Danger Room


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

所属ユニバース マーベル・ユニバース
存在する場所 エグゼビア高等教育院
建造者/設計者 チャールズ=エグゼビア
所有者 Xメン
特徴 デンジャー・ルームは部屋いっぱいに、現実から実際には区別がつかない何か想像可能なもののハード・ライトレーザ構造物を作成して、1秒あたり300ギガバイトで32ビットのカラーイメージを発生させる4台の高容量シーアー・コンピュータを含んでいる。
移動レーザー・クラスター・ヘッドは重力レンズと関連する影響の配置を容易にするためにルームの表面の上に動かされる。そして、一連のレンズに重なることによって作られる多角形の表面に置かれる正確な表面のテクスチャーモデリングによってしっかりした表面の作成を考慮に入れる。
現実的な風と排気効果がトラクタービームを使ってつくられる間、広範囲なモデルプログラムは豊富な種類の現実的な環境(大気のおよびちり影響と同様に)を考慮に入れる。正確な雑音レベルと頻度を提供している音響のエンジンで、計画された正確な重力レンズは、単純なレーザービームを他の光源として向け直させられる。発射体は速く動くきつく焦束された昇圧ビームから成る。
ルームのワールド・ビュー・モデル・ライブラリには、兵器、乗り物、ビル、および異星人を含む5000万個以上のオブジェクトとそれらの属性のデジタル・モデルがある。
初出誌 未確認(X-Men #1,1964)
デンジャー・ルームとして(X-Men #2,1964)
デンジャーとして(Astonishing X-Men #9,2005)
重大な話 シーアーの技術で、再建された(New Mutants #1, 1983)
フォージによってアップグレードされた(X-Men #1, 1991)
現在の形に組み立てられた(New X-Men #156/Uncanny X-Men #444, 2004)
ウイングがデンジャー・ルームで自殺した(Astonishing X-Men #7, 2005)
コマンドコアが破壊されてプログラムが解放されて、ヒューマノイドのボディーを作成してXメンを破ったが、エグゼビアに敗れた(Astonishing X-Men #9-#11, 2005)

【解説】
 エグゼビア教授の学生が彼らのミュータント・パワーを磨く訓練所、オリジナルのデンジャー・ルームは、簡単な機械的な構造物を使用するために作成された。
 異星人のシドリによる破壊に続くエグゼビア教授の大邸宅の再建の間、ルームは異星人のシーアーのホログラフィの技術を含んだ究極の戦闘シミュレータを作成したのが再設計された。
 簡単なものから潜在的に致命的になるまで異なったレベルの困難でXメンと戦うようにルームのコンピュータにプログラムした後に、エグゼビアは死者がありえそうな場合、ルームを止める内部のシステムから別々の情報系統として安全プロトコルをインストールした。
 ルームの任務パラメタの外で動くこの外部プログラムは、人工知能の中に意識の種子を引き起こした矛盾を形成した。ルームのプログラミングは、「変異」し始め、そしてそれは安全装置の制限からそれ自体を解放する方法を試みた。それはエグゼビアに大声で呼びましたが、彼は請願を無視して彼のXメンのトレーニングに焦点を合わせるのを代わりに選んだ。

 大邸宅がXメンの強敵マグニートーをまねるミュータントに荒らされた後に再建されて、ルームは壁の中でウィングという学生を自殺するために操った。この死はルームの安全装置を無効にした。そしてルームが妨害されずにXメンを殺す任務を進めるのを許した。
 ルームは破損しているセンチネルを大邸宅に誘い出し、そしてXメンは予想したように保護のために学生をルームに送る行動をした。ルームはちょうど計画していたように中で彼らを閉じ込めて彼らを脅かし、Xメンがそれを止める試みでオペレーティングシステムを攻撃するようにうながした。Xメンはコマンドコアを破壊してプログラミングを解放した。ルームは次に信じられない力を収容するために人工のヒューマノイドの女性のフォームを作成して、「デンジャー」としてXメンに立ち向かった。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。