※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新製品の予測

  • 非常に困難。テストでデータを収集。
  • 改良型製品なら同一商品カテゴリーの導入時のデータを参考に。



既存商品の予測

  • 一般的には「月別平均法」
  • トレンドを組み込むには
  • 「連関比率法」
  • 「移動平均法」
  • 「EPA法」
  • 「X11」
  • 直線、成長曲線、指数関数、対数関数の傾向線
直線の回帰分析から求める 
(ビジネス統計学特論でのSAS) 



販売予測


ビジネスプロセスのモデリング、予測およびシミュレーションのための時系列および計量分析テクニック





価格設定

販売データが効果を発揮する領域

  • 売価別の売上数量②他ブランドとの比較

価格設定は原価・需要・供給の3要因による

  • 原価志向型(マークアップ方式、コストプラス方式、目標利益価格方式)
  • 需要志向型(知覚価格型、差別価格型)
  • 競争志向型(実勢型、入札型)