Skrull Kill Krew


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

所属ユニバース マーベル・ユニバース
活動の基地 地球
現在のメンバー ライダー
以前のメンバー キャットウォーク
ダイス
ムーンストンプ
ライオット
他のメンバー (名誉、予備、その他) 3Dマン
初出誌 Fantastic Four Annual #17 (1983)
重大な話 ミニシリーズ(Skrull Kill Krew #1-#5,1995)
シークレット・インベージョン(Avengers: The Initiative #16-#18,2008)
シークレット・インベージョン(Avengers: The Initiative #20,2009)

【解説】

起源

 ファンタスティック・フォーが初めてスクラル人と遭遇した時に、リード=リチャーズが彼ら自身が牛であると思うように異星人に催眠術をかけた。何年か後にそれらの牛は屠殺場に行き、そして彼らの肉はいたる所で店に出荷された。その牛肉を食べた人々の何人かは、スクラル人のDNAに免疫があるとわかった。何人かは恐ろしい死に方をした。少数は進行性で末期の神経病学的病気に「感染」すると共に発達した変身能力を得た。

 スクラル・キル・クルーは能力をもった者達に指針をもたらした。キル・クルーはライダーによって率いられた。ライダーの能力は、彼のドレッドヘアをゴーゴン風にヘビに変えることになっていた。
 アフリカ系アメリカ人のライダーの最初のありそうもないパートナーは、イギリスから来たスキンヘッドの白人至上主義者ムーンストンプだった。彼らはすばやく、シャギー風のサーファーのダイス、および自由の女神のようなとがった髪型のスポーツ好きなパンクロック少女のライオットに参加を依頼した。5人目のメンバーはキャットウォーク、ネコ科の動物の形になる元モデルだった。

チームの活動

 チームは、スクラル人を殺す(大量虐殺計画による一種の復讐)ために地球の彼らの最後の数カ月をそれらのパワーを使用するのに費やした。スクラル・キル・クルーは現場ですべてのスクラル人を殺すまで存続する。 彼らには、キャプテンアメリカ、およびファンタスティック・フォーのようなヒーローとの冒険があった。スクラル・キル・クルーは数年間現場から見えなくなった。
 ここからシークレット・インベージョンまでの間にムーンストンプ、ダイス、キャットウォークが体を失い、頭だけでジャーの中に生きている状態となった。

シークレット・インベージョン

 異星人スクラルの侵入と戦うために助けを捜し求めている間、3Dマンはニューメキシコの砂漠に不時着した。彼はニューメキシコのイニシアティブのチーム、マーベリックスのシーシングのふりをするスクラルによって見つけられた。彼のゴーグルを使用して、3Dマンはすぐに彼女がスクラルであると認識できた。そして、彼女はスクラル・キル・クルーのライダーとライオットによって殺された。その後、彼らは行動を共にしてデザート・スターズのブラックスミスに化けていたスクラルを倒した。
 次にネバダ州のヘヴィ・ヒッターズで無名のメンバーに化けていたスクラルを扱ったときにイニシアティブの各チームに一人はスクラルがいるとわかった。この時にヘヴィ・ヒッターズからコモドと彼女の恋人ハードボールが参加した。
 各州の間の移動に時間がかかっていたが、途中で元アヴェンジャーズのジョカスタがハワイのイニシアティブのチーム、ポイント・メンからテレポート能力のあるデビルスレイヤーをつれてきて合流し、転戦の時間が短くなった。
 そしてライダーはスピードスターであるウィズ・キッド、スピナー、ノンストップに基地の破壊工作を任せ、スクラルを見分けるためにムーンストンプ、ダイス、キャットウォークの頭が入ったジャーと自分とライオット、3Dマンと合わせて、それぞれを6つのチームにメンバーを分けて別々にイニシアティブのチームに隠れたスクラルを倒すことにした。

 スクラルが破られた後に、ムーンストンプ、ダイス、キャットウォークの頭は皆、死んでついに埋葬された。長い間変身が解けなかったライオットも人間のフォームに戻って死んだ。
 そして、3Dマンとライダーは地球にまだいる何人かのスクラルを見つけて殺し続けている。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。