※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソフトウェア

LaTeX

プリアンブル

\documentclass
\documentclass[a4paper,12pt]{article}のような感じでtexファイルの先頭に書く。
使い方は、\documentclass[紙のサイズ,ベースとなる文字の大きさ]{文書の形式}
文書の形式は、とりあえず英語ならarticle、日本語ならjarticle、縦書きならtarticleを覚えておけば使える。

パッケージ
Texにデフォルトではできない処理をさせるためのコマンド
プリアンブルに\usepackage[オプション]{パッケージ名}の形で書く

図・表の挿入用途
graphicx・・・グラフィック描写オプションにdvipdfmと入れておくとpdf変換ができる
wrapfig ・・・画像に回り込んで文を書く

便利なコマンドを使えるようにする
amsmath,amsthm,amssymb,ascmac・・・数学記号の強化
bm・・・\bm{ }で数式内ベクトル表現(太字)になる
braket・・・bracketではない。ブラケット表示\bra,\ket,\braket等が使えるようになる
mathrsfs・・・\mathscrで”くるんっ”としたアルファベットが使えるようになる(ハミルトニアンとか)

その他有益なパッケージを紹介しているページ
http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/tex.html

コマンド