※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  ◆戯画公式アンソロジー V.G. 姫神 (1995年)

  ◎1Pイラスト

  優香・潤・えりりんのファイティングポーズ

  ◎真・V.G.Ⅱ(8ページ)

  ・メイン登場キャラ:優香・えりりん・綾子
  ・ギャグ←☆★☆☆☆→シリアス
  ・健全 ←☆☆☆★☆→エロ(えりりんペナ)

★は『傾向』を独断で表したもので、『評価』ではありません。

  VG2に参加した優香であったが、負けた選手が忽然と消えていく。
  だがえりりんとの対戦で勝利した時は、消えずにペナが執行された。

  そして一緒に真相を解明すべく手を結んだ2人であったが、
  えりりんは巨乳による肩凝りでピップエレキバンを付けていた。

  その直後にモニタが消え、場面は現実世界のゲーマー(綾子)に代わる。

  オチはフロッピーの上にピップを置いた事により、
  磁力でVG1・2ソフトを全滅させた作者さんの実体験に基づくものであった。



◎ライアンから一言

  この漫画でのえりりんペナは、
  透明人間のようなサイコキネシスのような、あたかも「見えない力」でペナを受けています。

  ライアンは議論用に執行役をあれこれ語ることもありますが、
  本来はこれでええんや!難しい理屈なんか必要あらへん!(なぜ関西弁w)


.