※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

得意先、仕入先マスタに登録されている統制勘定以外の統制勘定を
使用して伝票転記する機能。
リソースに対して支払われるお金を管理する機能。
支払うべきお金を、支払うべき時期に、
自動で支払いを行ってくれる機能。
お金を払っていない得意先に送る
督促の文書を作成する機能。
連絡するための文書を作成する機能。

ケーススタディ

会社の作成から、帳票の作成まで。

基礎チェック

1. 特殊仕訳取引で転記される統制勘定は、どのような統制勘定ですか?

  1. 得意先マスタに登録されているもの
  2. 仕入先マスタに登録されているもの
  3. 得意先/仕入先マスタに登録されていないもの

2. 特殊仕訳取引の転記であることをR/3に識別させる為に必要な入力項目は何ですか?

  1. 特殊仕訳コード
  2. 勘定コード
  3. 伝票タイプ
  4. 取引タイプ

3. 特殊仕訳取引の転記方法のうち、片仕訳で転記されるのはどの方法ですか?

  1. 全て片仕訳で転記可能
  2. 備忘明細
  3. 統計転記
  4. 任意相手勘定

4. 特殊仕訳取引で使用可能な転記キーは何ですか?

  1. 登録されている全ての転記キー
  2. 得意先/仕入先請求書で使用可能な全ての転記
  3. 属性が特殊仕訳取引用に設定されている転記キーのみ

5. 源泉徴収税計算のために仕入先マスタに設定する項目は何ですか?

  1. 源泉徴収税コード
  2. 金利フラグ
  3. 支払方法

6. 項目ステータス制御で最も優先度が低い設定は何ですか?

  1. 表示のみ
  2. 入力任意
  3. 非表示
  4. 入力必須