Beast (Henry McCoy)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ビースト(ヘンリー=マッコイ)

所属ユニバース マーベル・ユニバース 学識 生化学博士号
本名 ヘンリー"ハンク"=P=マッコイ 身長/体重 約178cm/182kg
別名 以前はクリーチャー、ミューテート#666 目の色/髪の色 青/(元々) ブラウン。 (現在) 薄青い黒
正体 公的に知られている 能力 下記項目を参照
職業 冒険家
遺伝学者
元生化学者
元大学講師
才能 ハンクは突然変異と進化人類生物学の世界的専門家の一人である。
彼には、遺伝学、生化学、および他のさまざまな科学の一分野に関する広範囲にわたる知識がある。
また、優れたキーボードプレーヤーでもある。
市民権 アメリカ 初出誌 (人間の姿) X-Men #1 (1963)
(毛皮で覆われた姿) Amazing Adventures #11 (1972)
(ミュータントの姿) New X-Men #114 (2001)
出生の場所 イリノイ州(ダンディー) オリジン掲載誌 X-Men #49-53 (1968-1969)
知られている親類 セイディ=マッコイ(祖母)
ノートン=マッコイ(父親)
エドナ=マッコイ(母親)
ロバート=マッコイ(おじ)
重大な話 Xメンに参加(X-Men #1, 1963)
Xメンにのこりブランド社へ勤め、毛皮で覆われた姿になる (Amazing Adventures #11, 1972)
暫定的アヴェンジャーズのメンバーになる(Avengers #137, 1975)
完全なアヴェンジャーズ会員資格が与えられる(Avengers #151, 1976)
ディフェンダーズへ参加(Defenders #104, 1982)
Xファクターを共同設立(X-Factor #1, 1986)
人間の姿に戻る(X-Factor #3, 1986)
毛皮で覆われた姿に戻る(X-Factor #33, 1988)
Xメンに再参加(X-Factor #70/X-Men #1, 1991)
エクストリーム Xメンに再参加(X-Men #109, 2001)
レガシー・ウイルスを治療 (Uncanny X-Men #390, 2001)
第二の形態に変異(X-Treme X-Men #3, 2001)
提携グループ Xメン
元エクストリーム Xメン
元アコライツ (洗脳された間)
元Xファクター/Xターミネーターズ
元ディフェンダーズ
元アヴェンジャーズ
元リジェクツ

【能力】


 ビーストには、彼の嵩にもかかわらず、超人的な力、機敏さ、耐久性、および速度があります。 彼には、大型類人猿の機敏さと優れたサーカス空中曲芸師のアクロバットのあっぱれな腕前がある。彼の生理機能は3階から落ちて足で着地してもどんな骨折や捻挫も受けないで生き延びられるくらい丈夫である。
 ビーストの脚は彼が立っている所からおよそ4.5mの高さまで高跳び、および幅跳びでおよそ7.5m跳ねられるほど強力で、彼は短い距離の間なら毎時約64kmで四つ足で走ることができる。

【解説】

生い立ち

 原子力発電所で働いている間、ノートン=マッコイは大規模な量の放射にさらされて彼の遺伝子に影響を受けた。 その結果、彼の息子(ヘンリー・「ハンク」マッコイ)は異常に大きい手足に持ったミュータントに生まれました。
 若い頃、ハンクの奇抜な外観は「ビースト」というあだ名をされて彼の級友からの多くの嘲笑の対象にされた。しかし、彼が生物学でジェニファーという1人の級友の家庭教師をし始めた後、彼女は本当のハンクを知るようになった。ジュニア・プロム(年少の舞踏会)の夜、ジェニファーは彼女の相手としてハンクに同伴をせがみ、彼がからかわれた後に彼を弁護した。

Xメンに参加

 彼が高校の最上級生のときに、ハンクの超人的な機敏さと運動の腕前でフットボールのスター選手になった。あるゲームのときに、ハンクはフットボール競技場の向こう側に逃げるのを試みていた強盗の三人組を簡単に止めた。
 彼に気付いたコンキスタドールという名の悪人が、ハンクの両親を誘拐して彼のために働くように強制したがすぐにXメンに倒され、ハンクは恵まれし子らの学園に入学して十代のミュータント・ヒーローチームに加わるようチャールズ=エグゼビア教授によって誘われた。
 制限のないアカデミックな機会を彼に提供できた私設の団体の誘惑に抵抗できないで、ハンクは受け入れた。ハンクは毎日微分方程式やプルースト、およびデンジャー・ルームでの練習に励んだ。
 素晴らしい才能のある学生、ハンクはエグゼビアの後見の下で博士過程を終えて、ブランド社に入りDr.カール=マディクスの下で遺伝子の研究者としてポジションを持つようにエグゼビアの学校を最終的に卒業した。

獣の姿に

 ある実験でハンクは、遺伝子の突然変異を引き起こすホルモン抽出物を発見して、調査結果についてマディクスに知らせに行った。しかしマディクスは最高機密公文書を盗もうと秘かに企んでいて、ハンクはマディクスを止めることになった。
 外観を変えるためにハンクが抽出物を取ると、彼の機敏さと強さを高めたが同時に、牙が大きくなって耳がとがり、身体全体にわたって毛皮に覆われる急進的な物理変化を受けた。彼が長らくこの状態でいたときに、元の姿に戻ることができないのがわかった。現在、彼は事実上ビーストという名前の通りになった。初めに彼は、ラテックスのマスクと手袋で彼の変異を隠そうとしたが、後で彼の新しい外観を受け入れることを学んだ。

アヴェンジャーズに参加

 遺伝学の博士号を受けて、突然変異と進化人類生物学の世界的専門家の一人であると考えられた後に、ハンクはノーベル賞を受けることも米国科学アカデミーに加わるよう一度も誘われていたことがなかったが、ブランド社を辞めて地球最強ランクのヒーロー達、アヴェンジャーズへの参加を申し込んだ。
 チームにいる間、彼はアヴェンジャーとしての彼の立場が人間とミュータントの間の緊張を助け易くなるだろうという望みで正体を公開した。

ディフェンダーズに参加

 アヴェンジャーズを辞めたのに続いてすぐに、ハンクは彼のチームメートだった元Xメンのアイスマンとエンジェルのいるディフェンダーズとして知られているチームの再編成にかかわるようになった。

Xファクターの結成

 何人かのディフェンダーズが死んでみえたのに続いて、ハンクは他のオリジナルのXメンと共にXファクター(ミュータントハンターのふりをして秘かにミュータント仲間を助ける組織)を作る際に復縁した。

 Xファクターの結成直後に、ハンクは息子のミュータント化の「治療法」を見つけるためにハンクで実験しようとしたマディクスによって捕らえられた。しかしハンクは与えられた血清で、元の人間の外観に先祖帰りをした。
 すぐ後にハンクはXファクターを調査していたテレビの総合司会者トリッシュ=ティルビーに初めて会った。

アポカリプスとの戦い

 エターナル・ミュータントのアポカリプスと彼の四騎士によるニューヨークに対する攻撃の間、ハンクは彼が物理的に能力を出したときはいつも、彼の知性を徐々に破壊して彼の力を増加させるウイルスを打たれた。ハンクがより多くの力を使用すれば使用するほどより強い力を得たが、知的でなくなっていった。
 最終的に、ハンクは、インフェクティアというミュータントの致命的なキスから彼の友人アイスマンを救うために、介入して影響を受けた結果、彼は青い毛皮をした姿に戻り、知性を回復した。
 すぐ後に、ハンクとトリッシュは恋愛の相手と互いを見始めたが、しばしば彼女の仕事が邪魔したため結局、それを取りやめた。

再びXメンに参加

 Xファクターが解散した後、ハンクはXメンに戻って、高度な異星人の技術から致命的にミュータントを殺すレガシー・ウイルスまでのすべてに住込みで働く技術と医学の天才になった。
 ハンクはトリッシュがウイルスの情報を発表して公衆がヒステリーを引き起こし、若いミュータントを殴打して殺すまで彼女と公私にわたる関係を続けていた。

偽ビースト登場

 このXメンといる期間中、エイジ・オブ・アポカリプスの世界の自分であるダーク・ビーストがハンクを罠に誘い出してXメンの中で摩り替わっていた。
 レンガ壁の後ろで密封されていたハンクがほとんどあきらめて運命を受け入れようとしていたとき、水道管が壊れて噴出して独房の中で跳上げ戸の溝を明らかにした。希望を持ったハンクは拘束を破って、政府によって後援された新しいXファクターチームの援助で逃げた。
 Xメンに戻ってすぐ後にハンクは、トリッシュに関する彼の前の厳しい処置を謝るために彼女に会った。彼女は彼を許して、彼らはその関係を新たにした。
 ハンクは結局、彼が見つけたレガシー・ウイルスの治療法に取り組んで彼の元同職者の故モイラ=マクタガートの仕事を実行するためにXメンからの休暇を延長した。

エクストリーム Xメンに参加

 すぐ後に、ハンクはミュータントの予言者、故デスティニーの日誌を求める探索のためストームのエクストリーム Xメンのチームに加わった。極悪のヴァルガスとの初戦でチームはほとんど殺され、ハンクの命は新しいレベルへのビーストの変異を加速するこれまで見たことのないパワーを使用した彼のチームメートのテッサによって救われた。
 ハンクはエグゼビア・マンションに戻って回復して、よりかさばってより重く、よりライオンらしくさらに変異した。

 彼の身体の上のよい運動筋肉制御が学び直されて、改名されたエグゼビア高等教育院で何十人もの若いミュータントの活発な教師と同様にハンクはチーム住み込みの天才としてもう一度役目を果たした。
 彼の最新の変異に対処できないで、トリッシュはハンクに電話をして、彼らの関係を終わらせた。

 すぐ後に、ハンクはエグゼビア教授の身体を乗っ取った彼の意地の悪い双子のカサンドラ=ノバによって所有されていたビークによって昏睡に余儀なくさせられた。ハンクは回復しカサンドラの計画は露見して破られたが、彼女はエグゼビアをミュータントだと世界に公表して永遠にXメンのエグゼビア・マンションでの人生を変えてしまった。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。