Event K


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Killing Stroke/キリング・ストローク (1991)

ユニバース マーベル・ユニバース
フリーダム・フォースはクウェートからドイツ人の物理学者ラインホルト=カーツマンを解放する任務を引き受けたが、イラクのスーパー・チーム、デザート・ソードが登場したとき、いろいろなことが恐ろしく支障をきたした。

Kings of Pain/キングス・オブ・ペイン (1991)

ユニバース マーベル・ユニバース
テロ組織A.I.M.はプロテウスという強力な現実を変えるミュータントを復活させようとする。そして、彼らを止めるのは、様々なXチームとニュー・ウォリアーズ次第だった。

Kraven's Last Hunt/クレイヴンズ・ラスト・ハント (1987)

ユニバース マーベル・ユニバース
 クレイヴン・ザ・ハンターとして知られるセルゲイ=クラヴィノフは、彼の死が近づいていたのを知っていた。彼のハワーはゆっくり衰え始めていて、彼は必死になって彼の人生の最も大きい狩り(スパイダーマン(ピーター=パーカー)を殺す)を終了したがっていた。彼がウォールクロウラーより優れていると立証するのが必要であったので、彼は戦いのために準備するのに危険なテクニックとジャングル・ハーブを使用し始めた。ある夜、ピーターが彼の新婚旅行から帰ったので、クレイヴンは彼を待伏せた。スパイダーマンは、クレイヴンの使うライフル(非常にハンターらしくなかった何か)にまごついた。スパイダーマンがセルゲイの罠のうちの1つと戦ったのでクレイヴンは撃って、明らかに彼を殺した。

 クレイヴンは彼自身の土地の庭にスパイダーマンの体を埋葬した。セルゲイの次のステップは、彼の敵になることだった。クレイヴンは彼自身でスパイダーマンのコスチュームを身に着けて、都市をパトロールし始めた。彼はメリー=ジェーン=ワトソンのものを含む命を救ったが、実際に何人かの犯罪者を殺した。クレイヴンは、ヴィランのヴァーミンを捕らえることによって、スパイダーマンの才能を負かした(スパイダーマンは一人でヴァーミンを破ることができなかった)。

 スパイダーマンは敗北の2週間後に、棺の中で目を覚ました。彼はトランキライザーを撃たれて、生き埋めにされていたのだった。激怒したスパイダーマンは脱出して、クレイヴンを追い詰め始めた。クレイヴンの居場所を発見すると、即座にスパイダーマンは彼を攻撃し始めた。クレイヴンは、反撃する必要を感じなかった。彼にとってそれは終わっていて、ハンターの勝利だった。彼はスパイダーマンにヴァーミンと闘うよう要求した。しかし彼は拒絶し、ヴァーミンは彼を攻撃した。クレイヴンはスパイダーマンを助けて、後に彼自身の生命を終えた。

Kree-Skrull War/クリー・スクラル・ウォー (1971-1972)

ユニバース マーベル・ユニバース
長いのでこちらを参照。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。