Infinity War


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

インフィニティ・ウォー


 冒頭では、サノスがインフィニティ・ガントレットの出来事の後に逃げた惑星に、彼が幸福に追放されないで代わりに彼の小農業小屋に高性能の監視本部を建設していたのが明らかにされた。この設備の使用で、宇宙が危険にさらされていると発見したので、彼は調査するために流刑の惑星を出た。また、エターニティ自身が昏睡状態であったのがわかって、ギャラクタスはショックを受けた。

 同じ頃に、スーパー・ヒーローの軍勢は、ゆがんだクローン、または自分たちのドッペルゲンガーによって攻撃された。一般的なスーパーヒーロー大衆へ知られないで、なんとか彼らの本当のバージョンを抑圧することができたクローンは、彼らに摩り替わって影響を受けないふりをずっと続けた。

 結局、すべての原因がなんとアダム・ウォーロックの追放された悪の側であるメイガスだったと発見された。死んでいると信じられていたが、メイガスはインフィニティ・ジェムズを集めてインフィニティ・ガントレットを作るために甦り、それらが二度と一緒に決して使われないだろうというリビング・トリュービナルによってされた決定を翻した。

 地球に戻り、大勢のスーパー・ヒーロー達が、ドッペルゲンガーに関して何をしたらよいかを議論するためにフォー・フリーダム・プラザに集まった。しかしながら、グループのための司会者(リード=リチャーズ)は、彼自身がドッペルゲンガーに入れ替わっていたと判明し、そして彼が偽者であったと感じたデアデビルとウルヴァリンの両方の努力にもかかわらず、彼はタワーの頂上でガンマ爆弾を起爆して、上から数階を破壊して巨大な4があったところにクレーターを残した。運よく、ヒーロー達は土壇場で救われて、メイガスを止めるためにアダム・ウォーロックとサノスと共にいやいやながら集められた。

 メイガスは6つの宝石に加えて、インフィニティ・ガントレットを得る彼の計画に成功した、そして、ヒーローの軍団が彼を止めることができる前に、彼は彼ら全員を捕らえるガントレットの巨大な力を働かせた。彼を止めるためにアダム・ウォーロックだけを残して。決定的対立は始まり、ウォーロックと彼の悪の側が巨大なスケールで戦い続けた。しかし、サノスとウォーロックが秘かにリアリティ・ジェムをコピーに取り替えていたので、メイガスは結局、戦いに破れた。

 敗北して、メイガスはアダム・ウォーロックのソウル・ジェムの中のソウル・ワールドに追放されて、ヒーロー達は地球に戻り、そして、サノスが耕作する彼の孤立している惑星に戻り、事実上、多分アダム・ウォーロックの良い側(ゴッデス)が、より危険な脅威であるかもしれないと考えた。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。