※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソフト名 敗北闘姫~闘うウェイトレスの末路 サークル名 Eternal Memory さん 発行日 2011年12月 CG数(差分除く) 11 Hシーン回想 6 18禁

★DMMさんリンク
ttp://www.dmm.co.jp/digital/doujin/-/detail/=/cid=d_045299/




このご時世では非常に珍しい、VGオンリーの同人ADVソフト。
(というか、VGの同人ゲームは私の知る限り初めて)

ただタイトルからも推測できるように、
ライアンには厳しい優香陵辱シチュオンリーです。

物語は連結していない3つのオムニバスストーリーから構成されています。

【①初戦敗退の末路・・・】

OVA版の優香vs潤を彷彿とさせるシーンから始まるが、
久保田バスターを被弾した優香はそのままKOされてしまう。

そしてペナを受ける事になるのだが、それはリンカーンである。
(潤は知ってた、優香は知らなかった設定)

さらに店に戻った優香は、店長から敗北の代償として、
大勢の男性客への奉仕を命じられるのであった・・・。

【②V.G.大会の目的】

AVG1のミランダ対峙を彷彿とさせるシーンから始まるが、
優香はレイミ戦で消耗したため、力及ばず倒れてしまう。

そして拉致された身体は裸で拘束され、
ミランダに様々な所を愛撫されたのちに、洗脳&クローン製作のため培養液に浮かべられる。

最初は強い意思で抵抗していたものの、
やがてその心地よさに洗脳されていく優香。

そしてしばらくのち、優香と新たに生まれたクローン優香は、
ミランダを「お母様」と呼び、2人でペッティングするのであった。

【③チカラの差】

AVG2のサキ戦(以下略
もうやめて!優香のライフはゼロよ!

歓喜と狂気で優香を執拗にいたぶり、
恐怖におののく優香は、失禁しながら許しを懇願する。

しかし無情にもサキは優香を嬲り続け、
ようやく飽きたサキに放置された優香は、ペナとしてリンカーン(略)



同人作品については、私も設定について野暮な批評はしませんが、
あくまで個人的嗜好では、1・3話は非常に厳しい展開でしたね(>_<)

唯一2話だけは、
「ペナではない」「野郎との性行為が無い」「レイミが残りのVG選手達を訪れ、救出作戦を企てる」
という、少し救いがありそうな終わり方になっています。
(洗脳は輪姦と違って、回復すればノーカウント!になり得る悪行ですし)


やはり同人でも辛い要素としては、

◆1話の潤のように、ペナが輪姦だと知ってて参加している

◆3話の優香のように、いくら相手が強いからといって、ガクブル失禁命乞い

というところでしょうか。
(前者を公式でやってるのが暗黒三部作)

逆に言うなら、
2話はバッドエンドとしては描かれてもおかしくない展開、かと。(レズ行為云々はともかく)


ちょっと私情が挟まりましたが、
一般的なエロ同人の展開としてはごくスタンダードでもあり、
またAVGの細かい場面やセリフなども作中に出てきたりと、
よくご覧になられてるなあ、と感じました。

.
添付ファイル