2011年11月8日~対応版(暫定)
...はちょっと待ってほしい。



(New)話せる島の村


いきなりデモ。ゲーム内のストーリーがざっと語られる。ESCキーでカット可能。
かつて水の女神であった「シーレン」は紆余曲折の末に死の女神に変わり、やがて世界を滅ぼさんとする「破滅の女神」へと変遷していった...という話。

完璧邪神。

キャラクター初ログイン後、付近にいる「パンテオン」に話しかけると村の中心の「テオドール」から話を聞け...という感じで、暫く「(New)話せる島」の島内で連続してNPC詣でと少々の戦闘を繰り返す。この繰り返しによりゲームの操作方法を覚えると同時に、最後の選択肢を選ぶ事で一時転職が完了する。以前のようにサックリ経験値とはいかないが旧転職クエストを考慮すると随分簡単であり、更に十分すぎる軍資金を得てから大陸に乗り込める。

各種族の旧拠点を除く全ての村に、初心者インストラクターか冒険者インストラクターが配置されている(古都アルカン
は未確認)。レベル75以下であれば持続1時間の強化魔法を無料で受けられるので、常に受けておきたい。
連続クエスト中に訓練用かかしを使ってインストラクターの強化魔法を体験する...のだが、「どうだ強くなっただろう?(キリッ」とか言われるのだが現時点で受けられるファイター系の強化魔法はすべて防御用であり、つまり気のせいである。

この際に見習い冒険家の武器を6種受け取る。ノングレード等級の上から2番目なので、一次転職までこれで構わない。
ファイター系、カマエルはレベル5になってから選定するのでこの段階では杖以外何でも良い。
メイジ、エルヴン メイジ、ダーク メイジは杖一択。近接攻撃より攻撃魔法の威力を選ぶ。オークメイジは近接攻撃主体なので杖以外を選択。但し、何処にも記載されていないのだがメイジ系は弓及び槍に命中・攻撃速度・魔法速度にペナルティが発生し、使い物にならない。試しに弓を装備すればよくわかる。

当たり前と言われればそれまでだが、敵との戦闘において正面ガチより背後から攻撃したほうがダメージが大きい。二次転職関係までのクエストはNPCが囮となっている事が多いので簡単に背後を取れる。

ここで貰う「ソウルショット」は予め使用する事で、次の物理攻撃のダメージを2倍にする。武器のグレードに合わせたショットが必要になる。

ファイター系はレベル5、メイジ系はレベル7以降、SPを消耗してスキルを習得する事が可能。
敵を倒した際の獲得SPが既存の約5倍、クエストの報酬SPも異様に高くなっているので、今までの様にレベルが上がってもスキルが覚えられない、なんて事はもう無い。

暫く村の中でクエストを進めると、やがて村を出て「エ サギラ遺跡」に調査に向かうことになる。


エ サギラ遺跡

ここから本格的に戦闘が始まる。とはいえそこまで強い敵は居ない。遺跡内はひとつの鉱区につきひとつずつのクエストが用意されており、順にクリアする。

以前のバージョン

旧ページはこちら。但し大幅仕様変更により資料としては参考程度に。
(Sign of Destruction)