The Galactus Trilogy


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ザ・ギャラクタス・トリロジー

"The Coming of Galactus"/ギャラクタス襲来

 シルバー・サーファーがアンドロメダ星雲を通って急上昇して、スクラルズの注意を引いた。彼らは、どこにシルバー・サーファーが現れようとも、彼の主人(ギャラクタス)がはるかに遅れているはずがないということを知っていた。スクラルズはおびえて、彼らの世界をサーファーの認識から隠すために彼らができることすべてをした。
 地球に戻って、ファンタスティック・フォーは、全ての地平線が炎でのみ込まれるのが現れていたのを目撃した。バクスター・ビルでリードは状況を分析するために彼の研究所内に篭った。
 空の炎は消えて、宇宙ゴミの果てしないフィールドに変わった。ウォッチャーとして知られている強力な存在が、リードの実験室の中に現れた。彼は、大気の擾乱に責任があると説明し、彼がシルヴァー・サーファーの注意から地球の存在を隠そうとしていた。
 彼はサーファーが全世界の基本的なエネルギーを消費してただ乾いた生気のない殻を後に残す強力な宇宙存在、ギャラクタスの先ぶれであるとさらに説明した。
 サーファーはウォッチャーのデブリのフィールドを調査して、その下に隠された地球を見つけた。彼はバクスタービルの屋根に飛んで、ギャラクタスのために宇宙信号を出した。ファンタスティック・フォーはビルの最上階に駆けつけて、シングはサーファーに打ち込み、ビルから彼を打ち落とした。
 頭上の空では、ギャラクタスの惑星をむさぼり食う世界船が、マンハッタンの上空に現れた。巨大なギャラクタスは船を出て、全世界を消費するという彼の意志を宣言した。

"If This Be Doomsday"/これが世の終わりであるならば

 ウォッチャーは地球を放っておくようにギャラクタスに求めようとした。外交が働かないとき、ヒューマン・トーチとシングはギャラクタスに何の効果もない攻撃をしようとした。
 ウォッチャーは彼らの基地に戻るように彼らに言い、そして彼はまもなく彼らと連絡をとった。
 ギャラクタスは、彼の惑星をむさぼり食う装置を組み立て続けていた。そして、ウォッチャーは彼を止めることができる装置がギャラクタスの船にあると説明した。ウォッチャーは、それを得るためにヒューマン・トーチを送った。
 その間、意識を無くしたシルバー・サーファーはアリシア=マスターズのアパートで目覚めた。
 彼女は、サーファーの任務を知って、彼の主人に反抗させて、地球を救うのを助けるように彼に求めた。

"The Startling Saga of the Silver Surfer!"/シルバー・サーファーのサーガの始まり!

 シルバー・サーファーは彼の元主人を攻撃するために到着した。そして、ジョニーに彼がアルティメット・ヌリフィアーとともにギャラクタスの船から帰るのに必要な時を与えた。
 リードがギャラクタスに対してそれを使うと脅迫するとき、リードが彼に武器を返すならば、ギャラクタスは地球を危害を与えないで去ることに同意した。
 彼の言葉の通りにギャラクタスは去ったが、その前にサーファーは地球を決して去ることができないようにバリヤーをはった。
 戦いの後、アリシアはシルバー・サーファーの援助に対して彼に感謝した。そして、嫉妬深いシングが彼女が彼よりサーファーを選んでいると思う原因になった。彼は拒否だけを感じて静かに去った。
 生活が普通に再開して、報道はギャラクタスの大失敗を悪ふざけとしておしまいにした。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。