※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

デジタル経済

企業の情報化

組織の環境
在宅勤務、モバイルオフィス
メリット…時間・経費の節約。
デメリット…業務形態に慣れている人が少ない。
業務の環境
ネットワーク化(グループウェア、EDI、Internetなど)
事務の環境
Small Office、Paperless

電子商取引(e-Commerce:基本的にB2C)

新しい市場の誕生
仮想空間
新しいビジネスの創出
SOHO、デジタルコンテンツ
既存ビジネスの転換
インターネットビジネスへ転移
製品のデジタル化
電子/情報/通信機器

変化のスピード

1980年代までは水準の変化速度は等速(線形型/Linear)、
1990年代以降は、等加速度(指数型/Exponential)の成長。

現代を取り巻く三つの世界

  • 現実世界
  • サイバー世界(インターネット)
  • 宇宙世界
  • 霊媒世界







求められる人材像

会社に有用なシステムの開発

  • 業務生産性の増幅
  • 中間コストの削減

情報戦略を先導する人材

  • 既存システムの有効活用







農耕社会 産業社会 インターネット社会
社会基盤 土地、労働力 資本、技術 情報、知識
空間概念 土地 = 空間 土地 + 複層建物 実際空間 + 仮想空間
時間概念 働く時間と休む時間が昼と夜に区分 働く時間と休む時間の区分が明確 働く時間と休む時間が混合
速度概念 10 m/s
(人の速度)
100-2000 km/h
(機械の速度)
300,000 km/s
(光の速度)
対話の幅 1対1の対話 1対多数の対話 多数対多数の対話
媒体概念 Person-to-Person マルチメディア
(アナログ)
統合メディア
(デジタル化)



ユビキタス社会の課題

  • セキュリティの問題
  • 標準化の策定

人的資源の変革

記憶/均質性 → 創造/多様性
  • 女性、老人の社会参与増加
  • 情報/創造力の育成
  • 教育の革新

社会構造の変革

地域/政治中心 → グローバル/経済中心
  • 地球村の単一市場化
  • 国際共通文化形成
  • 革新企業が社会を支配

国際化 (Internationalization)
多国間ビジネス
グローバル化 (Globalization)
世界対象に現地化

産業構造の変革

産業/資源集約型 → 情報/サービス型
  • 情報/メディア産業主導
  • 産業統合/水平統合
  • ネットワーク型資源組織

生涯事業スタイルの変革

量産型 → 高品質
  • 家庭/家事の自動化
  • 顧客サービス利潤
  • SOHO



知識経営

知識基盤経営

  • 知識経営実践の具体的な方法
  • 知識力量を備えた専門家集団
  • 知識経営のためのインフラ構築
  • インセンティブと業務評価 → 知識序列制の導入

知識資源管理

  • 知識創出メカニズム
  • 知識移転と拡散のメカニズム
  • 知識貯蔵と共有方案
  • 知識蓄積および活用方案

KMS (Knowledge Management System)
知識資源管理システム。



ビジネスモデル