※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

棚卸 (Stock Taking)

作業内容

現物と帳簿(コンピュータ)の数量確認

目的

  1. 資産計算を行い、貸借対照表棚卸資産を確定する。(期・年度末)
  2. 計画通りの生産・正しい MRP 計算

種類

一斉棚卸

全ての在庫品(期・年度末)

循環棚卸

決められた点数、サイクル、ABC分析などによる重点管理。

随時棚卸

在庫数が一定量以下になるとシステムから指示が出る。