【武 器】 −ナックル性能・オプション一覧−

+ Cグレード
+ Bグレード
+ Aグレード
+ S~S84グレード/英雄武器
編集はこちら

【武 器】 −拳武器攻撃力数値早見表−

武器 Cグレ(+1で威力+4) Bグレ(+1で威力+4) Aグレ(+1で威力+5) Sグレ(+1で威力+6) S80グレ(+1で威力+6) S84グレ(+1で威力+6)
フィスト グレパタ アスラ ベリセス BT DG ソベック デモスプ ダイナ イカルス ベスペル オクト ゼイドマイス
C フィスト級 +0(169)
グレパタ級 +4(189) +0(190)
B アスラ級 +7(213) +4(210) +0(213)
ベリセス級 +10(236) +7(234) +4(233) +0(236)
A BT級 +13(261) +10(258) +7(257) +4(257) +0(259)
DG級 +16(285) +13(282) +10(281) +7(280) +4(284) +0(282)
ソベック級 +18(301) +16(306) +13(305) +10(305) +6(304) +4(307) +0(305)
S デモスプ級 +20(338) +18(345) +15(344) +10(344) +8(347) +5(340) +0(342)
S80 ダイナ級 +16(404) +14(407) +12(410) +7(408) +0(405)
S80 イカルス級 +20(444) +18(447) +15(440) +10(444) +5(447) +0(442)
S84 ベスペル級 +19(480) +13(480) +8(483) +5(484) +0(482)
S84 オクト級 +15(504) +10(507) +7(508) +3(500) +0(505)
S84 ゼイドマイス級 +17(528) +12(531) +9(532) +6(536) +4(535) +0(532)

※OE+4~は上昇威力は2倍
※実際は大抵+3までは上げるので上位と同等にするには上記+1か+2ほど必要です。


【武 器】 −OPサブ武器−


■OPマジックBtB(下記4種)
 発動率はどの杖でも20%。なお、発動させる事が可能なスキルは
 グレシア2より「ブレッシングオブノーブレス」「フォーチュンオブノーブレス」のみとなり、
 「インフェルノボディ」「ブレイクデュレス」「ジーロット」「睡眠解除スクロール」では発動不能になりました。
 今後BtBを自前発動させたい場合は下記の方法などを利用して下さい。
 ・Op武器に対し、精錬魔法スキルをつける(例:精錬ヒールなど)
 ・改良型ペットを使用する。改良型ベイビーバッファローLv55~ 改良型ベイビークッカブロLv60~
 ・ハントサポートペット(有料ペット)のフェレット・タートルを使用(20分間BTBLv6)。

【クリスタルスタッフ】 C最低両手杖 効力2(15%増)ギランにて1.93mM+320k+青石STEP5
 通称クリ杖。最も手軽に入手でき、オプション付与代も安いので比較的手放し易い。
 当然、お値段の分だけ効果は低い。

【エタニティースティック】 DS級片手杖 効力3(20%増)ギランにて3.63M+1M+青石STEP7
 唯一の片手鈍器。ダークリージャン等、片手武器を愛用する兄弟には盾を持ち直さなくて済むので
 少し便利な品か。片手なのに何故かBtB杖の中で一番重かったりする。

【グールスタッフ】 C最高両手杖 効力4(25%増)ギランにて5.18M+1.83M+青石STEP8
 通称グル杖。Cグレ店売り化の影響を一番受けた武器かもしれない。以前の半額程度で入手出来るようになった。

【エビルスピリットスタッフ】 B上位両手杖 効力5(30%増)高騰中により測定不能。編集者の鯖では45m+3.7M+緑石STEP10
 通称エビ杖。上昇値はクリ杖の倍と最大。が、人気のB上位という事もあり非常に高額なのがネック。
 オリン参戦を視野に入れている兄弟、もしくは別キャラヒーラーの最終装備として考えている兄弟以外にはお勧めし難い。

■アップダウンop(ホムンクルスソードやアンダーワールドメイス等の3.6M級武器がオススメ)
 ヘルス武器と併用して簡単に60%バイソンを維持できる。
 (ヘルスで125%→UD持って60%→ヘルスに戻すと50%以下)
 VレイジありのPTでバイソンを使うならヘルスと共に必須。
 バイソンのディレイ修正により使用頻度は減ったものの、ソロでのMPハーブ回復量底上げや自己ジーロット等、まだまだ現役な一生モノ。

■ヘルス片手鈍器(ビッグハンマー等のCグレ最下級級武器がオススメ)
 HP総量を増やす事により容易ジーロットが発動出来る。
 ハーブ量の底上げにも。