※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

IPアドレス固定


OS

SL6.1

手順 目次

  1. 設定ファイル編集(ifcfg-eth0)
  2. 設定ファイル編集(resolv.conf)
  3. サービス再起動


手順 内容

設定ファイル編集(ifcfg-eth0)

設定ファイル:/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

GUIで設定変更前後のファイルを比較してみる。

DHCPの場合。
DEVICE="eth0"
BOOTPROTO="dhcp"
HWADDR="00:0C:29:39:CE:57"
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="yes"


手動の場合。
DEVICE="eth0"
BOOTPROTO=none
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="yes"
HWADDR=00:0C:29:39:CE:57
TYPE=Ethernet
IPADDR=192.168.0.41
PREFIX=24
GATEWAY=192.168.0.1
DNS1=192.168.0.1
DOMAIN=localdomain
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=yes
IPV6INIT=no
NAME="System eth0"
UUID=5fb06bd0-0bb0-7ffb-45f1-d6edd65f3e03

設定ファイル編集(resolv.conf)

DNSサーバーIPアドレスを設定ファイルへ追記する。

設定ファイル:/etc/resolv.conf
# Generated by NetworkManager
search localdomain
nameserver 192.168.0.1

サービス再起動

service network restart