◆戯画公式アンソロジー V.G.-MAX (1994年)

  ◎ANOTHER OF V.G. 闇の果実(16ページ)

  ・メイン登場キャラ:元祖6人
  ・ギャグ←☆☆☆☆★→シリアス
  ・健全 ←☆☆☆☆★→エロ(樹木の触手による凌辱)

★は『傾向』を独断で表したもので、『評価』ではありません。

  優香とレイミ以外の4人がある日を境に行方不明となり、
  2人は皆を捜すため、とある不気味な山中を訪れる。
  そこで全裸の仲間達に襲われるが、倒すとドロドロに溶けてしまった。

  実はこの事件は、「ワクワクの木」という女性を養分とする樹木があり、
  それに魅了されたレイミがVG選手たちを喰わせる為に仕組んだ事だった。

  そしてレイミ自身も望んで喰われ、後には無数のVG選手たちのクローン体が産まれた。
  一人残された優香は発狂状態となり、クローン達にまとわりつかれ・・・闇が訪れた。



  ギャグは一切無く、救いも無い状況で終わってしまう、
  この本の中で飛び抜けて異色を放つサイコホラー。


.