A.I.M.


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

所属ユニバース マーベル・ユニバース
活動の基地 秘密
現在のメンバー 不明
以前のメンバー M.O.D.O.K.
スーパーアダプトイド
ブラック・ウィドー(エレーナ=ベロワ)
ジョアンナ=カーギル
ギャリソン「ガル」=ケーン
マンキラー(カトリーナ=ルイーザ=ヴァン=ホーン)
グレイ=ガーゴイル(ポール=ピエール=デュバル)
初出誌 Strange Tales Vol.1 #146 (1966年)

【解説】

起源

 A.I.M.(Advanced Idea Mechanics)はパワーの獲得と技術的な手段によるすべての政府の打倒に専念した優れた科学者と彼らの雇い人の組織である。A.I.M.は第二次世界大戦の間、破壊分子の軍隊組織ハイドラの科学的調査区画として組織化された。1960年代後半に、A.I.M.は政治上の違いでハイドラを脱退して、単独操業を始めた。
 A.I.M.は、新しい技術的製品の開発とマーケティングに対処している国際カルテルとして取り入れられたとき、最初に公共の注目を浴びた。彼らは政府と半官半民の機関にハードウェアと武器を供給した。その後のしばらくしてS.H.I.E.L.D.のニック=フューリー大佐にA.I.M.が破壊分子の組織であると暴露され、それ以来A.I.M.の活動の全ては、秘密になった。

危険な発明品

 A.I.M.は致命的な可能性のある3個の主要な道具の創造にかかわった。
 1番目はスーパーアダプトイド、どんなパワーもコピーできるアンドロイド(プロジェクト:ゼム)である。
 第2の道具は、コズミック・キューブ(現実そのものを再構成することができる想像もできないほど強力な物)だった。A.I.M.は、現実を引き裂いているエネルギーそのものを含んでいる装置-ザ・キューブ-を製造した。
 A.I.M.の第3の大きな業績は、メンタル・エネルギーボルトとフォース・フィールドを生み出す能力と超人的な知性を備えている巨大な頭と阻害された体の人工的に突然変異された人間、M.O.D.O.K.(Mental Organism Designed Only for Killing)の創造である。

M.O.D.O.K.の支配

 元々、M.O.D.O.K.はA.I.M.のサイエンティスト・スプリームによって変異実験の対象に選ばれた普通のA.I.M.メンバーだった。変えられた後に、M.O.D.O.K.は、サイエンティスト・スプリームを殺して、A.I.M.の新しいリーダー(彼がそれ以来ずっと占拠した位置)になった。
 A.I.M.は停滞して、本当に印象的な兵器も作成しないで、どんな国でもどんな大規模な攻撃にも開始した。

 これとは別に、M.O.D.O.K.によって引き継がれなかった分裂したグループのA.I.M.エージェントが存在する。黄色を着ているM.O.D.O.K.のエージェント全員と違い、A.I.M.のこの変節したセクションは、青を着ている。M.O.D.O.K.のグループとともに、2つの派閥はときどき衝突した。

 M.O.D.O.K.は後でアナコンダ、コットンマウス、およびデス・アダーによって殺された。 アナコンダはそれらが約束された報酬のためのA.I.M.に彼の身体を戻した。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。