Operation: Galactic Storm


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オペレーション:ギャラクティック・ストーム


 クリー・スプリーム・インテリジェンスについて何度か悪夢を見た後、リック=ジョーンズは、助けを求めてキャプテン・アメリカと連絡をとった。会っている間、シーアー帝国のインペリアル・ガードは彼らを攻撃して、リックを誘拐した。

 最悪の場合を考えて、キャプテン・アメリカはアヴェンジャーズ・ウエスト・コーストを招集した。インペリアル・ガードとクリー・セントリーの数人のメンバーとの短い交戦の後、チームはシーアーとクリーが交戦中だと知った。

 クエーサーはすぐに、2つの帝国がスター・ゲートとして太陽系を使用していると発見した。(ゲートは太陽を不安定にさせていた)。アヴェンジャーズは両方の帝国に交渉を持ちかけることによって戦争を止めてみると決めた。

 キャプテンアメリカはヒーロー達を3つのグループに分けた。
 チーム・アース:ワスプ、ヘンリー=ピム、ファルコン、ギルガメッシュ、モッキンバード、シーハルク、スパイダー・ウーマン、ホークアイ。
 チーム・クリー:キャプテン・アメリカ、ブラック・ナイト、クリスタル、ハーキュリーズ、アイアンマン、セルシ、U.S.エージェント。
 チーム・シーアー:キャプテン・マーベル(モニカ=ランボー)、リビング・ライトニング、スターフォックス、スカーレット・ウィッチ、ソー、ヴィジョン、ワンダーマン。

 地球に後に残されるのにいらいらしていて、ホークアイはいくつかのピム・パーティクルズを摂取して、ゴライアスのコスチュームを身につけた。 キャプテン・アメリカはチーム・クリーでU.S.エージェントをゴライアスに取り替えた。

 すぐ後に、シーアーはキャプテン・マーベルの墓と同様に地球のクリー遺跡を襲い、クリー技術の断片を盗んでネガボムという大量破壊兵器を組立てた。 ワンダーマンとヴィジョンの努力にもかかわらず、クリーの宇宙に爆弾は届けられた。

 その間、シーアーのデスバード王女がクリーの指導者のアエル=ダンとダー=ベンを殺害して、アヴェンジャーズの最善の努力にもかかわらず、再びシーアーとクリーの間の緊張は高められた。有機コンピュータのクリー・スプリーム・インテリジェンスは帝国の唯一の指導者の地位をわが物とした。

 結局、アヴェンジャーズはなんとかシーアーの指導者たちとの接触を確立して、戦争の終結について交渉することができた。しかし、スクラルがいくつかのネガボムを盗んで爆発させて、大部分のクリー帝国を破壊して、交渉はすぐに議論の余地があるようになった。シーアーは帝国の残りを併合した。

 アヴェンジャーズは、後でクリー・スプリーム・インテリジェンスがクリーのほとんど大量殺戮を含む全面戦争を計画していたと発見した。この知識の発見と同時に、アイアンマンは、インテリジェンスを処刑する危険な任務にハーキュリーズ、ヴィジョン、ブラック・ナイト、ワンダーマン、セルシとソーを率いた。この任務の明白な成功は、より大きいチームの中で無視できない緊張を引き起こして、アヴェンジャーズからキャップのほとんど辞任につながった。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。