Hydra


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

所属ユニバース マーベル・ユニバース
活動の基地 ハイドラ・アイランド
現在のメンバー マダム・ハイドラ
以前のメンバー バロン・ウルフガング=フォン=ストラッカー
ローラ=ブラウン
ゴーゴン(トミ=シシドウ)
スパイダー・ウーマン(ジェシカ=ドリュー)
フィクサー
レッド・スカル(ヨハン=シュミット)
キングピン
エドガー=ラスコンブ
洗脳したエージェント エレクトラ
ノーススター
ウルヴァリン
他のメンバー (名誉、予備、その他) ハイドラ・スーパー・エージェント
    ハンマー(Hydra)
    ボウマン(Hydra)
    ミリタント(Hydra)
    タクティカル・フォース(Hydra)
初出誌 Strange Tales #135 (1965)
重大な話 vsレザーネック・ライダーズ&サムライ・スクワッド(Captain Savage and his Leatherneck Raiders #2-4, 1968)
原子爆弾の創造を試みたvsインベーダーズ(Marvel Universe #1-3, 1998)
vsミスティーク(X-Men Forever #3-4, 2001)
ナチスの黄金を探すvsチャールズ=エグゼビア&マグナス(Uncanny X-Men #161, 1982)
若きガンビットと遭遇(Gambit #6, 1999)
フィクサーが参加(Thunderbolts #-1: Distant Rumblings, 1997)
シルバー・フォックスはローガンに対する攻撃を試みた(Wolverine #-1, 1997)
ケーブルのワイルド・パックによって基地が襲われた(X-Force #8, 1992)
インペリアル・ハイドラはベータトロン爆弾で地球を威してフューリーに阻まれ、インペリアル・ハイドラは殺された(Strange Tales #135-141, 1965-1966)
Mr.ファンタスティック&インヴィジブル・ガールの結婚式を襲った(Fantastic Four Annual #3, 1965)
フィクサー&メンタロがS.H.I.E.L.D.を攻撃した(Strange Tales #142-143, 1966)
シャロン=カーターを捕らえるのにバトロックを雇った(Tales of Suspense #95, 1967)
ストラッカーによって導かれ、デス・スポア爆弾を作動させるのを試みられ、ハイドラ・アイランドは沈められた(Strange Tales #150-158, 1966-1967)
マダム・ハイドラ初登場(Captain America #110-111 & 113, 1969)
クラウスとリカードはフューリーが幻覚を起こす原因になり、彼を暗殺するためにブルズアイを送った(Nick Fury Agent of S.H.I.E.L.D. #12 & 14-15, 1969)
ハルクの洗脳を試みるが失敗(Incredible Hulk #132, 1970)
ラスベガスのハイドラが敗れた(Captain America #145-147, 1972)
疫病ネズミがハルクによって破られた(Incredible Hulk #154, 1972)
グリム・リーパーとスペース・ファントムによって率いられた(Avengers #106-108, 1972-1973)
vsティグラ&ワーウルフ(Giant-Size Creatures #1, 1974)
シルバーメインに率いられた。vs Daredevil(Daredevil #120-123, 1975)
vsシング&シャン=チー(Marvel Two-In-One #29, 1977)
スパイダー・ウーマンが離脱(Marvel Spotlight #32, 1977)
バロン・カーザと同盟(Micronauts #26-28, 1981)
バロン・ストラッカーのLMDに率いられた(Captain America #273-274, 1982)
チーム・アメリカを調査した(Team America #1-2 & 11-12, 1982 & 1983)
バロン・ストラッカーのLMDがデパートメントHからアーマーを入手した(X-Men/Alpha Flight #1-2, 1998)
デルタイトによって操られた(Nick Fury vs S.H.I.E.L.D. #1, 3-4, 1988)
ヴァイパーのためにドラッグを供給した(Iron Man Annual #10, 1989)
A.I.Mと同盟。vsマヂア(Iron Man #247/Incredible Hulk #361, 1989)
マダム・ハイドラ&イエロー・クローがハイドラを率いた(Nick Fury Agent of S.H.I.E.L.D. #12-14, 1990)
ストラッカーが甦りハイドラを粛清し、S.H.I.E.L.D.・セントラルを破壊した(Nick Fury Agent of S.H.I.E.L.D. #20-23, 25-26, 1991)
遺伝子の実験の後に賞金稼ぎを送った(Daredevil Annual #7/Punisher Annual #4/Captain America Annual #10, 1991)
ウラジオストクを要求するのを試みた(Nick Fury Agent of S.H.I.E.L.D. #27-29, 1991)
vsキングピン(Daredevil #297-299, 1991)
ハンドによるマリコ=ヤシダの暗殺に協力(Wolverine #56-57, 1992)
vsリーダー(Incredible Hulk #400, 1992)
キングピンの帝国の師団に参加 (Daredevil #307-309/Nomad #4-6/Punisher War Journal #45-47, 1992)
ウルヴァリンvsホエール(Wolverine: Inner Fury, 1992)
ストラッカーの存在が明らかにされた(Nick Fury Agent of S.H.I.E.L.D. #42-47, 1992-93)
D.O.Avsナイトストーカーズ(Nightstalkers #2-4, 1992-1993)
ソマリアを攻撃(Silver Sable & The Wild Pack #16-17, 1993)
例外のためvsアイアン・フィスト(Marvel Comics Presents #129-131, 1993)
デスロックをウイルスで攻撃(Deathlok #30, 1993)
A.I.M.&ウォー・マシンと共にvsヘイトモンガー&サンズ・オブ・ザ・サーペント(Marvel Comics Presents #153-155, 1994)
カルパシアの乗っ取り未遂(Wolverine/Nick Fury: Scorpio Rising, 1994)
No.16vsフューリー(Marvel Comics Presents #157, 1994); vs Sub-Mariner & Leviathan (Namor Annual #4, 1994)
ウルフェンvsフューリー(Marvel Comics Presents #171, 1995)
vsスクラル・キル・クルー(Skrull Kill Krew #2-3, 1995)
キティ=ドレークが中性子爆弾を作動させようとした(Fury of S.H.I.E.L.D. #1-3, 1995)
ニュー・ウォリアーズにパール・セクトが破られる(New Warriors #72, 1996)
フォルトゥナートと同盟。vsスパイダーマン&SHOC(Spider-Man #73-74/Peter Parker: Spider-Man #79-80, 1996/1997)
セイバートゥース&ミスティークによってカタリストが破られた(Sabretooth & Mystique #1-4, 1996-97)
サンダーボルツに対してグローイングマンを送った(Thunderbolts #5, 1997)
センセーショナル・ハイドラによって率いられた(Captain America #2-7, 1998)
ホースト=エイゼルがサンダーボルツを攻撃(Thunderbolts #0, 1998)
クロスボーンズ&アブゾービングマンを雇い爆弾を作動させようとした(Captain America #24, 1999)
スキュラvsアイアンマン(Iron Man #36, 2001)
ナノロボットを広げるのを試みた(Citizen V & the V-Battalion #2-3, 2001)
パワー・ブローカーを取扱う(U.S.Agent #1, 2001)
イラクでvsエレクトラ(Elektra #1-5, 2001-2002)
パーカー=ロビンスによって募集を拒絶された(The Hood #1, 2002)
ジェラルド=リヒターの基地がシェパードとミスティークによって侵入された(Mystique #19, 2004)
サイバネティックスのハイドラがハーキュリーズによって滅ぼされた(Hercules #3, 2005)
ジェシカ=ジョーンズを強制するために試みた(The Pulse #7-8, 2005)
ゴーゴンがリーダーとなり、洗脳したウルヴァリンとスーパー・ヴィランの軍団が、ウルヴァリンがコントロールに打ち勝ったとき、彼によって降ろされた(Wolverine #20-31, 2004-2005)
サンダーボルトに資金を出され、ニューヨークを攻撃した(New Thunderbolts #1-6, 2005)
スパイダー・ウーマンがハイドラのための二重スパイであることが明らかにされた(New Avengers #11-14, 2005-06)
エドガー=ラスコンブによって導かれて、生物学的攻撃を試みた(Amazing Spider-Man #519-524, 2005)
ジーモによりハイドラからストラッカーが離される(New Thunderbolts #17, 2006)

【解説】

ハイドラとは

 ハイドラは世界的支配に専念した世界的な破壊分子の組織である。Hydraは史上で最も大規模で強力で危険な組織だった。 ハイドラは元メンバーのローラ=ブラウン、後でViperとして知られるようになったマダム・ハイドラ、およびスプリーム・ハイドラの娘などの注目に値するいくつかの例外を除いてほぼ男性だけで構成される。
 ハイドラのエージェントは頭巾で口と顎以外の頭全体を隠している緑色の服装を着る。
彼らの組織は断ち切られたどんな頭もすぐに2つの頭を育てる性能で取り替えるのが知られている多くの頭のある蛇のような怪物から名前を取った。ハイドラはどんな大きな敗北の後にも伝えられるところでは以前より強力なそれ自体を再編成して、再建する性能を誇っています。実際に組織は現在まで40年間の間、続いた。(訳者注:ハイドラができたのは第二次世界大戦の頃だから実際はもっと長いと思われる)

起源

 最もハイドラの創造に対して責任がある男は、バロン・ウルフガング=フォン=ストラッカー、ナチスドイツの悪名高いデスズ・ヘッド・スコードロンの空軍中佐として勤めた後にコマンドの電撃隊のリーダーとなったプロシアの貴族だった。
 アメリカのコマンド、ニック=フューリー軍曹のせいでストラッカーの敗北によって激怒し、そしてフランスのある村の全ての人口を処刑することに対するストラッカーの拒絶によって、アドルフ=ヒットラーはゲシュタポに彼を発見して、暗殺するよう命令した。ストラッカーは第三帝国の2番目に強力なリーダー(レッド・スカル)の助けを借りてドイツを逃れた。
 スカルは、結局ヒットラー自身に挑戦するつもりであり、ストラッカーに極東で彼のために支持母体を築くよう命じた。
憤激させられたストラッカーはしかしながら、自分以外のだれにも役立つという意志を全く持たないで、スプリーム・ハイドラになるときにスカルとの結びつきを断ち切った。
 日本に到着すると同時に、ストラッカーは彼らが世界征服に向けられた秘密結社をつくっていることを彼に知らせた日本の危険分子と接触した。ストラッカーは、急速にこの団体の後ろで首謀者になり力をつけた。彼は、世界中で主要な軍需工場と軍装備品倉庫における襲撃を計画して導いた。

 ハイドラのユニフォームはある種の東洋の外観に堪えるが、ファシストの線に沿ったハイドラの組織は団体を形成することにおけるストラッカーの役割を証明する。ハイドラのユニフォームはある種の東洋の外観に堪えるが、ファシストの線に沿ったハイドラの組織は団体を形成することにおけるストラッカーの役割を証明する。ハイドラのまさしくその名前は西洋人の明確な印で、およびその敬礼、「ハイル・ハイドラ!」が「ハイル・ヒトラー!」の明白な変化であるということである。
 ハイドラの軍隊と兵器庫を築き上げて彼が最強であると判断し、ストラッカーはオリジナルのスプリーム・ハイドラ(その人は日本だった)を吹き飛ばし、彼自身がスプリーム・ハイドラになった。

A.I.M.の設立

 彼はすぐ、小さい太平洋の島における砦の建設を始めた。島は1年後に完成してハイドラの主要な基地になった。 また、ハイドラの兵器庫を築き上げている間、ストラッカーは優れた科学者のスタッフを募集していた。(その優れた科学者は、後でA.I.M.と呼ばれるハイドラ分科の核になるだろう)。

 ハイドラが核武器を入手した結果、地球征服の達成に王手をかけたが、ハイドラ・アイランドがキャプテン・サイモン・サヴェージの米国の海兵隊員のコマンドと彼らの日本人の対応者(いわゆるサムライ・スクワッド)によって侵入されたとき、基地は破壊されてストラッカーは逃げ出した。
 今回はナチのS.S.の残党を中軸に最もよく使用して第二次世界大戦に続く数年間に、ストラッカーはゆっくり、静かにハイドラを再建した。しかしながら、若いチャールズ=エグゼビアとマグニートーとの遭遇の後、ほとんど殺されたため、ストラッカーはそれ以来現場の後ろにいさせると決めた。

THEMの設立

 彼は、ハイドラの主要な基地をアメリカに動かして、THEMとコード名を付けられた新しい中心組織を創設した。THEMはハイドラの作戦とその姉妹団体を監督する。 ストラッカーは彼自身にTHEMのグランド・インペレーター(その最も高い位置)を作って、公式な生活における多くの別名の下において、億万長者ドン・ガイ=アントニオ=カバリェロに最も顕著に仮装した。ハイドラのわずかな部分だけがグランド・インペレーターの存在を知っていた。
 THEMはアーノルド・ブラウンというビジネスマンをスプリーム・ハイドラに任命した。ハイドラへのブラウンの主要な有用性は彼が働いていた会社のインペリアル・インダストリーズ・インターナショナルから資源を流出させるのとハイドラの日常の活動を管理することがあった。ブラウンのリーダーシップの下では、ハイドラはほとんどの国のものよりすばらしい武器、潜水艦、および戦闘機航空機の蓄えを開発した。今やハイドラには、地球中にエージェントがいた。

S.H.I.E.L.D.とフューリー

 ハイドラの脅威に対処するために、S.H.I.E.L.D.がつくられた。ハイドラがS.H.I.E.L.D.の初代長官を暗殺したので、その地位はCIAのニコラス=フューリー大佐(偶然の一致でストラッカーの最も偉大な戦時敵)によって代理を務められた。
 フューリーが長官になったすぐ後に、ハイドラは軌道上にあるベータトロン爆弾(それは地球に致命的な放射線を放つことができた)で世界を脅迫するのを試みた。トニー=スタークが爆弾を非活性化した間に、フューリーはハイドラのニューヨーク市の本部を捕らえた。ブラウンは彼自身の部下によって殺害された(その部下は服装なしで彼がスプリーム・ハイドラだと認識しなかった)。
 ブラウンの敗北の直後に、THEMは作戦をおこし、その2つの副組織、A.I.M.とオリジナルのシークレット・エンパイアによってS.H.I.E.L.D.と米国政府に向けて破壊活動をした。敵がこの対応に気を散らしている間に、ハイドラ自体は再編成してその強さを作り直した。

新しいハイドラ・アイランド

 A.I.M.とシークレット・エンパイアの敗北と共に、ハイドラはS.H.I.E.L.Dの公然の相手と世界として再び現れた。
 ストラッカーは最初にカバリェロのふりをして次にエミール=アリ=ベイとなり、最終的にS.H.I.E.L.D.のエージェント、ジョン=ブロンソンに扮すると、スプリーム・ハイドラの地位に再びついた。
 ストラッカーはオーバーキル・ホーンで(フューリーとS.H.I.E.L.Dがなければ、そのオーバーキル・ホーンによって、地球のあらゆる核爆薬が作動しただろう)、次にデス・スポア爆弾を使って世界がハイドラに降伏するのを要求した。ストラッカーは「人工的な環礁」の独自の用地に新しいハイドラ・アイランドを建設した。そこにはハイドラの指導者層とエリート・ガードが集められ、新しい砦の突き通せないドームがデス・スポアから保護を提供した。
 ここでストラッカーは最終的にハイドラへの彼の本当のアイデンティティを明らかにした。フューリーは、単独でハイドラ・アイランドに侵入して、スポア爆弾をそこに仕掛けた。爆発の力は実際には島を沈めたが、胞子は拡散しなかった。ストラッカーはフューリーとの戦いに続いて、原子炉室の中で焼却された。

ストラッカーの後継者

 それ以来ハイドラはストラッカーの下で持っていたほどの勢力を一度も達成したことがない。組織の大半(その最も才能がある有能なメンバーを含む)は、ハイドラ・アイランドで一掃された。残ったすべては、より小さなシェルターで胞子から隠れるはずだったか、彼らの運命に任せた組織の残党だった。いろいろなハイドラ派閥を導くために立ち上がった人々は普通の凡人だった。そして、それぞれは彼自身をスプリーム・ハイドラとして見えを張って注目させた。
 A.I.M.はハイドラから分離して、シークレット・エンパイアは後でハイドラから独立して復活した。ニューヨーク市地域のハイドラの残りは、最初にマダム・ハイドラによって、それからグリム・リーパーとスペース・ファントムによってよって導かれた。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。