◆戯画公式アンソロジー V.G. 姫神 (1995年)

  ◎かおりの憂鬱(8ページ)

  ・メイン登場キャラ:かおり・えりりん・綾子
  ・ギャグ←★☆☆☆☆→シリアス
  ・健全 ←★☆☆☆☆→エロ

★は『傾向』を独断で表したもので、『評価』ではありません。

  かおりの店に客として来たえりりんと綾子。
  2人は東京見物だというが、かおりは「自分に負けた腹いせの営業妨害に違いない」と読む。

  案の定、2人の行動に振り回されたりキレそうになるかおり。

  決定打として、 えりりん「なんや~!?うちの飲みモンの中に・・・」

   アーノルド・シュ◎ルツェネッガーが入っとるやんかァ~!!

  という言いがかりで店内は大騒ぎ。
  ついにブチ切れたかおりはシュワちゃんを一撃でのし、店内はもう収拾が付かない。

  結局関西2人組は何事もなかったように
  「みんな強くなってた」「次の大会が待ち遠しい」と期待を寄せるが、
  かおりは「もう私出ないorz」と店の後片付けにいそしむのであった。



◎ライアンから一言

  この本の中で一番笑ったお気に入り。
  振り回されるかおりの表情などがいい味を出してます。

  上のシュワネタが最高ですが、
  「ミルク持って来い」と言ったえりりんに「エリナさんが出せば!牛チチなんだし」と、
  かおりのツボをついた反撃もナイスですw



.