Cyclops (Scott Summers)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サイクロプス(スコット=サマーズ)

所属ユニバース マーベル・ユニバース 学識 恵まれし子らの学園の大学学位、大学院のコース
本名 スコット=サマーズ 身長/体重 187.5cm/96kg
別名 "スリム"
以前は スリム=デイスプリング
ミューテート #007
エリック・ザ・レッド
目の色/髪の色 茶(力を使用すると照り映える赤)/茶
正体 公的に知られている 能力 下記項目を参照
職業 エグゼビア高等教育院の共同校長
冒険家
元学生
元ラジオアナウンサー
元パイロット
才能 特になし
市民権 アメリカ 初出誌 X-Men #1 (1963)
出生の場所 アラスカ州(アンカレッジ) オリジン掲載誌 Uncanny X-Men #156 (1982)
Classic X-Men #41-42 (1989)
X-Men #39-42 (1967-1968)
知られている親類 フィリップ=サマーズ(祖父)
デボラ=サマーズ(祖母)
クリストファー=サマーズ(コルセア、父親、故人)
キャサリン=アン=サマーズ(母親、故人)
アレクサンダー=サマーズ(ハヴォック、兄弟)
ガブリエル=サマーズ(ヴァルカン、兄弟)
ジャック=ウィンターズ(ジャック・オダイヤモンズ、元養父)
ジーン=グレイ=サマーズ(フェニックス、妻)
マデリーン=プライヤー=サマーズ(前妻、故人)
ネイサン=クリストファー=サマーズ(ケーブル、息子)
ジョン=グレイ(義父、故人)
エレイン=グレイ(義母、故人)
サラ=グレイ=べイリー(義理の姉妹、故人)
アリヤ=ジェンスコット(息子の妻、故人)
タイラー=デイスプリング(ジェネシス、孫息子、故人)
ストライフ(息子のクローン、故人)
重大な話 Xメンに参加 (X-Men #1, 1963)
副リーダーに任命 (X-Men #7, 1964)
ジーン=グレイと交際開始 (X-Men #32, 1967)
新しいXメンを訓練 (X-Men #94, 1975)
ジーン死亡を信じてXメンを去る (X-Men #138, 1980)
父親と復縁 (Uncanny X-Men #154, 1982)
マデリーンと結婚 (Uncanny X-Men #175, 1983)
ネイサン誕生 (Uncanny X-Men #201, 1986)
Xファクターを共同設立 (X-Factor #1, 1986)
ネイサンを未来へ贈る (X-Factor #68, 1991)
ジーンと結婚 (X-Men #30, 1994)
ネイサンを未来で育てる (Adventures of Cyclops and Phoenix #1-4, 1994)
アポカリプスと合体 (Uncanny X-Men #377/X-Men #97, 2000)
アポカリプスから解放 (X-Men: The Search For Cyclops #1-4, 2000-2001)
エマとの精神の不倫開始 (New X-Men #128, 2002)
学校の共同校長になる (Astonishing X-Men #1, 2004)
提携グループ Xメン
元トゥエルブ
元Xファクター/Xターミネーターズ
特殊装備 サイクロプスが無作為の放出を防ぐために着けているマスクは、裏側が粉のルビー・クォーツ・クリスタルで覆われている。
それは2個の縦に取り付けられた平坦なレンズを組み込んでいて、可変な放出口を備える。
小型電気モーターのツイン・システムによって貝のように開閉が操作され、安全装置としてスプリングによって供給された一定の締圧で閉められている。
マスク自体はハイインパクト環状化合物プラスチックで作られている。
指で操作する最優先の制御機構がマスクの両側面にもあり、通常は手袋の親指につけられたどちらかの平坦なマイクロ・スイッチを通して操作する。

【能力】

 サイクロプスには、彼の目がこの宇宙と別の宇宙の間の次元間の開き口のように、無慈悲なルビー色の衝撃力のビームを放射するミュータント能力がある。サイクロプスの身体は彼の体細胞が環境から絶えず日光などのような周囲のエネルギーを吸収する。
 サイクロプスの精神は開き口を維持する力に慣れているサイオニック・フィールドを発生させている。このフィールドが彼の身体をおおうので、彼の身体と衝突すると自動的に他次元の粒子をそれらの原産地に送り返す。したがって、彼の身体は粒子の効果から保護され、彼のまぶたの薄い膜さえ、エネルギーの放出を妨げるために十分だった。サイクロプスの眼鏡類のレンズを作成するのに使用される合成のルビー・クォーツ・クリスタルは、彼の精神のサイオニック・フィールドに共鳴していて、同様に保護される。

 サイクロプスのオプティック・ブラストの幅は彼の精神のサイオニック・フィールドを彼のオリジナルの目の焦点をあわせるのと同じ自律神経の機能であわせている。サイクロプスの焦点は開き口のサイズを変化して、その結果、粒子とビームの相対的なパワーの流れを制御するためのバルブの機能を務める。サイクロプスのオプティック・ブラストの高さは彼のバイザーの調整可能なスリットによって制御される。 ビームの有効距離はおよそ600m。

 頭部外傷のため、サイクロプスは、彼のオプティック・ブラストを自由自在に止めることができないので、ビームを妨げるためにルビー色のクォーツレンズを身につけなければならない。

【解説】

生い立ち

 スコット=サマーズは、米空軍のテストパイロットのクリストファー=サマーズ少佐と、彼の妻のキャサリンに生まれた2人の息子の1番目だった。
 クリストファーが家族と休暇で彼の実家から飛行機を飛ばしたとき、シーアー帝国の宇宙船によって攻撃された。彼らの命を救うために、キャサリンは唯一の利用可能なパラシュートをつけたスコットと彼の兄弟アレックスを飛行機から逃がした。着陸でスコットは頭に負傷した結果、永遠に彼は自分でミュータント・パワーを制御できなくなった。

 彼らの両親が死んでいると推定されている状態で当局は2人の少年を切り離し、アレックスは養子に出されたが、スコットは1年間病院に昏睡状態のままでいた。回復したときに、彼は将来の敵である悪の遺伝学者Mr.シニスターによって秘かに制御されたオマハ(ネブラスカ州)の孤児院に置かれた。
 ティーンエイジャーのときに、スコットはジャック・オダイヤモンズとして知られているミュータント犯罪者ジャック=ウィンターズの養護施設に入った。 スコットが激しい頭痛に苦しみ始めた後、彼のところにルビー・クォーツで作られたレンズを問題を解決した専門家が送った。
 すぐ後に、スコットの変異体パワーは初めて制御不可能なオプティック・ブラストとして彼の目から噴火した。ブラストはクレーンを壊して群衆に貨物を落として脅かした。スコットは別の爆破で物を抹消することによって命を救った。しかし傍観者は彼が殺そうとしたと信じて、荒れ狂う暴徒が結集した。貸車の上で逃げてスコットは逃れた。

 ウィンターズは彼の犯罪にスコットの新発見の才能を使用しようとして、少年が初めは拒否したときに、物理的に虐待した。しかしながら、スコットの力の誇示はミュータントのテレパシー能力者チャールズ=エグゼビア教授の注意を引き付け、教授はスコットを見つけるためF.B.I.エージェントのフレッド=ダンカンと共に組んだ。
 スコットは、ウィンターズの手中から救われて、初代Xメン(人間とミュータントの平等のための戦いで彼らの能力を使用するよう訓練した若いミュータントのチーム)のメンバーとしてエグゼビアに協力した。

Xメンに参加

 サイクロプスとして、スコットはXメンの副リーダーになった。 彼が熟練した戦術家であった間、彼の社会的な技能は欠けていた。スコットは彼のチームメートのジーン=グレイと恋に落ちたが、習慣によって彼は長年彼女に対する気持ちを述べることができなかった。
 エグゼビアの他のオリジナルの新人が、生きてる島のクラコアとの遭遇に大失敗したとき、キュクロプスは新しいチームの副リーダーとして残った。
 その後まもなく、フェニックス・フォースとして知られているコズミック・エンティティがジーンの代わりをして自殺したとき、スコットは彼の人生の愛が死んだと信じてXメンを辞めた。

マデリーンとの出会い

 チームから遠く離れた間、スコットは彼の深い悲しみを終えるのを助けた漁船の船長リー=フォレスターと会った。ジーンに酷似した女性のマデリーン=プライヤーに会った事をきっかけにスコットは結局、Xメンに戻った。
マデリーンがMr.シニスターによって作成されたジーンのクローンであったのを気づかず、スコットはマデリーンと恋に落ちてすぐ結婚した。
 マデリーンは妊娠して、ネイサン=クリストファーという息子をスコットに生んだ。

Xファクターの結成

 本当のジーンが仮死から生還したとき、スコットは新しいチーム(Xファクター)を設立する際に彼の妻と息子を捨てて、他のオリジナルのXメンに再び加わった。
 ニューヨーク市の悪魔の侵入の間、XファクターとXメンはゴブリン・クイーンとなったマデリーンと戦った。 マデリーンがジーンと戦って死んだ後に侵入は阻まれた。
 その後、アポカリプスというミュータント・ウォーロードはテクノ・オーガニック・ウイルスを赤ん坊のネイサンに感染させた。 彼の息子の命を救うために、スコットはクラン・アスカニのメンバーにネイサンがアポカリプスの魔手から世界を救い出すのが予見された二千年後の未来へ輸送させなければならなかった。

再びXメンに参加

 Xファクター解散してすぐ後に、そのメンバーはXメンに戻った。スコットは彼が長年の愛していたジーンと結婚した。そして彼らがハネムーンにいく間、クラン・アスカニの女家長によるタイムストリームが彼らの精神を連れていった。未来に到着して、彼らは新しい体で生きて、12年間ネイサンを育てた。
 彼らが元の時間と体に戻ったとき、ネイサンはケーブルという、未来の彼の時間で最も偉大な英雄に成熟したままで帰ってきた。

ゼロ・トレランス

 悪の精神体オンスロートとして犯した罪のために逮捕されたエグゼビア教授に続いて、スコットはもう一度、Xメンの指導部の役割を引き受けた。
 すぐ後に、「ゼロ・トレランス」として知られる政府が後援するミュータント狩り作戦が効いて、バスチオンがXメンを捕らえた。
ミュータント種を破壊する彼の企ての中で、バスチオンはスコットの身体の中にナノテク爆弾を置いた。Xメンは逃げ、そして、シシリア=レイエスというミュータントの医師はスコットの命を救った。スコットと彼の妻はすぐ、回復するためXメンからしばらく休暇を取った。

アポカリプスとの合体

 スコットとジーンは、コズミック・パワーのために"ザ・トゥエルブ"-スコット、ジーン、およびケーブルを含んだ彼らの種の運命を決定するミュータントのグループ-を集めるアポカリプスの試みに巻き込まれたとすぐ気付いた。彼らとXマンとして知られている別の時間軸からきた強力なミュータント・ティーンエイジャーのボディーを吸収し、彼らの持つすさまじいエネルギーをアポカリプスに導くマシンに配線された。彼のチームメートが彼の周りで転んだとき、無力化されたスコットは、Xマンを救って新しい悪の実体を作成するためにアポカリプスと合体した。
 ジーンは、スコットの精神内部のアポカリプスを見つけて、Xメンが彼を滅ぼすのを防いだが、彼のチームメートの大部分によって彼は死んでいると推定された。ジーンとケーブルだけが、スコットが死んだと信じるのを拒否した。
 彼は生きているという噂を調査して、ジーンとケーブルはエジプトのアッカバ、アポカリプスの出生地で悪人の精神の上で彼の心を重ねて主張させるように戦っている彼を見つけた。
 結局、ジーンはスコットの身体から彼女のメンタル・パワーを使用することでアポカリプスのエッセンスを物理的に切り離し、そしてケーブルは彼自身の能力と共にそれを破壊した。
 スコットは回復に向けた短い休みの間に、父親と会って仲直りした。
 その後、スコットはXメンに戻ったが、アポカリプスとの彼の結合はこれまで以上により厳しくて、よりシリアスな個性を彼に与えた。その結果、ジーンと彼の結婚を含む彼の関係の多くが張りつめるようになった。スコットは彼のチームメートのエマ=フロストのカウンセリングを受けて、二人は精神的不倫を始めた。ジーンがスコットの裏切りを発見したとき、彼は彼の人生で犯した混乱を整理するためにXメンを出た。

学校の共同校長になる

 エグゼビア教授がミュータントだと世界に知られたのに続いて、彼の学校がエグゼビア高等教育院と再命名され、そのドアはミュータント人口の増加で何十人もの若い新入生へ、彼らが自分達の能力の発芽を切り抜けるのをトレーニングと教育で助けるために開けられた。スコットは妻の死後、彼の新たに愛するエマと並んで学校の共同校長の地位に就いた。

教授との決別

 ミステリアスなミュータントがサイクロプスとマーベル・ガールを攻撃して、秘密の人気のない施設に連れて来たとき、彼の世界はさらに台無しになった。
 サイクロプスは、ミュータントがまさしく彼の兄弟ガブリエルであると発見した。彼はエグゼビア教授がクラコアからスコットを救うために送ったモイラの学生だった。
 スコットはガブリエルと彼のチームメートの死んだと思えるところを目撃していた。エグゼビアはこの出来事の心的外傷を軽減するために、彼の記憶を消していた。 激怒したサイクロプスは教育院から当時の無力なエグゼビアを追放した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。