※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

True Trick - Treat Threat... (えんもたけなわ)

GM:――――見よ!!

GM:運切です。

譲二:わあ、まだ続くのか!

GM : ふふん

GM:数多のジャックオーランタンなどもろともせずに

GM:ジョージはその腕を前へと突き出す。

GM:彼を救うために。 その、優しさで。

GM:しかし……

GM:それすらも、良しとしない人間が ひとりだけ いた。

GM:そのカボチャは目くらまし。

GM:この世界に彼女が登場した際に使った魔法の応用で……鬱は――

GM:ドゥドゥフィツィッタッヅァは!

GM:ジョージとイィィリカの間に、立ちふさがった!!

GM:ジャッジメント、お願いします。

GM:私は+。 彼女の全身全霊の意志です。

莠世:+

譲二:立ちふさがるのなら+

譲二:むしろ望むところ。

譲二:問題は、このあとなんだけど(笑)

びおら:+

GM : 可決。

GM : :「――――――――」 ばっ

GM:ジョージの攻撃をさえぎります。

譲二:彼女がなにをするかにもよる。

GM:腕は止めます?

譲二:最終的に私がイィィリカを攻撃命中に導けるなら(笑)

GM:それはわかりません。

GM:とりあえず、ジョージの前に彼女は立ちふさがりましたが、何かやる事はありますか?

GM:演出、発言、行動、何かしら。

譲二:立ちふさがっただけのところでいいのですね?

GM:まぁ、一応カボチャで周囲はガードしていますが。

GM:撫でるような感じみたいですから、イィィリカ以外には効果無いような気がします。

びおら:鬱ちゃんに何か台詞があるなら台詞だけ言わせるとか?

莠世:/鬱は、譲二の腕に刺し貫かれる直前、微笑んでいた。

莠世:/これで、大切な人を守れる。そう思えば自然に笑みがこぼれる。

莠世:/が、それよりも早く……

莠世見よ!

GM:聞きましょう。

GM:演出どうぞ!

莠世:イィィリカは、その様を狂気の表情を浮かべたままみていた、が

莠世:刹那の間、その表情もなくなり

莠世:腕を大きく振るう。

莠世:その腕は、鬱の華奢な身体にあたり、彼女をはねとばした

莠世:そう、真横に

莠世:そして、障害物の無くなった譲二の腕は、

莠世:当初の目標どおり、まっすぐに

莠世:突き進んだ

莠世:以上です!

GM:…………ふふ

GM:マイナス! -!

莠世:+

譲二:当然+ー!

びおら:+

GM : ちっ

GM:イィィリカに鬱の身体を貫かせるつもりでしたのにっ!

譲二:なっ!?それは、予想外!だった、ZE!

GM:と言うわけで、可決です。

GM:その瞬間、鬱は何がおきたのかわからなかった……。当惑……いや、彼女は倒錯していただけなのだろうか。 その答えが

GM:その行動には、含まれていたような気がして――。

GM:居たかった場所から。

GM:遠ざかる――――――。

莠世:/腕を振り払ったイィィリカの表情は、先程の鬱と同じ、いやそれ以上に満足げな表情であった

譲二:「やっぱり、君達は、とてもやさしい……」

GM:続きをどうぞ、ジョージさん。

譲二:その行動を愛おしく、見ながら、譲二の腕は進む。

譲二:そして、イィィリカの頭に、ぽんと、触れる。

譲二:それはまるで、子供の頭をなでるかのように。

莠世:/譲二の触れた場所から、イィィリカの身体は分解されていく

譲二:そして、譲二と重なるように、カレスの姿も見える。

びおら:/「…ありがとう」と。確かに、彼は。鬱に、彼女につかの間の絶望を与えた言葉と同じ言葉を、投げかけた。それは、希望ではないが。決して絶望ではなく…

譲二:それは、安らぎ……

譲二:そう、幾人かは見た事がある。それは、譲二を癒したカレスの姿。

莠世:/分解されていく身体は、光の粒子となり、その周囲に広がっていく

莠世:/その輝きは、まるで蛍のように、優しく、哀しく

譲二:とても、愛おしかった……

譲二:「……お休み。イィィリカ。君の罪は、生きる事の罪は、あとは俺に任せなさい」

びおら:/月が姿を隠す。その場を照らす光は、イィィリカの光のみであった…

莠世:/そして、最後の一欠片が、光に変わり……

譲二:「君の罪は、俺が、すべて許すから……」

莠世:/その光は一瞬微笑んだように、皆の目に映った

びおら:「あなたの光を、少し、お借りいたします……」そっと、光の欠片に触れます

GM: 「 彼女に、教えてあげてくれ 」

GM: 「 私は 幸せ だったのだと 」

譲二:「ああ。必ず……」

GM: 「 そこだけは バケモノに 喰われる事の無い       」

GM: 「  」

GM: 「 」

莠世:/そして、譲二の言葉に頷くように形をかえ、その光は何処からか吹いた風に乗って

莠世:/空へと舞昇った……吹き抜ける時、一瞬だけ、鬱の頬をなでていきながら……

GM:どしゃ。

GM:ぬかるんだカボチャの残骸の上に、鬱は落下しました。

GM : :「…………………………………………」 拒むように、その瞼を硬く、彼女は閉じています。

GM:気絶しているのかも、しれません。

びおら:/鬱の顔についた、かぼちゃの破片は…まるで、涙のようであった

GM:ジャッジ

GM:流石にカボチャの破片で涙は無いと思います。(苦笑

びおら:じゃあ…汁?(待て

GM:マイナスです。-

譲二:汁って(笑)じゃあ-。

莠世:-同感(笑)>カボチャの破片

GM:では、とりあえずNPCが全員沈黙してしまいましたので、皆様今後の行動をどうぞ。

譲二:とりあえず、ウツを解決してから、さらに私のやることかな?

GM : 解決?

GM:鬱の問題を、ですか。

GM:いえ、当面どうするかです。

譲二:とりあえずは、ウツの後始末を。

GM:スメバミヤコに戻るとか、このまま放っていくとか、カレスをどうするのかとか、使われていないジョージさんの運切が気になるとか

GM:そう言う感じです。

莠世:譲二さんの運切りは、私が使っちゃった(笑)

GM:まだ何かあるのでしょう?(にやり

譲二:え?なにそれ?あれ私のなの?(笑)

GM:え? 宣言したゆぜさんのですよ。(笑

莠世:いえ、タイミング?のことだけど>運切り

譲二:あはははは(笑)

GM:まさか、まさか、意味もなくカレスを崩壊させた事は無いでしょう。

GM:NPC沈黙しているので、行動してもらわないと事態が進みませんよー。

莠世:そういえば、スッコーンと忘れてたや。カレス(笑)

びおら:忘れちゃいやん(笑

譲二:忘れるなや(笑)

譲二:君あんなに怒ったのに。

GM:ある意味一番可愛そうな存在ですよ。

びおら:まあ、関わり薄いから忘れやすくても仕方ないかも

GM:薄いからこそ良いのです。

GM:これで濃いキャラが一人増えたら、競い合いになってしまいます。

譲二:一番安全で一番愛ある場所で守られていたのですがね。

びおら:っと、とりあえず。ここかスメバミヤコで、鬱さんが回復するのを待ちますかね?

びおら:スメバミヤコに戻る場合は、鬱さん連れて行くことになりますが

譲二:とりあえず、ウツを解決してから出ないと、なにをするにも。

譲二:ビオラさんたのみます。

莠世:頼みますー

譲二:あっしがなにをするかは大体予測がついているでしょうから。

譲二:って、俺もいくー。

GM:鬱に近づくと

GM:現実を拒むかのように、気絶しているみたいです。

GM:死んではいません。

GM:では、ずりずりとスメバミヤコに運びながら移動しますか?

譲二:(優しい子だ。それゆえに……)なんか思う顔。

びおら:「あら~、ぐっすり眠ってらっしゃいますね~。一度スメバミヤコにお連れするのがよろしいでしょうか~?」

譲二:ん~、まあ、場所はどこでも平気か~。

譲二:ここで目を覚ましてもらっても平気だし。

莠世:此処でいいんじゃ?

譲二:スメバミヤコも同じように廃墟だし(笑)

びおら:ふみー。では、しばらく待ってみますか?

びおら:そういえばそうだね(笑

GM:どうします、か?

莠世:というか、現実逃避して寝てるなら、こっちがアクション起こさなきゃ起きなさそうだ

譲二:じゃあ、起こそうか。

莠世:おねあいしますー

譲二:俺が代表して。

びおら:いきなり奥の手でも使いますか。それで起きる保証はありませんが

譲二:「おきんさーい」

GM:反応しません。

譲二:「世界は救われたよー」

GM:反応しません。

譲二:とりあえず、ぺちぺち叩いて、反応がなかったら、んーって唇を近づける(笑)

GM : ぶっ

譲二:/そして、強烈なユゼの蹴り。

莠世:じゃあ、唇を近づけようとする譲二の横っ面を

莠世:大鎌で一閃。

莠世:じゃっじ

譲二:お願い蹴りにして!

莠世:蹴りません(笑)

莠世:-

GM:あははっ

譲二:鎌はイヤー+

GM : -

びおら:*

びおら:「あら~、見ているほうが恥ずかしいです~(ぽっ」

譲二:負けたー!

譲二:もちろん刃のない方だよね?

莠世:じゃあ、大鎌の一閃。ただし、刃を立てるんじゃなくって、刃の横っちょで

莠世:はりせんの容量で

譲二:「ぱるっく!」

GM:反対側からギギイ゛ディジリッギィの横っちょで

GM:挟みます!

莠世:挟みます

譲二:「ぶべへら!」

GM:それはもう、シンバルで頭を挟まれるよりも酷い衝撃!

譲二:「ちょっ!ま、まちー!脳が!なんか脳から汁出るから!出るからー!!」

莠世:「……この!変態色欲ロリコン疫病神がーーー!!!!」

譲二:ぐで~。

GM : :「…………なんか…………、身の危険が?」

GM:目を開きます。

びおら:「流石にくろすぼんば~は痛そうですね~」

譲二:「って、ぐでってる場合じゃねー!」逃げる逃げるかさかさかさ。

譲二:「変態と疫病神と色欲には断固抗議いたします!」

GM : :「う…………」 上半身を起こして、頭を振ります。

譲二:「っと、こんな事をしている場合ではない」

GM : :「……! ……、…………」

譲二:「お目覚めか?」

GM:はっと気付いたような顔、焦ったような顔、諦めたような顔。

GM:そして、何かに耐えているような顔。

莠世:はあはあと、肩で息をしてから、「まったく、あやつは……!!」っと、憤懣やるかたない表情で

譲二:「あはは。お前の相手はまた今度してやるから」>ゆぜ

譲二:「……耐えなくていいんだよ」

譲二:と、やさしく頭をなでます。

譲二:再び、俺の背後に見える、カレス。

GM : :「ゃ……め、てよ…………、やめ、てよ!」 心なしか涙色の声で

GM:その手を払います。

譲二:「もう、いいんだ」

譲二:払いのけられても、今度は別の手でなでます。

GM : :「わかってるわよ。 もう良いのよ。 理解してるわ。 わかってるって言ってるでしょう!」

譲二:「いいや、わかってない」

GM:払いのけて、ばっと立ちます。

GM : :「わかってるわ! そんなに頭悪くないわよ。ほら、えへ、えへへへ、えへへへへへへへ! えへへへ!」

莠世:「そう。理解してるの。なら話が早いわ」

びおら:「では、何をわかっているのか、おっしゃってください~」

譲二:あ、ごめん。判断がだめだ(苦笑)

譲二:これは肯定してあげるべきところ。

譲二:間違えてる私。

譲二:って、あれー?間違ってなかったあるよ!

GM : :「人が一人死んだだけだもの。今更。 人の魂が一つ消え失せた……、だけだもん。 えへへ!」

GM : :「大した事無い! 些細な事でしょ? お祭りが終わった後みたいな寂寥感……それだけよ、えへへ!」

莠世:「そう。そうして、貴方は彼の魂を救った……ということもね」

莠世:「……彼は、貴方にこう伝えてと、言ったわ」

莠世:「私は、幸せだった」っと

GM : :「な、によ。 冗談言わないでよゆぜ。 あんたらしくもない」

譲二:「冗談じゃないさ。それに、ゆぜは冗談を言わない」

莠世:「私が、冗談を言うと思う?」

びおら:「冗談などではありませんわ」

譲二:「まぁ、冗談の一つも言えるようになればもっと可愛くなるんだけどなぁ」ためいき。

びおら:「はいはい、まぜっかえすのはあとになさってくださいね?」>譲二さん

譲二:「そっね」>まぜかえす

GM : :「…………な、なによ! ハロゥイーンパーティはエイプリルフールじゃないわよ!?」

譲二:「もういいんだよ……」再び、頭をなでる。

GM : :「慰めなんか、私には、似合わないのに!」 引き攣ったように笑います。

GM : :「……幸せなはず、無いじゃない。ずっとずっと、本当は独りで、ずっとずっと、戦ってた、彼が……」

莠世:「信じる、信じないは貴方の勝手」

莠世:「ただ、私は死にゆく人の言葉を、歪める気はないわ……」

莠世:「彼はあの時微笑んでいた。貴方からは見えなかったかもしれないけど」

莠世:「とても、とても。嬉しそうだった」

莠世:「彼は最後に『そこだけは、バケモノに、喰われる事の無い』とも、言ったわ」

譲二:「慰めてなんかいないさ。ほら、聞こえないか?イィィリカの声が……」と、この手はイィィリカを葬った手。

譲二:と、この手を彼女の耳にかざす。

GM : :「私は願いをかなえてあげなかったのに……幸せなわけ…………」

GM : ……

譲二:「聞こえないか?彼の、最後の言葉が……」

びおら:/譲二さんの手が、ほんのり光る。イィィリカの、最後の光のように

譲二:そして、俺とは別に、彼女の頭をなでる、カレスの姿。

GM : :「……………… ざけ、ないでよ…………」 消えそうな声で。

譲二:「……聞こえた、な?」

GM : :「だから私は…………貴方を………………手放したくなかったのに。 なんで、さいごにそんな」 ぎゅっと、大きな帽子をかぶって。

譲二:「だから、もう、強がらなくていいんだよ。君の罪は、俺が、彼の代わりにすべて許すから」

GM:両手でそのつばを下に引っ張ります。

譲二:もうなでられん。

莠世:「私には、彼の言葉の意味などわからない。でも、鬱。……貴方なら判るでしょう?」

GM : :「…………っ、っ…………っ!」 顔を背けて。

GM:皆から数歩退いて。

GM:帽子で顔を隠して。

GM:震える、彼女。

譲二:我々は、もう見ているだけです。

GM:その頬から、何かが滴り落ちていました。

譲二:あとは、もう、彼女が自分で解放されるだけ。

びおら:/そして。鬱の嗅覚をくすぐる匂い。それは、かつて自分が大嫌いだといったものを、たとえたもの

びおら:/やたら甘いくせに、苦くて、生温かくて、食べられたものではない…

GM:失敗した、パンプキンパイ。

譲二:/でも、大好きなもの……

莠世:/大好きだったけど、無くしてしまったと思ったもの

莠世:/もう手に入らない、そう思ったから遠ざけていた、モノ

GM : :「…………何よ」 ちょっと帽子のつばを上げて、そちらを見ます。

GM:びしょびしょの瞳をぬぐって、隠れ見るように覗きました。

びおら:譲二さんと、ゆぜさんと、びおらの3人が。大きなお皿を一緒に持っている。そこに乗っているのは

びおら:あの、パンプキンパイ

譲二:/失敗した、パンプキンパイ。

GM : :「…………最初から、失敗していたのかな。 最初の最初から、間違えて間違えて……だから、最後の最後まで間違えていたのかな」

譲二:「そんな事はないさ。最後の最後は、間違えてないんだから」

びおら:「あら。失敗していたかどうかは。食べてみなければわかりませんわ」(そうでしょう?と譲二さんとゆぜさんを見る)

譲二:「はは、まったくだ。食べてみなきゃ味はわからないよな」

GM : :「……でもさ、すっげー醜くて、不細工だよ。そう思わない? えへ、へ……」

莠世:すっと、パイの表面をなでて……「甘い、でも」

莠世:「優しい、味」

びおら:「このパイは、わたくしでも、もう二度と作れはしませんから」

GM : :「…………」 ぱ、とギギイ゛ディジリッギィで一口サイズ分すくいあげ

GM:口に放りこみます。

GM:租借して

GM : :「……えへへ、へ」

GM : :「まずーーーい。 えへへへへへへへへへへへ!」

譲二:「失礼なヤツだな~。ははははは」

GM : :「本当、気持ち悪いのに」 ぽろりと、最後のひとしずく。

GM : :「……ね。甘いんだよね」

莠世:「……甘い、ね。」

譲二:では、再び、彼女の頭をなでます。

譲二:ふぅんむ。

GM:どうしました?

譲二:いや、どうもっていこうかなっと思って。

譲二:ギャグにするのか、シリアスでしめるのか。うーむう……

GM : :「ふん、止めてって言ってるじゃないの。 学習能力の無い猿が」 今度は軽くてを押しのけて

GM : :「そんなに撫でるのが好きなの? フェチ? んん? えへへへへへへ!」

GM:意地悪く笑います。

莠世:「気にするな。こいつのはただの考え無しだ」

譲二:「ふっ、よくわかったな。当然ながらフェチなのである!」なでなで。

莠世:無言で膝裏に足蹴り

GM:ごぉぉん

GM:ギギイ゛ディジリッギィで埋められました。

譲二:ひどぉい!

びおら:その様子に安心したように、パンプキンパイに、布をかける

譲二:「まぁ、いいや」ずりずり出てきて。

譲二:「ハロウィンお疲れさん」

GM : :「結果がどーこーはもーいーけどさ! あんた」 びし、とギギイ゛ディジリッギィでジョージを指して

譲二:「……ん?なに?」おどけた感じで。

GM : :「私が苦労に苦労を重ねて作った器……壊しやがっちゃったんだよ? えへへへへへ?」

GM : :「その恨みと罪は消せない、かなー」

譲二:「あぁ、カレス?誰が壊したって?」

びおら:「……え、ではどうなさったのですか?」

譲二:「ばっか言っちゃいけないよ。そうそう簡単にあんな可愛い子に手をかけるわけないじゃない」

びおら:「お嫁さん候補なのにあんなことをなさって、とても驚いたのですよ?」

莠世:「……だが、確かにあのとき」

莠世:その、お嫁さん候補という言葉に、なぜか渋い顔をして

GM : :「はぁ、お嫁ぇ……?」

譲二:「確かに、彼女はばらばらの粉々になったね。それこそ、光に」

びおら:「……光に。……光…」

譲二:というわけで、運切行きます!

GM:叫んでください!

譲二「御世!」

GM:ちがわっ

譲二:じゃなくて!(笑)

びおら:見よ、見よ(笑

譲二「見よ!」

譲二:そういった瞬間、彼のまわりに、チリのようなものが集まり始める。

譲二:「私は、構造の支配者。」

譲二:「すべての構造を理解し、それを分解する事が出来るもの……」

譲二:「だが、それだけではない。その逆もまた、真なり」

譲二:彼に集まるちり。いや、光が、彼が触れるたび、形を整えられてゆく。

譲二:「彼女はあの時、死んだのではない。ただ、一度この地上から分解され、最も安全な場所で、時を待っていたに過ぎないのだ」

GM : :「…………」 憎憎しげに首を傾げて

びおら:「この光、まるで…」

譲二:と、彼が言った直後、光を集め、そして、お姫様だっこの状態で、カレスを戻す。

譲二:「このように、彼女は無事なのです」

GM : :「は、ぁぁぁぁ、ぁん。 魔力で構成された器を一度分解……それこそ、魂と言える段階まで分解……そして、再構成」

GM:とんとん、と肩に杖を弾ませて

譲二:「なにより、これにより、彼女は、ハロィーンが終わっても、消えない。肉の体を手に入れたからね」とウィンク。

GM : :「ほんっとぅ……ふざっけんじゃないわよ。 私のかけた魔法をことごとく」

GM:びし びし、と邪悪に妖艶に微笑みが変わっていきます。

莠世:「……諦めろ、奴のやることは全て、常識外れだ」

GM : :「ことごとくキャンセルして、リライトして……。私の作品を。えへへ」

GM : :「えへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへ! えへへへ!! むかつくっ!!!」

譲二:「ごめーんね。だってこの子は俺の娘のようなものだから!」

譲二:可愛く笑顔で。

莠世:「可愛くない」

GM : :「むかつくからぁ……、――壊す!」 ぶんっ!!

GM : と

GM:ギギイ゛ディジリッギィを

GM:カレスに向けて振り下ろします。

譲二:「ちょっ!それはダメー!」と、カレスをお姫様だっこで逃げる。

GM:ばっっ!

GM:彼女が砕け散ったかのように見えると……次に目に入ったのは

譲二:おおう!?

GM:綺麗で可憐なドレスを着た、カレス。

譲二:おおおおおう!?

譲二:「きゃ、きゃわいぃぃぃ!」もだえる俺様。

GM:髪の毛もキュートに纏められています。

GM : :「えへへ、良い出来ね。ゆぜ、そう思わなぁぁい? えへへへへへへへへへ」

莠世:「ええ、とても可愛いと思うわ。」

びおら:「そうですわ。カレスさんにも、これを召し上がっていただきたいのですけど」と、パンプキンパイを

譲二:「じゃあ、パンプキンパイも食べましょうね~。まいはにー」でれでれ。

譲二:「ありがとうウツちゃん。どうかな?結婚しないかい?」

びおら:「では、譲二さんが、”あーん”させてくださいね」

GM:ぱちり、と目を開いたカレス。

GM : カレス:「…………ぁ、ぁぇ? はゃゃ?」

譲二:「はい、あーん」カレス

莠世:「貴様、いたいけな少女に何をしている

GM : カレス:「あ……ジョージさん」 くすりと笑って

GM : カレス:「おはよう、ございます」 と、手を伸ばし、頭をなでなでします。

譲二:「なにって、娘にパンプキンパイを食べさせて、ウツちゃんにプロポーズをしている」

譲二:ちなみにゆぜには結婚しようって一回も言った事ないから!(笑)

びおら:流石だ!(笑

GM : :「私の世界での結婚式、男性がまず77つの試練を潜り抜けるところから始まるんだけど?」

GM : :「毎年結婚しようとして、死傷者多数なのよ。えへへ、知ってた?」

莠世:「知らないわ。……この男も、そちらの世界に放り込んでやればいいのに」

譲二:「大丈夫。俺不死身だから!」無意味に笑顔で歯をきらーん!

びおら:「カレスさん、お目覚めに、パンプキンパイはいかがですか?」

GM : カレス:「ぱ、ぱんぷきん、ぱい?」

GM:来る、と首を傾けると。 おなかがくるぅと鳴ったカレスです。

びおら:「はい、この世にたった一つしかない、パンプキンパイですわ」

譲二:「はい、あーん」と、食べさせてあげる。

譲二:「……って、ひょっとして結婚してくれるの!?」なんか時間差で驚いてみる(笑)

GM : カレス:「はむ。 むぐ、むぐ。もぐ…………」 静かに租借する、彼女。

GM:つ……。

GM:頬を涙が一筋流れるけれど、

GM:彼女自身はそれに気付かない。

譲二:ああ、カレスの頭はなでなでする。

GM : カレス:「……甘い、です」 ごくん。

びおら:「……鬱さん。あなたの目的、少しですけど、達成できたみたいですよ?」

びおら:「(……だって、これは。イィィリカさんの光で作られてますからね)」

びおら:「(だから、この世でたった一つで、二度と作れないのですわ)」

GM : :「知らないわよ」 ぷぃ、とそっぽを向いて。

GM : :「私は彼を、壊したくなかっただけだもん。 達成も何も無い。 えへ」

譲二:「まーったく。君も可愛げないんだからっ、お、か、あ、さん」

GM : :「……お母さん?」

譲二:「そ。少なくとも、彼女のお母さんは、君だろ?んで、お父さんが、お、れ」(笑)

GM : :「違うわね」

譲二:「違うの?」

GM : :「『それ』を作ったのは私だけど、『そいつ』を作ったのは私じゃないよ」

譲二:「そんな事はないよ」と、カレスを持ち上げて、そして、ウツの頭をなでさせる。

GM : :「それは元々、この世界の『恐怖』の概念を貯蓄するためと、イィィリカの器のために作ったんだから」

譲二:「うん。そうだね」なでなで。

GM : :「何かの、歪み、とか、間違い、とかで……そんな変な人格が生まれただけなの。 えへへへへへへ!」

GM : :「って、何撫でてるのさ。 私を撫でて良いのは……、……」

GM:と、ちょっと頬を赤らめます。

譲二:「だから、こんなに愛らしく、出来たんだよ。さあ、カレス。一言お言いなさい」(ありがとう。と)

GM : カレス:「あ、ありがとうござい、ます!」 ぺこ。

譲二:「良く出来ました!」

びおら:「あら、人間なんて歪みだらけで間違いだらけですわ」

びおら:「ですから、上手く行ったのですよ、きっと」

GM : :「………………えへ。 ふん。 すっかり女の子じゃん。むかつく」

GM : :「器、鍵、枷……魔道具としてのそいつは、確かに壊したわよ。 壊れた玩具は、私要らないわ」

譲二:責任持って育てなさいって言ってもいいんだけど、どうしよう?

GM : :「えへへへへへへへへ。あんたにあげる。 何となく。 えへへ」 するり、とギギイ゛ディジリッギィを肩から降ろし

GM:とん、と地面を突きます。

GM:出てきたのは…………あのカボチャ。 だけど

GM:凶悪に嘲笑しているのではなく

GM:そう。 優しく微笑んでいる。

GM:ようにも見えるような、巨大なカボチャ。

譲二:「んじゃ、そろそろスメバミヤコにでも帰ろうか。ひさしぶりにゆぜのあんまり美味しくない御飯食べたいし」

莠世:「誰が貴様に食わせるか!というか、貴様に美味しくないと言われたくない!」

莠世:と、そこには鬱の初めて見る、声を荒げるゆぜの姿があった

譲二:「って、だってあんときのはまずかったじゃん!」

莠世:「それは!貴様がいるからだ!」

譲二:「でもメイドさんの料理は美味しいぞ?」

莠世:「……なら、私のなど、食うな!」

びおら:「(懐中時計を見て)まぁ、そろそろ0時ですわね」

譲二:「ああ、時間か」

GM : :「えへへへへへへ!」 空中に昇って

GM:杖を振りまわし、彼女は笑います。

譲二:「じゃーなー」とかゆぜに追いかけられながら手を振る?

GM : :「ほら、ほら、ほら、ほら、えへへへへへへへへへへへへへへへ!!」

GM:ひゅるん、とそれを振ると……辺りが輝く。

GM:オレンジ色に、輝く。

GM:バットに、ウィッチに、キャットに、ストロードール。 そして、パンプキン。ジャック=オー=ランターン。

GM:禍禍しい化物達は、馬鹿馬鹿しいまでに清清しく

GM:笑った表情で。

GM:世界を染めて行く。

GM : :「Hey! Hey!Hey!Hey!! Happy Halloweeeeeeeeeeeen!!」

びおら:「......Happyhalloween!」鬱さんに、手を振りながら

譲二:「食うなって、いいじゃんたまにはこう、珍味が食べたくなる時ってあるだろ?」

莠世:「私の料理は、珍味かーー!!」

譲二:「ハッピーハロウィーン」と言いながらゆぜから逃げていきます。

莠世:ふと、譲二への攻撃の手をゆるめて、でも空間で固定して

莠世:眩しそうに、鬱のいる空を見上げた

譲二:って、空間に固定ですか!(笑)

譲二:では、こっちも見上げます。

GM:時計の針が0時を指す瞬間に、

GM:それらは弾けて消し飛んで、

GM:最後に響く――――

GM :『Trick! or Treat!!』

GM:夜の静寂が戻ってくると……

GM:そこに、鬱の姿はありませんでした。

GM:ぽとん。

GM:笑ったカボチャの小さなランプ。 ジョージさんの頭に命中します。

譲二:「あだっ」

譲二:「なんで狙ったように俺」いや、狙ったんだろうけど。

GM:ぼうっとそれは暖かいです。(笑

莠世:そのランプはその隣にいた、ゆぜの手の中に転がった

びおら:/そして、ランプに、おまけのように括り付けられてる

びおら:/一口サイズの、パンプキンパイ

びおら:「終わってしまうと、なんだか、少し、寂しいですね~」そっと、遅れて空を見上げる

譲二:「いてて……」

GM:お話は、これで終わり。

GM:ある夜の、ハロウィーンパーティ。

GM:寂しかったの。 楽しかったの。 どんな感情も、そう。 後の祭。

譲二:そして、ゆぜの手に転がった、ランプに気づきます。

譲二:「……それ、お土産か?」

莠世:「……かな?」

びおら:「可愛らしいお土産ですね~」

譲二:「つーか、向こうにもかぼちゃってあるんだな。……あいつの世界って、どんなところだったんだろうな?」

莠世:「さあ、な。だが……」

莠世:「少し、興味、ある……」

譲二:「そっか」

莠世:そういって、彼女はランプをかかえて、少しだけ、ほんの少しだけ、

莠世:微笑んだ……

譲二:それはちょっとどきっとしとかなきゃダメって事ですか!?(笑)

譲二:(こいつの笑った顔って、はじめて見た……)

譲二:「……なぁ、ゆぜ」

莠世:「……ん?なんだ」

譲二:「これ、やる」と、ポケットから取り出すのは、コンビニで売ってるチロノレチョコ。

GM:まだ持ってたんですかっ!

GM:お味は?

びおら:でも、まだ1日経ってないよっ

譲二:だって食べてる暇なかったじゃん!!

GM:とけてそー

譲二:とけないとけない。構造点ついていつまでも美味しいままだから(笑)

譲二:とけててもいいけど(笑)

莠世:「……これ。」

莠世:「……ありがとう」こんどは少しだけはにかんだ笑みを浮かべた

びおら:/そして、少し溶けかけたチョコを、口に放り込む

譲二:「あの時、助けてくれたからな……」と、いつのあの時かは不明のありがとうを。

莠世:「……甘い」

びおら:/甘くて、苦くて、生温かくて……

びおら:/そして、優しかった

譲二:「さぁ、今度こそ帰るぞー」

譲二:と、カレスをだっこしながら歩き出す譲二。

莠世:「……そうだな」

びおら:「はい、星寝さんたち、ずっと待っていると思いますよ~」

GM:ぼぼ、ぽっ

GM:暖かく輝いた、そのカボチャのランプ。

GM:その顔は、まるで。 「えへへへへ」と、笑っているようでした。

莠世:それは4人の歩く夜道を優しく照らした


     Fin...♪

 

 

 

 

戻る☆                おまけ☆