Event P


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Phoenix Saga/フェニックス・サーガ (1976-1977)

ユニバース マーベル・ユニバース
長いのでこちらを参照。


Planet Hulk/プラネット・ハルク (2006)

ユニバース マーベル・ユニバース
 ハルクがS.H.I.E.L.D.の宇宙船で地球から遠くに投げ捨てられたとき、意図した目的地はどんな知的な生物にも欠けている青々とした緑の惑星のはずだった。残念ながら、船はワームホールに吸い込まれ、そして気付くとハルクは不正な帝国が野蛮な部族を圧迫した惑星にいた。この惑星、サカールはワームホールの近くに位置して、広い多数のテクノロジーと多くの異なるエイリアンがいた。
 ハルクは帝国によって捕らえられて、服従しないのでコントロール・スラグを注入されて、彼が剣闘士として戦うためにインペリアル・アリーナに投げ込まれた。

 彼が初戦を乗り切った後に、原住民の一人がアリーナを監視するレッド・キングが惑星の皇帝であるとハルクに言った。ハルクは皇帝を決闘に引き込んだ。
 始めは皇帝が優勢だったが、ハルクは戦いの向きを変えて彼の頬を切った。皇帝はハルクに、惑星で最も致命的な剣闘士学校のマウに行かせた。
 ハルクは、入校テストを乗り切って、ミーク、コルグ、ラヴィン=スキー、ブルード、エロエ、およびヒロイム・ザ・シェームドとして知られている束縛を解かれたシャドウ・ウォーリアーの剣闘士仲間と共にグループにされた。彼らは一緒に様々な挑戦を破って、帝国が何カ月も探し続けていたワイルデボット一味を殺した。

 剣闘士がお祝いしたとき、彼らはサカール・デモクラティック・インサージェンシー(帝国を打倒する際にハルクの援助を求めた反逆者たち)によって中断された。ハルクのグループで唯一エロエが仲間になって、インサージェンシーはすぐに留置された。
 ハルクと彼の剣闘士はインペリアル・アリーナに行かされて、彼らはリングで3ラウンドを生き残らなければならなかった。第1ラウンドでは、ハルクは大きな爆弾が彼のチームメイトに着弾するのを防ぎ、一見犠牲になった。
 死にかかっているラヴィン=スキーは最後の抵抗で他の剣闘士を導き、そしてスキーが死んだちょうどその時、ハルクは再び現れて残りの攻撃者を殺した。

 ラヴィン=スキーの死は戦士を一つに集めた。そしてヒロイムの下でグループはウォーバウンドというチームになった。最終的な戦いでは、彼らはシルバー・サヴェッジ(シルバー・サーファーの剣闘士名)と対戦した。サヴェッジがハルクを攻撃したとき、シルバー・サヴェッジを友人だったと信じていた彼は激怒した。他の剣闘士と共に戦って、ハルクはサヴェッジに注入されたコントロール・スラグを破壊して、彼をほとんど殺しかけた。
 レッド・キングによって差し出された最終テストはエロエと他の反逆者たちを殺すことだった。ハルクと彼の剣闘士は拒否したが、皇帝が彼女らを殺すことができる前に、サーファーが蘇ってアリーナの剣闘士と奴隷のコントロール・スラグの全てを破壊した。
 アリーナから抜け出して、ハルクは多くの他の者を自由に導いた。彼の血のしずくは春の前なのにサカールに珍しい花を咲かせた。そして、何人かに彼が予言されたサカールサンであったと思わせた。


Planet of the Symbiotes/プラネット・オブ・ザ・シンビオートズ (1995)

ユニバース マーベル・ユニバース
 クリストロン・モジュレーターを盗もうとしていた無政府主義者との一連の交戦において、スパイダーマンはシンビオートに接着されることに関してベノムの疑問を持った。だれがだれを制御していたか?
 エディー=ブロックは彼の状況をよく考えることができるように、シンビオートに彼のもとを去るように命じた。ピーターに続いてエディーの拒否に腹を立てているシンビオートは、苦しみの泣き声を出した。そして、それはシンビオートの全小隊を地球に引きつけた。

 スパイダーマンとスカーレット・スパイダーは、いやいやながらのホストがシンビオートによってモジュレータを盗むことを強制されているのを発見するために、生身のブロックと到着した。シンビオートはモジュレータを盗んで、より多くの同胞が地球に来るポータルを他のシンビオートが組み立てるのを助けた。
 ベノムのシンビオートはブロック、スパイダーマン、およびスカーレット・スパイダーをポータルに入るのを強制した。三人は、ホストを支配していたシンビオートでいっぱいの惑星に出た。彼らの短い滞在の間にブロックはベノムと復縁して、シンビオートの小史を話された。
 彼らは、他の存在の感情を食料にする征服している種族だった。ベノムのシンビオートは、彼が支配より交信して、接着するのに集中していたと仲間に見つかったとき、投獄されて死ぬように宣告された。刑務所はシークレット・ウォーズの間にバトルワールドに置かれ、そこでスパイダーマンがそれを見つけた。

 地球へ帰って、ヒーロー達は全面的な侵入があったということを発見した。多くの人々は、キャプテン・アメリカのようなヒーローを含むシンビオートによって捕らえられていた。カーネイジは昏睡から目ざめて、彼がこれらの共生者を吸収できることを学んだ。こうすることによって、彼はより強力でより大きくなった。カーネイジはシンビオート基地を攻撃し、何百を吸収して一枚岩のようになった。彼らは、ベノムが「生まれた」聖母教会に行った。カーネイジは後に続いたが、スパイダーマンとスカーレット・スパイダーは彼がガスタンクを爆発させる原因になった所へ導いた。
ベノムは、シンビオートを破る唯一の方法が彼らを殺すことであることを知っていた。彼らは感情にとても敏感だったので、ブロックとシンビオートは苦しみの悲しげな音を出した。しかし、それは十分に強くなかった。ブロックが、彼らがベノムとしていつも一緒に強かったのを知っていたので、彼らは完全に、そしてすっかり接着した。
 引き続いて起こる嘆きは、シンビオート全員が集団自殺を行ったように強かった。ベノムは、彼らが単に昏睡の状態になるとスパイダーマンに話した。だまされたことに腹を立てて、彼らはベノムが溶け込むためにシンビオートを利用したベノムに直面しようとしていた。



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。