。
 その後、アヴェンジャーズは彼らの捕らえられた僚友を救い出すために宇宙に旅行すると誓った。

The Andromeda Swarm!/アンドロメダ昆虫群!

 (訳者注:タイトルは小説「アンドロメダ病原体」のパロディとなっている)
 S.H.I.E.L.D.の宇宙ステーションに入って、捕らわれているクイックシルバーとスカーレット・ウィッチ、およびキャプテン・マーベルを救うためにアンドロメダ銀河に旅行できるように、スペースシャトルの使用がニック=フューリーによってアヴェンジャーズに承諾された。
 宇宙に旅行している間、スクラル艦隊にぶつかってそれらと戦いになり、侵略軍を食い止めて何とか先導船に入った。
 スクラル本星に上陸した彼らに、皇帝は彼が武器として使う予定であるオムニ・ウェーブ・デバイスを作製するためにマーベルを操っていたことを明らかにした。しかしマーベルは彼自身のホログラフィック幻像を投射するために装置を使って、彼自身と彼の友人を自由にするために戦い始めた。皇帝は彼の艦隊に、通信を止める前にデルタ計画を始めるよう命令した。
 ワンダの生命への出来事とリスクに関して怒り狂っていたヴィジョンは、デルタ計画が地球を完全に破壊する計画であることを知るために船長をほとんど撲殺した。キャプテン・アメリカは、この計画で利用されることになっているスクラルの船を止めるために死ぬかもしれない任務についてゴライアスを行かせた。

 その間、クリー本星では、クリーによって捕らえられていたリック=ジョーンズがロナン・ザ・アキューザーの前で連れて来られた。ロナンはスプリーム・インテリジェンスと共にリックを監禁させた。そこでスプリーム・インテリジェンスはリックがクリー・スクラル戦争の重要な部分であると説明して、リックをネガティヴ・ゾーンに輸送する次元ゲートを開いた。そこに到着したとき、リックは彼を待っていたアニヒラスを見つけた。

Godhood's End!/神性の終わり!

 (訳者注:タイトルは小説「幼年期の終り」のパロディとなっている)
 気付くと、リック=ジョーンズはアニヒラスの思うままにアニヒラスにいた。彼はアニヒラスが彼を攻撃する前に、彼がここにいるように導いた出来事をよく考えた。
 突然、フォース・ボルトがリックの心から放たれてこの脅威をたたいた。そしてリックはすぐ、クリー本星のスプリーム・インテリジェンスの部屋に輸送して戻されているのに気付いた。
 スプリーム・インテリジェンスは人類の最大限の可能性でパワーを与えられるとリックに説明した。
 ローナンと軍の兵隊がリックとスプリーム・インテリジェンスを処分するために入るとき、リックはクリー軍人を撃退するために1940年代からスーパーヒーローの複製を呼び出すのに彼の新しく見つかった力を使った。兵士達を破ったのに続いて、次にリックは、クリーとスクラル種族のすべてのメンバーを停止させ動けなくするのに彼のパワーを使用し、事実上、クリー・スクラル戦争を終わらせた。
 これにより、結局リックから彼のすべてのパワーは無くなり、彼は意識不明になった。スプリーム・インテリジェンスは彼の部屋にアヴェンジャーズとキャプテン・マーベルを召喚し、彼らは皆、リックの命を救うのに彼らのいくらかの生命力を集めて使用するのに同意した。
 そうした後に、彼らは全員がアヴェンジャーズ・マンションに戻った。ただ一人、行方不明になったゴライアスを除いて。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。