※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新総勘定元帳

新総勘定元帳では以下の機能を実現しています。
  • 法廷報告と管理レポート
  • セグメントレポート
  • 任意の特性を使用する財務レポート (分割)
  • パラレル会計の単一表示
  • リアルタイム統合 (CO⇒FI)
  • 透過性および整合性
  • 標準拡張および拡張性 (カスタマ項目)
  • 期末処理の促進

新総勘定元帳の利点

新総勘定元帳には従来の総勘定元帳と比較して、
以下のような利点があります。

  • 標準で提供されている新総勘定元帳には拡張データ構造があります。
カスタマ項目も総勘定元帳に追加することが出来ます。
  • (リアルタイムの) 分割により、「セグメント」などの
エンティティに対する財務諸表を登録することが出来ます。
  • 管理会計 (CO) と財務会計 (FI) との間の照合がリアルタイムで行われます。
今までの照合タスクが不要となります。
  • 新総勘定元帳により、総勘定元帳内で複数の元帳を管理することができます。
これは、SAPシステムでパラレル会計を実現する方法の 1 つです。