◆戯画公式アンソロジー V.G. 姫神 (1995年)

  ◎CONCERT OF LED GODDESS(10ページ)

  ・メイン登場キャラ:優香・輝美
  ・ギャグ←☆☆☆☆★→シリアス
  ・健全 ←☆☆★☆☆→エロ(服破れ)

★は『傾向』を独断で表したもので、『評価』ではありません。

  特にオチ的なものは無く、
  優香と輝美のひたすら熱い闘いがモノローグを添えて描写される。

  お互いギリギリの状況で意地のみで技を繰り出し、
  最後は一歩の差で優香が制する。



◎ライアンから一言

  モノローグは実にバトルバカ的(いい意味で)。

  「彼女達の闘いに理由などいらない」「戦うのが好きだから」「強いライバルと闘いたいから」
  「そして相手に勝ちたいから」「その為にどんなリスクを負っても女神達は戦う」

  VGの根底はこれで正しいと思いますね。

  ただし最後のひとつ、「どんなリスク」をどう解釈するかによって、
  暗黒三部作のように「バトルバカ」が「ただのバカ」になる危険性も孕んでますが ('A`)

.