※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Android開発環境作成


OS:Windows7 Professional SP1


手順 目次

  1. Java SDK のインストール
  2. Eclipse のインストール
  3. Android Plugin のインストール
  4. Android SDK のインストール
  5. JREの設定


手順 内容

JDK のインストール

1.JDK のダウンロード
Oracleのホームページより、JDKをダウンロードします。
http://java.sun.com/javase/ja/6/download.html

2.JDK のインストール
ダウンロードしたexeをダブルクリックしてインストールします。

3.環境変数の設定
java配下のbinにパスを通す。
環境変数「PATH」に、Java配下のbinを設定します。

※Linuxでの注意点
/etc/profileに以下を設定
JAVA_HOME=/usr/local/jdk1.6.0_<version>
PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export JAVA_HOME PATH

設定後、「source .bash_profile」で反映させる。

Eclipse のインストール

Eclipseに日本語パッケージ適用済みの「Pleiades」を使用します。

1.Pleiadesのダウンロード
Pleiadesのホームページの「日本語 Eclipse / Pleiades All in One 日本語ディストリビューション (zip ファイル)」よりダウンロードするバージョンを選択して、「Pleiades All in One Java」をダウンロードします。
http://mergedoc.sourceforge.jp/

2.Pleiadesのインストール
ダウンロードしたZIPファイルを展開して、Cドライブ直下などに「C:\pleiades」として移動します。
私は「D:\usr\local\pleiades」としました。

3.Pleiadesの起動
展開した「eclipse」フォルダ配下に「eclipse.exe」があるので、ダブルクリックするとeclipseが起動します。
デスクトップなどにショートカットを作成しておくと便利です。

4.ワークスペースの設定
起動後にワークスペースを設定します。
私は「D:\home\ユーザー名\workspace」としました。

※Linuxでの注意点
readme_pleiades.txtには、「eclipse.ini の最終行に以下の記述を追加。」とありますが、相対パスではなく絶対パスで記載します。
  • javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
-startup
plugins/org.eclipse.equinox.launcher_1.1.0.v20100507.jar
--launcher.library
plugins/org.eclipse.equinox.launcher.gtk.linux.x86_1.1.1.R36x_v20100810
-product
org.eclipse.epp.package.jee.product
--launcher.defaultAction
openFile
#-showsplash
#org.eclipse.platform
--launcher.XXMaxPermSize
256m
--launcher.defaultAction
openFile
-vmargs
-Dosgi.requiredJavaVersion=1.5
-XX:MaxPermSize=256m
-Xms40m
-Xmx512m
-javaagent:/usr/local/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar


Android Plugin のインストール

「Android Development Tools(ADT)」をインストールします。

1.ダイアログ起動
「ヘルプ」→「新規ソフトウェアのインストール」を押下するとダイアログを表示されます。

2.リポジトリの登録
「追加」ボタンを押下して表示されたダイアログの「Location」に以下のURLを入力します。
https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/

3.プラグインのインストール
  • ダイアログで「開発ツール」を選択して、「次へ」ボタンを押下します。
  • インストールするプラグインの確認画面になりますので、確認後「次へ」ボタンを押下します。
  • ライセンスの確認画面になりますので、確認後「使用条件の条項に同意します」をチェックして「完了」ボタンを押下します。
  • プラグインのインストールが完了すると、eclipseの再起動が促されますので再起動します。


Android SDK のインストール

1.Android SDK のダウンロード
Androidのページから最新版をダウンロードする。
(今回はZIP形式のファイルをダウンロードしました。)
http://developer.android.com/sdk/index.html

2.Android SDK のインストール
展開したファイルに含まれる「android-sdk-windows」フォルダを適当な場所にコピーします。
私は「D:\usr\local\android-sdk-windows」としました。

3.環境変数の設定
環境変数「PATH」に、Android SDK の toolsフォルダ を設定します。

※Linuxでの注意点
/etc/profileに以下を設定
JAVA_HOME=/usr/local/jdk1.6.0_<version>
PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin:/usr/local/android-sdk-linux_x86/tools
export JAVA_HOME PATH

4.eclipseの設定
  • 「ウィンドウ」→「設定」を押下します。
  • 表示されたダイアログの左ペインから「Android」を選択します。
  • 「SDKロケーション」にAndroid SDKのパスを設定します。
  • 私は「D:\usr\local\android-sdk-windows」としました。

5.SDKのコンポーネント追加
  • 「ウィンドウ」→「Android SDK および ADV マネージャー」を押下します。
  • 左ペインより「Available packages」を選択します。
  • 必要なものを選び、「選択項目をインストール」を押下します。
  • ライセンスの確認を行います。(「すべて受諾」を選択して「インストール」ボタンを押下する。)


JREの設定

「ウィンドウ」→「設定」→「JAVA」→「インストール済みのJRE」を選択。
OpenJDKのみであれば、JDKを指定する。