Event M


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Maximum Carnage/マキシマム・カーネイジ (1993)

ユニバース マーベル・ユニバース
 刑務所から抜け出して、カーネイジは数人の精神病のスーパーヴィラン達を血を流すために集め、猛威を振るった。カーネイジを破るためにスパイダーマンとベノムは不安な同盟を試みた。ベノムは捕らえられ、そして結局、キャプテン・アメリカを含む数人のヒーロー達がスパイダーマンに加勢した。
 シュリークの手助けで、カーネイジは気が狂って理不尽な行動するように多くのニューヨークの市民を説得して、暴動と銃撃を引き起こした。混沌の中でヒーロー達はカーネイジ・ファミリーに立ち向かって、彼らを破った。カーネイジによって拷問されたベノムが、カーネイジがいなかったと聞いたとき、彼は激怒していてスパイダーマンを殺そうとした。しかしながら、カーネイジは健在だった。見たところでは自分を犠牲にしてベノムはカーネイジを破った。


Maximum Security/マキシマム・セキュリティ (2000-2001)

ユニバース マーベル・ユニバース
 シーアー銀河間協議会の会議でスクラルは、人類に対して正式に苦情を訴えると決めた。これはカードリKが彼らの仕事に干渉し続けていたという事実のためだった。スクラルは人類について不満足な唯一の種族ではなかった。タイムキーパーがカンによって殺害されて、協議会が地球を非難するように十分であることがこの会議で明らかにされた。
 しかしながら、協議会が休会されたときにルール種族は、銀河間刑務所として地球を使用するよう提案する別のオプションをリランドラに提供した。これは同意された。
 しかしながら、実際は、エイリアンの囚人の一人はエゴ(リビング・プラネット)のためのホストだった。エゴはそれから危険な率で拡大して、全ての惑星をおおうと脅迫した。アイアンマン、ファンタスティック・フォーとシルバー・サーファーを含む複数のヒーローは脅威を止めようとした。しかし、彼らにはほとんど成功がなかった。ルールがU.S.エージェントによってオムニウェーブ・プロジェクターを使っているのを見られたあと、彼らが実は進化したクリー種族の分枝であったことが明らかになった。

 そして、スプリーム・インテリジェンスが彼の種族を進化させるのにデスティニー・クリスタルを使用して、地球のヒーロー達が過去にしばしば彼に問題を引き起こしたので彼らを止めるために協議会を操ったのが明らかにされた。

 クリーと様々なヒーロー達との大きい戦いの後に、クエーサーはファンタスティック・フォーによって作成されたマシンで何とかエゴを吸収した。


Mutant Massacre/ミュータント・マサカー (1986-1987)

ユニバース マーベル・ユニバース
 モーロックズとして知られているミュータントの裏社会はMr.シニスターの命令で悪党らしいマローダーズによって虐殺される。調査でXメン、Xファクター、および他のヒーローは自分たちが生き残っているモーロック族を撲滅から救う生か死の闘争に閉じ込められたのがわかった。



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。