※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


どこにマイルストーンを置くか

学習計画を立てたら、全体を4等分した中間地点にマイルストーンを置くことを最低限やっておきたいです。その時点で、計画の進行状況を確認しましょう。時間的に余裕があり、カレンダー通りに週単位、月単位での中間点の設定を行った場合でも、プロジェクト全体の進捗に応じたマイルストーンも合わせて置きましょう。

マイルストーンの効用

マイルストーンでの進行確認から得られる主な効用は、次の3つになります。
  • 進捗管理
  • 計画後の変化に対応
  • 途中放棄を防ぐ

進捗管理

マイルストーンの機会に計画と実績を照合することで、一定した学習ペースが守れているか、計画した進捗ペースが実情に合っているか確認できます。計画が捗っていれば、自分のがんばりを素直に満足しましょう。学習計画に無理があるのであれば、修正を検討しましょう。

また、いつ終わるのか、残りどれだけの時間頑張れば良いか予測できます。これは、やる気につながります。特に計画の終盤では、この数字が強い動機付けになります。終盤になったら、残り日数をスケジュール表に書き付けてカウントダウンするのは楽しいことです。

計画後の変化に対応

計画を実施してはじめて分かる事実は必ずあります。また、開始後に外部環境の変化に劇的な変化が起る可能性もあります。また、勘違いによる事実誤認があるかもしれません。当初の計画やゴールに固執して、貴重な時間を無駄にするより、実をとりましょう。

社会経験を重ねることで、学習によって得た知識の蓄積で、自分の考え方が変化成長し、目的が変わる可能性はあり得ます。このゴールは自分が本当に望んでいることなのか、真剣に向き合うチャンスをマイルストーンは提供してくれます。

途中放棄を防ぐ

事故、病気、トラブル、スランプなどを原因とした、一時的な中断や遅延から計画全体の挫折を防ぐことができます。大きなトラブルに巻き込まれると、感情的に追い込まれ、苦しさから計画を投げ出したい誘惑に駆られることがあります。
具体的な数字があれば、冷静に判断する助けになります。全体の位置づけが分れば、all or nothing と安易に即決せずに、中断したら達成済みの地点から再開すれば良いと考えられるのです。

素直に達成感にひたる

晴れてマイルストーンにたどり着いたということは、ともかく成果を積み重ねたことに外なりません。これまでの足取りを振り返って、必ず達成感を味わいましょう。

社会人になってあえて学習することは、家族や友人、同僚、上司といった人たちの理解や支援があって成立するものです。このような人たちに感謝することを忘れないようにしましょう。

終盤では詰め方を確認する

進捗率が3/4を越えた地点では、計画のクロージングの仕方を確認しましょう。何をもって計画完了とするのか、明確に定義できていますか。



このページを家族友人に勧めたいと思う


  

人気ページ


更新履歴

取得中です。

最新のおすすめ

日本とは何か (第3巻) (岡田英弘著作集(全8巻))
幻の防衛道路―官僚支配の「防衛政策」
「平和」という病~一国平和主義・集団的自衛権・憲法解釈の嘘を暴く~
現代中国の見方 (第5巻) (岡田英弘著作集(全8巻))
『永遠の0』と日本人 (幻冬舎新書)
昭和史をさぐる (朝日文庫)
高橋景保一件―幕府天文方書物奉行
日本国憲法の真実 偽りの起草者ベアテ・シロタ・ゴードン
超一流になるのは才能か努力か?
戦後経済史は嘘ばかり (PHP新書)
この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡 (角川文庫)
妻も敵なり―中国人の本能と情念
人間はなぜ戦争をやめられないのか―平和を誤解している日本人のために (Non select)
厄介な隣人、中国人 (WAC BUNKO)
雨月物語 (21世紀版・少年少女古典文学館 第19巻)
日本人のための歴史学―こうして世界史は創られた! (WAC BUNKO)
中国4.0 暴発する中華帝国 ((文春新書))
優位戦思考で世界に勝つ
間違いだらけの憲法改正論議 (イースト新書)
嘘だらけの日露近現代史 (扶桑社新書)
大英帝国の親日派 (中公叢書)
声の文化と文字の文化
国家指導者のリーダーシップ―政治家と将帥たち
アルフレッド王の戦い
繁栄と衰退と―オランダ史に日本が見える (文春文庫)
「憲法とは何か」を伊藤博文に学ぶー「憲法義解」現代語訳&解説ー
英語とはどんな言語か: より深く英語を知るために (開拓社言語・文化選書)
岸信介証言録 (中公文庫)
日本近代技術の形成―“伝統”と“近代”のダイナミクス (朝日選書)
アメリカ職人の仕事史―マス・プロダクションへの軌跡 (中公新書)
ことばと文化 (岩波新書)
周恩来・キッシンジャー機密会談録
波紋と螺旋とフィボナッチ
めざすは飛鳥の千年瓦
決定的瞬間―暗号が世界を変えた (ちくま学芸文庫)
原敬 外交と政治の理想(下) (講談社選書メチエ)
民主主義の未来―リベラリズムか独裁か拝金主義か
新訳 フランス革命の省察―「保守主義の父」かく語りき
情報なき戦争指導―大本営情報参謀の回想
英語のソーシャルスキル
大本営参謀の情報戦記―情報なき国家の悲劇 (文春文庫)
ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由
消えたヤルタ密約緊急電―情報士官・小野寺信の孤独な戦い (新潮選書)
能の物語 (講談社文芸文庫)
眠れる心を一蹴り―創造能力を開発する愉快なトレーニング
武士道と日本型能力主義 (新潮選書)
「戦争」の心理学 人間における戦闘のメカニズム
戦争における「人殺し」の心理学 (ちくま学芸文庫)
奇跡の生還を科学する 恐怖に負けない脳とこころ
チャンスを広げる思考トレーニング

累計: -
今日: -
昨日: -
ここを編集